iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

ちょうすい

Follow @iMobie_Inc

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

本記事はiPhoneのSafariが遅い場合の対処法を提供しています。

最終更新日:2018年09月29日

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

最近、iOS 12へアップデートした後、Safariが異常に遅い報告がよく聞きますね。Safariで検索しようとしてもすぐ閉じてしまってたまに強制終了するのは大変だと思います。

iOS 12でSafariが遅い・落ちる・重いなどの不具合が出る場合、以下のいくつかの対処法を参考にしてください。

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

一、iPhoneのホーム画面で、「設定」 > 「Safari」の順にタップ > 「Safari検索候補」をオフにします。

二、iPhoneのホーム画面で、「設定」 > 「Safari」の順にタップ > 「検索エンジンの候補」をオフにします。

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

三、iPhoneのホーム画面で、「設定」 > 「Safari」の順にタップ > 「コンテンツブロッカー」をオフにします。

四、iPhoneのホーム画面で、「設定」 > 「Safari」の順にタップ > 「履歴とWebサイトデータを消去」を選択します。

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

五、iPhoneのホーム画面で、「設定」 > 「Safari」 > 「詳細」 > 「Webサイトデータ」 > 「編集」の順に選択 > 不要なWebサイトデータを削除します。

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

六、起動中のアプリを終了します。

七、iPhoneのホーム画面で、「設定」 < 「一般」 < 「ストレージ」の順番でタップ > 不要なアプリをアンインストールします。

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

八、デバイスのホーム画面で > 「設定アプリ」 > 「一般」 > 「ソフトウェア・アップデート」の順に選択 > 最新バージョンにアップデートします。

九、iOSデバイスを強制的に再起動します。

iCloud全般のデータ管理-AnyTrans for iOS

iCloudで同期する時、不注意にデータが上書きされ、元のデータが紛失しまいました。バックアップしたデータの具体的な内容をプレビューしたいけどできなくて、データの利用することも出来ません。そして同期やバックアップ速度も時々すごく遅いです。

私と同じように、以上のような状況のせいで、ほとんどiCloudを活用できない方はどのくらいいるでしょうか?

ここでは、以下のソフトを勧めします:

AnyTrans for iOS – iCloudを活用できるソフト

複数なiCloud IDにサインインでき、iCloudの間でデータも転送できます。

以下はAnyTrans for iOSでiCloudへのサインイン手順と操作画面です:

AnyTrans for iOSをダウンロード > iCloud管理ボタンをクリック > Apple IDやパスワードを入力 > ログインします。

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法

最後に

以上はiOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法です。いかがでしたか?

ここで推薦したソフト-AnyTrans for iOSはウイルスに感染したり個人情報が漏れたりすることは一切ありません。いつも無料利用可能な機能はiCloudデータ管理・バックアップ機能、サイトから動画のダウンロード機能、違うテーマに切り替える機能です。

AnyTrans for iOSの無料体験版をダウンロードして試しましょうか?

この記事が役に立てば、FacebookやTwitterにシェアをお願いします。

ホーム AnyTrans ® for iOS iOS 12でSafariの動作が遅いバグの対処法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!