iPhoneで自動ロックの時間を変更する方法

要約

こちらでは、iPhone/iPad/iPod touchで自動ロック(スリープ状態)になるまでの時間を変更する方法について、紹介します。

ちょうせい

2015年12月25日

by

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPhone/iPad/iPodのデータを自由に転送するツール

AnyTrans – 最高のiPhone/iPad/iPod管理ツール

専門的なiOSデバイス向けのデータ転送ツール-AnyTransをダウンロードしたら、iPhone/iPad/iPod、iTunesやパソコン間でデータを自由に移行できます。

初期設定では、1分間画面に触れないと、iPhoneが自動的にロックされるようになっています。実際に、これは30秒~5分、または「ロックしない」に変更することができます。今回は、iPhone/iPad/iPod touchで自動ロック(スリープ状態)になるまでの時間を変更する方法について、紹介します。

iPhoneで自動ロックの時間を変更する方法

ステップ1: iPhone/iPadのホーム画面から「設定」をタップします。

ステップ2: 「一般」 > 「自動ロック」の順にタップします。

「一般」から「自動ロック」を選択

「一般」から「自動ロック」を選択

ステップ3: 「自動ロック」画面に入り、設定したい時間にチェックを入れます。自動ロックまでの時間を「30秒・1分・2分・3分・4分・5分」の中からタップして指定します。画面を自動ロックさせず、手動で画面をロックしたい場合は、「しない」を選択します。

iPhoneの自動ロック時間を変更

iPhoneの自動ロック時間を変更

ご注意:iOS 9から新たに加わった「低電力モード」をオンにすると、自動ロックは30秒に設定されます。

以上、iPhone/iPadで自動ロック(スリープ状態)になるまでの時間を変更する方法です。もし自動ロックの時間を設定できない場合は、こちらの記事を読んでください。このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。また、何かご質問やご意見がございましたら、遠慮なくご連絡ください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください