iCloudでSafariをバックアップする方法

ちょうすい

Follow @iMobie_Inc

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

次のチュートリアルではiOSデバイスのSafariデータをiCloudでバックアップする方法をご紹介します。

最終更新日:2018年12月06日

SafariはiOSデバイスの公式ブラウザーとして、よくネットサーフィンの時に使われます。Safariにはネットサーフィンする時の閲覧履歴や、クッキー、ブックマークなどのデータを記録でき、ネットサーフィンをもっと便利にさせます。

しかし、時々誤って削除などのいろいろな原因で、自分のSafariデータがなくなる可能性はあります。そのような時に対応できるように、Safariデータをちゃんとバックアップとったほうがいいと思います。ここでは、iCloudでSafariデータをバックアップする方法をご紹介します。

iCloudでSafariのデータをバックアップする

Step1、iOSデバイスで設定アプリに入ります。

iCloudでSafariをバックアップする方法

iCloudでSafariをバックアップする方法

Step2、「iCloud」に入って、「Safari」をオンにします。

iCloudでSafariをバックアップする方法

iCloudでSafariをバックアップする方法

Step3、バックアップに入って、「iCloudバックアップ」をオンにして、「今すぐバックアップを作成」をクリックすると、Safariデータはほかのデータと一緒にバックアップされます。そして、iOSデバイスがWi-Fiに接続され、ロックされ、電源に接続されているときに、データが自動的にバックアップされます。

iCloudでSafariをバックアップする方法

iCloudでSafariをバックアップする方法

以上のように、iOSデバイスのSafariデータはiCloudでバックアップされます。

でも、iCloudのバックアップは機種変更やデバイスをリセット必要がある場合で役に立ちます。それ以外の場合でバックアップの中身をプレビューできないし、利用も出来ません。

ここでは、iPhone/iPad等のiOSデバイスの全体一括と選択的に個別なコンテンツをバックアップできて、バックアップの内容をプレビューして、パソコンに導出できる強大なソフト-AnyTrans for iOSを勧めします。

iCloudでSafariをバックアップする方法

iCloudでSafariをバックアップする方法

AnyTransという転送ソフトを使うと、Safariデータを直接にほかのiOSデバイスへ転送やパソコンにダンロードすることができます。

iCloudでSafariをバックアップする方法

iCloudでSafariをバックアップする方法

AnyTrans for iOSは全球で1千万のユーザーがいます。無料体験版は7日間で一日に50項目の転送ができます。

また、製品を注文した場合も60日間の返金保証があるので万が一でも安心できます。

数秒の時間をかかってAnyTrans for iOSの無料体験版をダウンロードして試しませんか?

最後に

また、何かご意見でもございましたら、コメントをしてください。

もしこの記事に共感を持ったら、FacebookやTwitterに共有してくれると嬉しいです。

ホーム AnyTrans ® for iOS iCloudでSafariをバックアップする方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

今すぐ無料おためし世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!