iOS 13にアップデートした後画面の明るさの自動調整をオフにする方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iOS 13にアップデートした後、iPhoneの明るさが自動に調節するようになりましたが、手動で調整したい場合はどうしたらいいでしょうか。このガイドは、iOS 13にアップデートした後画面の明るさの自動調節をオフにする方法をご紹介します。

最終更新日:2019年11月29日

AnyTrans for iOS – 最高級iPhoneマネージャー

iOSデバイスからパソコンへ、またはその逆、さらにiOSデバイスから別のiOSデバイスへと、自由自在に音楽や写真などのメディアや、連絡先やカレンダーなどの情報をコピーできます。

iPhoneには画面の明るさを自動調整する機能があります。その機能を使えば、iPhoneを持って明る場所から暗い場所へ移動する、またはその逆の場合、画面の明るさが見やすいように自動的に調節されます。

それは非常に便利な機能ですが、手動で明るさを調節したい方も多いですね。そのような方にとって、iOS 13にアップデートした後、iPhoneの画面の明るさの調整は強制的にオンになって困っているでしょう。どうすれば以前のように手動調整ができますか?次のガイドは、iOS 13にアップデートした後iPhoneの画面の明るさの自動調節をオフにする方法をご紹介します。

iOS 13にアップデートした後画面の明るさの自動調節をオフにする手順

Step 1.iPhoneで「設定」 > 「アクセシビリティ」 > 「画面表示とテキストサイズ」という順でクリックします。

明るさの自動調節をオフにする手順

明るさの自動調節をオフにする手順

Step 2.左スワイプして「明るさの自動調節」をオフにします。

「明るさ自動調節」の緑ボタンを左スワイプ

「明るさ自動調節」の緑ボタンを左スワイプ

TIPS:iTunes 12.7にアップデートした後iPhoneに着信音を入れる方法

iOS 13のバージョンアップとともに、iTunesも最新バージョンにアップデートした方が多いでしょう。しかし、iTunes 12.7以後、着信音の管理機能がなくなりました。パソコンからiPhoneへ着信音を入れる習慣のある方には、非常に不便ですね。

ここで、iTunesの代わりにiPhoneへ着うたを転送できるツール – AnyTrans for iOSをご紹介します。このソフトはPC上の曲を自動的にiPhoneの着うたのm4rファイルに変換してiPhoneに追加することができます。そして、着信音の長さや開始時間などを設定できます。良かったらAnyTrans for iOSを利用して着信音を管理しましょう!

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

「コンピュータから追加」をクリック

「コンピュータから追加」をクリック

着信音だけでなく、PCからiPhoneへ音楽、動画、写真、電子書籍、オーディオブックなどのデータを転送することもできます。では、今すぐAnyTrans for iOSをダウンロードして、様々な便利な機能を試しましょう。

お見逃しなく: パソコンからiPhoneに着信音を入れる2つの方法>

最後に

以上はiOS 13にアップデートしたらiPhoneの明るさの自動調節をオフにする方法です。いかがでしたか?もしiOS 13アップデートでほかの不具合が出たら、iOS 13アップデートによる不具合と対策まとめをご参考ください。この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans for iOS
無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 13, 12, 11, 10, 9, 8, 7, 6, 5