「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」が出た時の対策

最新更新日:2017年09月18日

Move to iOS(iOSに移行)はApple社からリリースされたソフトです。このアプリはAndroidの写真、連絡先、メッセージ、ビデオ、Web のブックマークなどをiPhoneに転送することができます。しかし、「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」という報告がよく聞きます。どうしてですか?同じ問題を抱えていた方は、この記事を読んで、簡単かつ迅速に解決することができます。

「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」が出た時の対策

「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」が出た時の対策

Part 1、Android から iPhone、iPad、iPod touch に移行する必要条件を確認する Part 2、「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」の対策 Part 3、AndroidからiOSに移行できるツール - AnyTransを利用する

Part 1、Android から iPhone、iPad、iPod touch に移行する必要条件を確認する

iOS 9 以降とAndroid バージョン4.0 以降が必要です。

AndroidとiPhone両方の電源を接続します。

すべてのバックグラウンドをオフにします。

Part 2、「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」の対策

1、AndroidとiPhoneデバイスを再起動する

Android:電源ボタンを押し続けて、「電源オフ」をクリックします。

iPhone:スライダが表示されるまでスリープボタンを押し続けます > スライダをドラッグしてデバイスの電源を完全に切ります > Appleロゴが表示されるまでスリープボタンを再び数秒間押したままにします。

2、Android端末を機内モードに設定する

3、AndroidとiOSデバイスのネットワーク接続を確認する

4、最新のファームウェアをダウンロードする

5、Android端末のWi-Fiとモバイルデータを切り替える

Part 3、AndroidからiOSに移行できるツール - AnyTransを利用する

もし、上記の方法で「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」という問題を解決しないなら、AndroidからiOSにデータを簡単に移行できるツール - AnyTransを利用して見てください。

AnyTransはAndroidからiOSにデータを移行するために、特別に開発されたソフトです。Androidの連絡先、メッセージ、写真、音楽、書籍などのデータをiOS デバイスに転送することができます。このソフトであれば、「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」という問題がありません。さて、今すぐ、AnyTransをダウンロードして、体験しましょう。

Step 1.USBケーブルでAndroidとiOSデバイスを同時にPC(Mac&Windows)と接続します > AnyTransを起動します。

Step 2.アイコンをクリックします > マウスでスクロールして、以下の画面に入ります > 「iOSへ」をクリックします。

「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」が出た時の対策

「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」が出た時の対策

Step 3.移したいデータを確認します >アイコンをクリックすると、転送が始まります。

「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」が出た時の対策

「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」が出た時の対策

おすすめ記事:AndroidからiPhoneに電話帳を移行する方法

最後に

以上の方法で「Move to iOSはデバイスと通信できませんでした」という問題を解決するのに役に立てば、嬉しいです。また、上記で紹介したAnyTransはデータを移行する時、複数選択できます。また、iPhoneからiOS 端末/iTunes/iCloudへデータを転送することができます。では早速 AnyTransをダウンロードして、体験しましょう。そして、もしこの記事に共感を持ったら、FacebookやTwitter、Google+に共有してくれると嬉しいです。

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください