iPhone 11/X/8/7/6シリーズでスクリーンショットを撮る3つの方法

本記事を参考にしてiPhone 11 Pro Max,iPhone 11 Pro,iPhone 11,iPhone XS,iPhone XR,iPhone X,iPhone 8,iPhone 7,iPhone 6Sのスクリーンショットを撮りましょう。

ばくてい 最終更新日: 2020年04月24日

簡単-iPhoneでスクリーンショットを撮る2つの方法

iPhone 11 Pro Max,iPhone 11 Pro,iPhone 11,iPhone XS,iPhone XR,iPhone X,iPhone 8,iPhone 7,iPhone 6Sでアニメやドラマを見る時スクリーンショットを撮りたいことがありますか?

スクリーンショット機能はとても便利的でよく使いますね。

なら、iPhoneシリーズのスクリーンショットを撮る方法はわかりますか?本記事を参考にしてiPhone 11 Pro Max,iPhone 11 Pro,iPhone 11,iPhone XS,iPhone XR,iPhone X,iPhone 8,iPhone 7,iPhone 6Sのスクリーンショット方法を2つ紹介して、デバイスを活用しましょう。それでは、デバイスによって、iPhoneのスクリーンショット方法を説明します。

iPhoneでスクリーンショットを撮る3つの方法

方法 1:iPhone本体のボタンでスクリーンショットを撮る方

iPhone 11 Pro Max,iPhone 11 Pro,iPhone 11の場合:

音量を上げるボタンとサイドボタン/電源ボタン/スリープボタンを同時押してスクリーンショットをします。

iPhoneのボタン

iPhoneのボタン

iPhone XS,iPhone XR,iPhone Xの場合

サイドボタン/電源ボタン/スリープボタンと音量を上げるボタンを一緒に押します。

iPhone XS,iPhone XR,iPhone Xでスクリーンショットを撮る方法

iPhone XS,iPhone XR,iPhone Xでスクリーンショットを撮る方法

iPhone 8 およびその以前の場合:

ホームボタンとサイドボタン/電源ボタン/スリープボタンを一緒に押してスクリーンショットを撮ります。

iPhone7のスクリーンショットを撮る

iPhone7のスクリーンショットを撮る

 

方法2:「Assistive Touch」を有効にする

iOS 12の場合

iOS 12を実装したiPhone XS,iPhone XR,iPhone X,iPhone 8,iPhone 7,iPhone 6Sの場合は、以下の手順を従ってやてください。

Step 1:「設定」 > 「一般」 > 「アクセシビリティ」 > 「Assistive Touch」の順にタップ > 「Assistive Touch」をオンにします。

この時、iPhoneの画面に一つ丸いボタンが表示されます。

iPhone7のスクリーンショットを撮る

iPhone7のスクリーンショットを撮る

Step 2:「最上位メニューをカスタマイズ」をタップ  < 右下の「+」ボタンをタップ < 真ん中の「+」ボタンをタップ < 次の」画面で「スクリーンショット」をタップして選択 < 「完了」をタップして確認します。

iPhoneでスクリーンショットを撮る

iPhoneでスクリーンショットを撮る

そうすると、iPhoneの画面でこの黒くて丸いボタンをクリックして、「スクリーンショット」アイコンをタップするとスクリーンショットを撮られます。

iOS 13の場合

iOS 13を実装したiPhone 11 Pro Max,iPhone 11 Pro,iPhone 11,iPhone XS,iPhone XR,iPhone X,iPhone 8,iPhone 7,iPhone 6Sの場合は、以下の手順を従ってやてください。

Step 1:「設定」 > 「アクセシビリティ」 > 「タッチ」 > 「Assistive Touch」の順にタップ > 「Assistive Touch」をオンにします。

iOS 13を実装したiPhoneで「Assistive Touch」をオン

iOS 13を実装したiPhoneで「Assistive Touch」をオン

Step 2:「最上位メニューをカスタマイズ」をタップ  < 右下の「+」ボタンをタップ < 真ん中の「+」ボタンをタップ < 次の」画面で「スクリーンショット」をタップして選択 < 「完了」をタップして確認します。

iOS 13を実装したiPhoneでスクリーンショットをAssistive Touchに追加

iOS 13を実装したiPhoneでスクリーンショットをAssistive Touchに追加

以上を設定してから、Assistive Touchを利用して、スクリーンショットをできます。

方法3:AnyTrans for iOSを利用して、パソコンでデバイスをスクリーンショットする

もし以上の2つの方法を利用したくないなら、AnyTrans for iOSを利用して、パソコンでデバイスをスクリーンショットして、写真をPCに保存してみましょう!

AnyTrans for iOSはiOSデバイス向けのデータ転送ソフトとして、スクリーンショットする際、以下の機能があります:

  • 数クリックだけでパソコンでデバイス画面をスクリーンショットすることができる
  • スクリーンショット画像はパソコンで保存したり、デバイス・Cloudに移行することもできる
  • スクリーンショットだけでなく、画面録音・画面録画もできる

そして、その以上のことの他、次のこともできます:

  • iOSデバイス(iPhone/iPad/iPod touch)の間で自由にデータを転送できる
  • iOSデバイス(iPhone/iPad/iPod touch)とPC(Mac/Win)の間でデータを移行できる
  • iOSデバイス(iPhone/iPad/iPod touch)のデータを選択的にバックアップできる
  • iTunesと違って、データを上書きする危険が一切ない
  • iCloudアカウントにサインインできてiCloudを活用できる
  • iPhoneからiPhoneへ、iPhoneからAndroidへ機種を変更するときデバイスをクローンできる
  • オリジナル着信音を作成する機能/iPhoneのアプリアイコンを整理する

ここで、AnyTrans for iOSは無料体験版を用意されていています。それでは、このソフトをダウンロードして3日間無料試用し始めましょう!

今すぐAnyTrans for iOSの無料体験版をダウンロードして、以下の操作手順を参考しながらやってみましょう。

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

今すぐ無料おためしウイルス検査済み

Step 1:AnyTrans for iOSをインストール > 起動 > USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋ぎ > iPhoneとパソコンを同じWi-Fi環境におく > iPhoneで「このコンピュータを信頼」します。

Step 2:AnyTrans for iOSの右のメニューバーから「画面ミラーリング」をクリックします。

「画面ミラーリング」をクリック

「画面ミラーリング」をクリック

Step 3:iPhone 11 Pro Max,iPhone 11 Pro,iPhone 11,iPhone XS,iPhone XR,iPhone Xで画面の右上隅をスライドし、 iPhone 8,iPhone 7,iPhone 6の場合は、画面の下部から上にスライドして、「画面のミラーリング」をタップ > AnyTrans_XXX(パソコン名)をタップします。

AnyTrans_XXX(パソコン名)をタップ

AnyTrans_パソコン名をタップ

Step 4:右上にある「スクリーンショット」をクリックして、iPhoneで画面をスクリーンショットしています。

iPhoneで画面をスクリーンショット

iPhoneで画面をスクリーンショット

最後に

以上はiPhone 11 Pro Max,iPhone 11 Pro,iPhone 11,iPhone XS,iPhone XR,iPhone X,iPhone 8,iPhone 7,iPhone 6Sでスクリーンショットを撮る3つの方法です。いかがでしたか?

そしてここで紹介していたツール-AnyTrans for iOSは多様な機能がありますので、購入後、60日間の返金保証が付いています。

とりあえず一杯コーヒーを飲む時間をかかってAnyTrans for iOSの無料体験版をダウンロードして試しませんか?

この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。