MacにiPhoneをバックアップする方法

要約

万が一のために、お使いのiPhoneの大切なデータをバックアップすることをおすすめします。ここでは、MacにiPhoneをバックアップする3つの方法を紹介します。

ちょうせい

2016年01月14日

by

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – MacにiPhoneをバックアップする

AnyTrans – iPhone/iPad/iPodのデータ管理ツール

本記事を読む前に、専門のiOSコンテンツ転送ソフトウェア-AnyTransをダウンロードしてください。そして、MacコンピュータにiPhoneをバックアップすることができます。

iPhoneをバックアップしておけば、大切なデータがなくなってしまう心配がありません。いざという時は、いざという時は、iPhoneを前回バックアップした時の状態に戻す(復元する)ことができます。そうだけでなく、iPhoneのストレージを増やすことも可能です。基本的に、iTunesとiCloudでiPhoneをMacにバックアップすることができます:

1. iTunesの場合: iTunesを開く > iPhoneをMacに接続 > 左上のデバイスをクリック > 「今すぐバックアップ」をクリックします。

2. iCloudの場合: iPhoneをWi-Fiネットワークに接続 > 「設定」 > 「iCloud」 > 「バックアップ」の順にタップ > 「今すぐバックアップを作成」をタップします。バックアップが完成するまで、Wi-Fiネットワークに接続したままにしておきます。

しかし、この2つの方法には以下のような欠点があるので注意しなければいけません:

  • iTunesはデバイスのデータを選択的にプレビューしてバックアップすることができません。
  • iCloudは、5GB分のストレージを無料でご利用いただけます。iCloudにバックアップする際、保存容量が5GBだと足りない場合があります。その時はストレージの購入が必要となります。それに、iCloudの場合、音楽だけはバックアップ・復元することはできないので、ご注意ください。

必要なツール

そのため、ここではiTunesやiCloud以外の方法を紹介します。簡単かつ安全でMacにiPhoneをバックアップしたいなら、iPhone/iPad/iPod touch向けのデータバックアップ&転送&管理ツール - AnyTransをおすすめします。なぜですか?AnyTransは

  • iPhoneのデータをMac/Windows/iTunes/別のiOSデバイスにバックアップすることができます。
  • MacでiPhoneのデータをプレビュー&選択(一括&複数)できます。
  • 音楽、画像、ビデオ、プレイリスト、着信音、アプリ、連絡先、メモやボイスメモなどほとんどのファイルをサポートします。今すぐAnyTransをダウンロード >

MacにiPhoneをバックアップする方法

以下の手順を行う前に、AnyTransをお使いのMacにインストールしてください。ここでは、音楽を例として説明します。

ステップ1: iPhoneをMacに接続 > AnyTransを起動 > マウスでスクロールして、AnyTransのインターフェースを変えます。

ステップ2: 「オーディオ」から「音楽」をクリックします。

「オーディオ」から「音楽」をクリック

「オーディオ」から「音楽」をクリック

ステップ3: バックアップしたいデータを選択 > 右上の「Macへ」アイコンをクリックすると、iPhoneのデータがMacにバックアップされます。

データを選択してバックアップ

データを選択してバックアップ

おすすめ記事:iPhoneのデータをUSBにバックアップする方法

以上、MacにiPhoneをバックアップする方法です。曲だけでなく、AnyTransは画像、ビデオ、アプリ、連絡先、メッセージ、メモ、カレンダー、iBookや着信音などほとんどのファイルをサポートします。本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。AnyTransのダウンロードはこちら >

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください