iTunesが固まる・フリーズした時の対処法

がみ

Follow @iMobie_Inc

Apple製品のファンで、iOSデバイスをもっと気楽に利用する小技を皆さんにシェアしたいと思います。

このページはiTunesを起動する時に、不明な原因でiTunesが固まる/フリーズした時の対処法を紹介します。

最終更新日:2018年11月13日

ついこの間、2018年9月に今年の新型iPhoneのモデルが発表されましたね!iPhone XS/XS Max/XRの3タイプが発表され、前年度のiPhone Xよりスペックが向上したモデルは話題を呼びました。しかし、最近、「こういった比較的最新のモデルをPCにつなぐと、何故かiTunesが固まる!」してしまうという現象が多数報告されているようで、iPhoneのバックアップを取っていたのにフリーズしてしまって困ってしまう人もいるようです。そこで今回は、Apple機器をPCに接続したら、iTunesが固まる時の対処法をご紹介していきます。

対処法1、iTunesとiOSのバージョンを確認する

まず、最初にiOSのバージョンが最新のものであるかどうか、確認してください。iTunesが固まる場合、iOSが最新バージョンではないことが多いです。また、PCだけでなく、iPhoneの方がiOSが最新バージョンでないこともあるので、接続する機器の方も確認してください。

1、PCのiOSバージョン確認方法

左上のアップルのりんごマーク>「このMacについて」を選択 > バージョンが最新であるか確認してください。

iTunesが固まる時の対処法 -1-1

iTunesが固まる時の対処法 -1-1

2、iPhoneのiOSバージョン確認方法

「設定」を選択 > 1番上のタブを選択 > 自分が今使っているiPhoneを選択 > 「バージョン」でiOSが最新であるかどうか確認してください。

iTunesが固まる時の対処法 -1-2

iTunesが固まる時の対処法 -1-2

対処法2、自動同期を無効にする

次にiTunesの自動同期を無効にする方法です。

自動同期がオンになっていると、iTunesに繋げた時に勝手に同期が始まってしまうので、ここで、固まるケースが非常に多いです。そのため、iTunesで自動同期を無効にすることで、ひとまず繋いだ瞬間に固まる現象を防ぐことが出来ます。

iTunesの自動同期を無効にする方法

iTunesを開いた状態で、「環境設定」を選択 > 「デバイス」を選択すると、以下のような画面が表示されるので、「iPod、iPhone、およびiPadを自動同期しない」にチェックを入れ、「OK」を選択してください。

iTunesが固まる時の対処法 -2

iTunesが固まる時の対処法 -2

対処法3、ウイルス対策ソフトを無効にする

iTunesが固まる理由として、ウイルス対策ソフトによってiTunesが様々な不具合が起こるというケースがあります。詳しい原因はわかっていませんが、ウイルス対策ソフトを停止すると、iTunesを開けるとうまく動作でき、iTunesが固まることがなくなることがあるようです。ウイルス対策ソフトを入れている人はぜひ、試してみてください。

iTunesが固まる場合への対策!AnyTrans for iOSならより簡単にバックアップすることが可能

PCにiTunesを繋げると、固まる不具合が起きてしまうエラーが治らない場合、バックアップが出来なくて困ってしまう人が多いですよね。しかし、iTunesを使わなくても、バックアップを取ることが出来るサービスがあるんです!AnyTrans for iOSは、iPhoneのオールインワン管理ツールで、全てのコンテンツを自在に管理することが出来ます!

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3

簡単!AnyTrans for iOSでのバックアップの取り方!

①まず公式HP(https://www.imobie.jp/anytrans/download.htm)からAnyTrans for iOSをダウンロードします。

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-1

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-1

或いはこのボタンをクリックして直接AnyTrans for iOSをダウンロードします:

無料体験ウイルス検査済み

無料体験ウイルス検査済み

②Installerがダウンロードされるので、「アプリケーション」にドラックアンドドロップします。

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-2

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-2

③「アプリケーション」>「AnyTrans」を選択し、アプリを開いた後、USBケーブルでiPhoneを繋げると、以下のような画面が表示されるので、「デバイス管理」を選択します。

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-3

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-3

④「バックアップ管理」を選択します。

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-4

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-4

⑤「ここをクリックしてコンテンツをバックアップする」を選択します。

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-5

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-5

⑥バックアップが開始するので、デバイスの接続を解除せずに待ちます。だいたい1分程度でバックアップが完了します。

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-6

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-6

⑦バックアップが完了すると以下のような画面が登場するので、自分のデバイスを選択します。

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-7

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-7

⑧各項目バックアップが取れているか確認します。バックアップが取れていたら、バックアップ完了!

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-8

iTunesが固まる場合にデバイスをバックアップする方法 -3-8

AnyTrans for iOSの魅力としては、iTunesよりも簡単にバックアップをとることができるという点です。iTunesでデバイスごとバックアップをとっている人も、万が一、iTunesに問題があったときに安心ですし、AnyTrans for iOSは、データの転送なども非常に簡単に行うことが出来るので、とっても便利です。バックアップに困っている人には、是非ともおすすめしたいアプリケーションです。

まとめ

今回は、Apple機器を接続した時にiTunesが固まる場合の対処法をご紹介してきました。「iTunesに繋げると毎回固まる」、「iTunesが毎回固まるせいで、バックアップが取れない!」と悩んでいる人はぜひ、本記事で紹介した方法を試してみてください。

ホーム AnyTrans ® for iOS iTunesが固まる・フリーズした時の対処法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!