iOS 10.3 Betaに搭載された「Find My AirPods」について

要約

無くしたAirPodsを探し出す「Find My AirPods」/「AirPodsを探す」機能が利用可能になっているiOS 10.3 Betaは一体どうしますか?どのように使えますか?このガイドは、Find My AirPodsについてご紹介します。

ちょうらんげつ

2017年02月08日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iOSデバイス専用のデータ転送・管理・バックアップツール

AnyTrans – 優れたiOS端末のデータ管理ツール

あらかじめiPhone/iPad/iPod専用のデータ転送・バックアップ・管理ツール – AnyTransをダウンロードしてください。すると、iOSデバイスのデータをパソコン/ほかのiOSデバイス/iTunesの間で転送できます。

Photo by:Find My AirPods

Photo by:Find My AirPods

周知のように、Airpodsにはメリットとデメリットも持っていますね。その中の1つは片耳を紛失しやすいですね。なので、この問題を解決するため、Appleは1月の25日にパブリックベータプログラム登録者向けに配信された「iOS 10.3 Public Beta」には「Find My Airpods(AirPodsを探す)」機能が実装しました。でも、この機能は一体どうしますか?どのように使えますか?そこで今回は、一歩先を見据えた「Find My AirPods」/「AirPodsを探す」を見てみましょう!

Part 1:iOS 10.3 Betaに搭載された「Find My AirPods」/「AirPodsを探す」

「Find My AirPods」/「AirPodsを探す」機能は「Find My iPhone」アプリの中でAirPodsが検知可能になるということです。もちろん、AirPodsそのものにはGPS機能は搭載されていないですが、ペアリングされたiPhoneのGPS情報を利用し、紛失したAirPodsを探す出します。また、AirPodsをタップすると探し出すまで音を鳴らし続けることができますから、視界に入っていない場合を見つけることに役に立ちます。

Part 2:「Find My AirPods」/「AirPodsを探す」はどのように使える

今のところ、「iOS 10.3 Public Beta」は開発者向けに配信するだけですから、具体的にはどのように使うのかまだ分からないです。でも、この機能は大体「Find My iPhone」と同じです。なので、詳細な使用方法はiPhoneを探すの使い方を参考してください。

Photo by:Find My AirPods

Photo by:Find My AirPods

最後に

以上はiOS 10.3 Betaに搭載された「Find My AirPods」/「AirPodsを探す」についてです。もしこの記事について、何か質問等ございましたら、遠慮なくメールでご連絡ください。また、この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebook、はてなブックマークでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください