Apple Watchで省電力モードを解除する方法

ちょうすい

Follow @iMobie_Inc

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

本記事はApple Watchで省電力モードを解除する方法を紹介します。

最終更新日:2018年10月29日

Apple Watchで「省電力モード」に設定すればApple Watchは時刻の表示機能のみを表示し、iPhoneとの連携や、Apple Watchアプリなどの昨日が全てオフになります。最低限時刻表示だけをして、省エネ運転します。

本記事はこの省電力モードを解除して通常モードに切り替える方法を説明します。

方法一 Apple Watchのバッテリー残量が10%以上の場合

サイドボタンを長押してApple Watchを再起動します。

Apple Watchが再起動後、通常モードに切り替わります。

Apple Watchで省電力モードを解除する方法

Apple Watchで省電力モードを解除する方法

Apple Watchはバッテリー残量が10%を切ると、起動できないように作られているからです。この場合、方法二を参考にしてください。

方法二 Apple Watchのバッテリー残量が10%不足の場合

Apple Watchが省電力モード時に充電を開始すると、自動的に通常モードに切り替わります。

Apple Watchのバッテリー残量が10%不足の場合、充電器にApple Watchをセットして10%以上充電されるのを待ってください。

そしてApple Watchを起動すればいいです。

最後に

以上はApple Watchで省電力モードを解除する方法です。いかがでしたか?

このガイドをお気になったら、TwitterやFacebookにシェアをお願いします。

また、何かご意見でもございましたら、コメントをしてください。

ホーム AnyTrans ® for iOS Apple Watchで省電力モードを解除する方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!