AirPods

iOS 11にアップデートする前の必要な準備

[最終更新日2017年09月20日]

他言語版: DeutschFrançais

2017年9月20日、 iOS 11は正式にリリースされました。iOS 11にアップデートして、「AR」体験、QuickTypeキーボード、Live Photos、先進的なSiriなどさまざまな新機能を体験したいアップルファンは多いでしょう。

しかし、アップデートする前に、必要な準備に関して詳しく知っていますか?iOS 11の対応機種、所要時間、データのバックアップなど、このようなことを十分了解してから、アップデートしたほうがいいと思われています。本文はiOS 11にアップデートする前に、iOS 11の対応機種、データのバックアップ、安定したインターネットなどのやるべきことをまとめてご紹介します。どうぞご覧ください。

1、iOS 11の対応機種を確認する 2、重要!iOS端末のデータをバックアップする 3、サードパーティ製アプリの対応状況を確認する 4、必要!安定したインターネット 5、iOSデバイスのストレージ容量を増やす 6、十分な時間&電源を確保する

一、iOS 11の対応機種を確認する

iOS 11は以下のデバイス機種に対応します:

iOS 11の対応機種

iOS 11の対応機種

iPhone

iPad

iPod

二、重要!iOS端末のデータをバックアップする

アップデートするとき、不具合・中断・失敗が起こって、データを失う可能性があります。iOS 11にアップデートするとき、データの紛失を避けるために、事前にiPhone/iPad/iPad touchのデータをバックアップしておく必要があります。では、iPhone/iPad/iPad touchのデータをバックアップするために、以下の3つの方法をご参照ください:

1、iCloudでバックアップする

iOSデバイスの「設定」 > 「iCloud」> 「バックアップ」 > 「iCloudバックアップ」スイッチをオンにして > 「今すぐバックアップを作成」をクリックします。

iCloudでバックアップする方法

iCloudでバックアップする方法

おすすめ記事:

iCloudにバックアップ・同期したデータを削除する方法

iCloudでバックアップされたデータを確認する

2、iTunesでバックアップする

iTunesを起動 > USBケーブルでiOS端末をパソコンに接続 > 左上のアイコンをクリック > 「概要」 > 「今すぐバックアップ」をタップする。

iTunesでバックアップする方法

iTunesでバックアップする方法

3、AnyTransでバックアップする

iCloud&iTunesでデータをバックアップする時には、プレビュー&個別選択できません。また、iCloudは無料版で5GBの無料ストレージが使えます。インターネット接続が不安定したら、時間を費やして、さらにバックアップが失敗したかもしれません。ここで、以上のような制限がなく、iOSデバイス専門のバックアップソフト - AnyTransを使ってみましょう。

AnyTransはiPhone/iPad/iPod touchのデータをバックアップ&転送&管理することができます。それに、バックアップする前に、プレビュー&個別選択できます。iCloud&iTunesと比べて、使いやすくて便利です。さて、今すぐAnyTransをダウンロードして、iOSデバイスのデータをバックアップしましょう。

AnyTransでバックアップする方法

AnyTransでバックアップする方法

AnyTransでバックアップする方法について:

iPhoneのファイルを完全にバックアップできる方法

iPodの音楽をパソコンにバックアップする方法

iPhoneから写真をMacにバックアップする方法

注: AnyTransは無料ではありませんが、購入する前に無料トライアルの利用が可能です。製品を注文しても、60日間の返金保証も対応しております。ご安心ください。

三、サードパーティ製アプリの対応状況を確認する

サードパーティ製のアプリを確認する

サードパーティ製のアプリを確認する

最新情報により、iOS 11では一部分のサードパーティ製のアプリを対応しません。iOS 11にアップデートした後、重要なアプリを使えなくて、困ります。こういう時、アップデートする前に、サードパーティ製のアプリがiOS 11に対応状況をチェックすることが必要です。もちろん、iOS 11ではサードパーティ製のアプリもたくさん追加されます。

四、必要!安定したインターネット

iOS 11にアップデートする時、安定したネットワーク接続を絶対確認してください。もしインターネット接続が不安定または低速であれば、非常に時間がかかるだけでなく、エラーが起こったり、アップデートが失敗したり、お使いのデバイスがクラッシュしたりする可能性が高いです。このような不具合を避けるために、安定したインターネットを接続してください。

五、iOSデバイスのストレージ容量を増やす

アップデートするには、データをiOS端末にダウンロードします。その時、空き容量が不可欠です。普通では、少なくとも1.5GBの空き容量が必要です。

おすすめ記事:iOS 11にアップデート前後、容量不足を解決する方法

六、十分な時間&電源を確保する

iOS 11のアップデートにかかる時間は、ファイルのサイズ&インターネットの速度によって決められます。普通では、大体20分~数時間が必要です。この間お使いのデバイスを利用できません。もし何か不具合が起こったら、より多くの時間を費やします。従って、アップデートする前に、十分な時間を確保してください。

また、iOS 11にアップデート中、時間がかかるだけでなく、バッテリーの消費も激しいです。そのゆえ、フル充電または電源を接続してアップデートするほうがいいです。

最後に

以上はiOS 11にアップデートする前の必要な準備です。これらの準備が完了したら、iOS 11にアップデートすることがスムーズにできます。さて、今すぐお使いのデバイスをiOS 11へアップデートしましょう。もしiOS 11にアップデートについて質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。このガイドをお気になったら、TwitterやFacebookにシェアをお願いします。

「iOS 11」に関する記事まとめ:

ご意見・ご感想をお寄せください