iCloud基本的な使い方

ちょうすい

Follow @iMobie_Inc

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

iCloudの使い方とシステム条件について不明な点がございましたら、この記事を読んでください。

最終更新日:2018年09月12日

iCloudは、お使いのiOSデバイス上の写真、連絡先、カレンダー、アプリデータなどのデータをバックアップできます。

iOS ユーザーにとって、iCloudはよく使われるバックアップツールですね。しかし、iPhone/iPad/iPod touchの初心者にとって、iCloudの使い方とシステム条件、対応するデバイスなどがわからないかもしれません。

このガイドは、その情報をご紹介します。

iCloudでバックアップするには

自動バックアップを設定:iPhoneで「設定」をタップ > 「iCloud」に入る > 「バックアップ」をタップ > 「iCloud」バックアップ」をオンにする。

自動バックアップを設定

自動バックアップを設定

そうすると、iCloudの自動バックアップは設定されます。これからiOSデバイスが電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiに接続されているときに、iCloudはiOSデバイスのデータを自動的にバックアップを行います。

手動的にバックアップする:「設定」>「iCloud」>「バックアップ」に入って、「今すぐバックアップを作成」をタップします。iCloudはすぐにバックアップを作成します。

手動的にバックアップする

手動的にバックアップする

-自動的にバックアップと手動的にバックアップする両方とも、Wi-Fiに接続必要はあります。 – iOS デバイスを180日以上 iCloud へバックアップしていない場合、デバイスの iCloud バックアップがApple会社より削除されるかもしれません。

iCloud:システム条件

iCloudを利用する最小システム条件は以下のようにご参考ください:

いくつかの機能を利用するように、システムにAppleの推奨されるシステム条件を満たす必要があります。

最後に

お使いのiOSデバイス、MacおよびWindows PCはシステム条件に満足していれば、iCloudを設定することが迅速かつ簡単でできます。

iCloudにお使いのiOSデバイスをバックアップしたら、MacまたはPCからiCloud.comにサインインして、iPhone を探す、メール、カレンダー、連絡先、iCloudフォトライブラリ、iWork for iCloudベータ版などの機能にアクセスして楽しむことができます。

iCloudのより詳細な情報については、iCloudとは何かをご参照ください。もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

ホーム AnyTrans ® for iOS iCloud基本的な使い方
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!