Apple Watch入門-WiFiを接続するについて

ちょうすい

Follow @iMobie_Inc

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

本記事はApple WatchでWiFiを接続するについていろいろ紹介します。

最終更新日:2018年11月22日

Apple Watch(アップル ウォッチ)は、アップルから2015年4月24日に発売された腕時計型ウェアラブルコンピュータです。Apple WatchはiPhoneと接続できて強大な機能があります。iPhone の電源が切れているときや、通信範囲外にあるとき、Apple Watch で Wi-Fi ネットワークに接続できます。

本記事はApple WatchでWiFiを接続する方法とApple WatchがWi-Fi に接続されている場合で利用できる機能を紹介します。

Part1:Apple WatchでWiFiを接続する方法

Step1:Apple Watch で設定 App を開く < 「Wi-Fi」をタップ < ネットワークが自動検索されます。

Step2:接続したいネットワークの名前をタップします。

Apple Watch では、2.4 GHz 帯の Wi-Fi ネットワークにしか接続できません。

Apple Watch入門-WiFiを接続するについて

Apple Watch入門-WiFiを接続するについて

Step3:入力画面が表示されたら、指書き入力でパスワードを入力 < 「接続」をタップします。

Part2:Apple WatchがWi-Fi に接続されている場合利用できる機能は以下のよう

Siri を使って、ルート案内をしてもらう、iMessage を送信する、その他の作業をこなす。

メッセージを送受信する。

電話をかける/受ける。

現在の天候を調べる。

株価情報を調べる。

自宅の家電をコントロールする。

Wi-Fi に対応した App を使う。

リマインダーを設定する。

Podcast を聴く。

トランシーバーを使う。

音楽をストリーミングする。

ラジオを聴く。

Part3:Apple Watch がWi-Fi、モバイルデータ通信、iPhone に接続されていなくても、以下の操作は実行できます。

ワークアウト App を使ってワークアウトの内容を記録する。

アクティビティ App でゴールを追跡する。

時計を確認し、アラーム、タイマー、ストップウォッチの各 App を使う。

同期しておいたプレイリストの曲を再生する。

同期しておいたフォトアルバムの写真を表示する。

Apple Pay で買い物する。

心拍数を調べる。

リラックスして呼吸に集中する。

Apple Watch に保存されている Podcast を聴く。

最後に

本記事の内容は役に立てましたか?

もしこの記事が参考になりましたら、FacebookやTwitterにシェアしてくれると嬉しいです。

ホーム AnyTrans ® for iOS Apple Watch入門-WiFiを接続するについて
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!