iPadのウイルス対策

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

最終更新日:2018年03月07日

今、iPadなどの電子製品にウイルスの対策はもはや必須です。もし、お使いのiPadをウイルスに感染しまったら、使えなくなる危険性があります。従って、ここではiPadを安全に使うために、ウイルスの対策をご紹介します。

AnyTrans for iOS – iPadのデータを自由に管理できる

AnyTrans for iOSはiOSデバイス向けのデータ管理・転送・バックアップソフトです。AnyTrans for iOSを使うと、iPadのデータを簡単に管理できます。では、今すぐこのソフトをダウンロードして無料体験しましょう。

以前、「iOSはウイルスに感染しない」と言われていました。しかし、今世界各国でiOSデバイスをウイルスに感染する事例があります。なぜでしょうか?実は、iPadを脱獄したり、アプリをダウンロードしたり、おかしいサイトにアクセスしたりすることでウイルスに感染する可能性もあります。では、iPadを安全に使うために、どうすれば良いのでしょうか?このガイドはiPadのウイルスについていくつかの対策をご紹介します。

iPadのウイルス対策

対策1.脱獄しない

iPad/iPhoneを脱獄したら、iPadの制限を解除して、より多くのアプリや機能を使えます。しかし、iPadを脱獄すると、端末に不具合が出る可能性が高くなっています。それに、セキュリティが低下し、ウイルスに感染しやすいです。なので、iPadを安全に使うには、脱獄しないほうがいいと思います。

対策2.おかしいサイトにアクセスしない

iPadのメッセージ、LINEなどからおかしいサイトをよく届きます。これらのリンクを絶対に開きません。これはセキュリティにおいての基本ですね。

対策3.りンク付きのメールや添付ファイルを開かない

iPadで見知らぬ人から届いたメールや添付ファイルを安易にタップしません。ウイルスアプリを配布するサイトであったり、悪意あるサイトなど開かないよう注意しましょう。

対策4.App Storeでアプリをダウンロードする

非公式のアプリを使うために、インターネットで直接にダウンロード&インストールします。しかし、この方法でアプリの偽物やウイルスに感染したアプリをダウンロードする可能性が非常に高いです。なので、App Storeで公式のアプリをダウンロードし、または公式アプリ以外のアプリを利用しません。

対策5.知らないWi-Fiに接続しない

外に出た時に、無料公衆無線LANを使用したことがありますよね。もし、ウイルスに感染したWi-Fiに接続すると、お使いのiPadに保存されている個人情報が漏れるかもしれません。また、iPadをウイルスに感染しないため、信頼できないWi-Fiには絶対に接続しないよう注意してください。

対策6.PCとUSBからの感染に注意する

お使いのパソコンまたはUSBがウイルスに感染した場合、iPadを接続することでウイルスも送られる危険性があります。iPadを接続する前、ちゃんと確認してください。

対策7.iPadは最新バージョンにアップデートする

iPadは古いiOSバージョンに搭載したままであるために、危険性も高いです。常に最新のものにアップデートして、感染を防ぐこともできます。

最後に

以上は自分でできる安全対策です。お使いのiPadを安全に保護し、安心に使いましょう。もし、お使いのiPadはもはやウイルスに感染したら、専門のセキュリティソフトを使うことをおススメします。また、当ホームページについてお気づきの点や、ご意見・ご感想 などございましたら、遠慮なくお聞かせください。

ホーム AnyTrans® for iOS iPadのウイルス対策
メールでのお問い合わせ
AnyTrans® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験 世界で1000万人以上が愛用する