iTunesが使いにくい理由と解決策

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

このページはiTunesが使いにくいと困っている皆さんにiTunesが使いにくい原因と解決策をご説明します。ぜひご覧ください。

最終更新日:2019年12月09日

iTunesが使いにくい

iTunesが使いにくい

iPhoneにかかせないソフトであるiTunesですが、実際に利用してみると、時に「使いにくい」と感じてしまう仕様となっています。

そこでこの記事では、iTunesがなぜ使いにくいのか、その理由や解決策を徹底解説していきたいと思います。

iTunesが使いにくいと感じてしまう理由

ではまず、iTunesが使いにくいと感じてしまう理由を見ていきましょう。

豊富な機能が付いていて一見するとメリットが多く感じるiTunesですが、実はそれが使用しにくい原因ともなっているのです。

1.起動や動作が遅い

パソコンのスペックにもよりますが、起動や動作の遅さが原因で「iTunesが使い辛い」と感じてしまうことがあります。

定期的にバックアップを取る方は、特にストレスを感じてしまうものです。

起動や動作の遅さはiTunesの使いにくさに繋がります。

2.パソコン初心者には操作が難しい

iTunesでは、音楽や写真のデータの移行やアプリの購入、バックアップやデータの復元など様々な事を行うことが可能となっています。

しかし、パソコンに不慣れな方にとって、これらの機能を使いこなすのは中々ハードルが高いものです。
機能が多すぎる事が、逆にiTunesの使いにくさの原因となってしまっています。

操作方法がもっと簡略化されれば、iTunesはパソコン初心者でも利用しやすくなるでしょう。

3.利便性が低下しiTunesが使いにくくなる

iTunesは、定期的にアップデートを行っています。

アップデートをすれば、問題点の解決や新たな機能の追加などが行われるのですが、場合によっては利便性が低下し、結果的にiTunesが使いにくくなってしまう可能性があるのです。

例えば、最近では「iTunes 12.7.Xへアップデートをすることにより、パソコンからApp Storeにアクセスする事が不可能となった」という事例があります。

これが原因で、仮にiOS 11とiTunes 12.7という組み合わせで利用した場合、電子書籍やアプリなどはiOSデバイスからしか購入やインストールを行うことができなくなってしまったのです。

このように、これまでどおりの機能がいきなり使えなくなり、利便性が低下してしまえば、ユーザーが「iTunesって利用しにくい」と感じてしまう一因となってしまいます。

iTunesが使いにくい場合の解決方法

iTunesが使いにくいと感じてしまった場合でも、いくつか解決方法があるためご紹介します。

1.代替ソフトの利用を検討してみる

まずは、『代替ソフト』の利用を検討してみることです。

実は、iTunes以外にもiPhoneやiPodなどを管理できるソフトがあります。

しかも、中には操作が簡略化されたものや、早くて軽いものなど様々なタイプのものがあるので、気軽に利用することができます。

ここでは、爆発な人気を誇るソフト – AnyTransをおすすめします。iTunesの代用ソフトとして、AnyTransはiTunesより使いやすくて、管理できるデータの種類も多いです。しかも、AnyTransは以下のメリットもあります:

しかも、AnyTransは、無料試用版と有料版が用意されています。興味を持たれた方は、まずは「体験をしてみる」という意味で無料体験版をダウンロードして使ってみると良いかと思います。

それでは、AnyTransをダウンロードして無料体験しましょう。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTransにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

iPhoneをPCに接続

iPhoneをPCに接続

2.バージョンを下げてみる

もう一つは、バージョンを下げてみる方法です。

前述の通り、iTunesはアップデートを行うことにより、利便性が低下し使いにくくなってしまう事があります。

そのような場合には、一つ前のバージョンを再インストールすることで、問題が解決する可能性があるのです。

また、WindowsでiTunesをダウングレードする場合は以下の方法を参照下さい。

『iTunesのダウングレード方法』

①バックアップを取っておく

iTunesが使いにくい場合の解決法 - 2

iTunesが使いにくい場合の解決法 – 2

②iTunesのアンインストール

iTunesが使いにくい場合の解決法 - 2

iTunesが使いにくい場合の解決法 – 2

次に「コントロールパネル」→「アンインストール」という手順で、現在利用しているiTunesのアンインストールを行っていきます。

③Appleの公式サイトからiTunesの再インストールを行う

iTunesが使いにくい場合の解決法 -3

iTunesが使いにくい場合の解決法 -3

最後に、Appleの公式サイトからiTunesの再インストールを行えば、ダウングレードは完了となります。

まとめ

iTunesが使いにくいと感じてしまうのは別段珍しいことではありません。大事なのは「解決策」を知っておくことです。

まずは、iTunesが利用し辛いと感じる理由を分析し、それに適した解決策を実施しましょう。

この記事はお役に立ったら、「いいね」または「シェア」をお願いします。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5