【完全改善!】重いMacをクリーンアップする10つの方法

作者の画像

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

お使いのMacはWindowsのように、数クリックだけで、不要なファイルを削除して、ディスククリーンアップをしたいですか?次の文章を読んでください。

最終更新日:2022年01月05日

Q: Windowsユーザーでしたが、2020年12月にiMacを購入しました。Windowsではディスククリーンアップを実行して、不要なファイルを削除し、Windows(C:)の空き領域を増やすことができるみたいですが、Macではそのようなことはできますでしょうか?

Mac OSは安定していてスピードも申し分ないから、多くの人が愛用されています。でも、長年使っていると、手元のMacにはジャングルファイルがいっぱいになって、スピードもかなり落ちるようになりました。Windowsのようにディスククリーンアップを実行して、不要なファイルを削除したいですが、具体的な方法が分からなくて、困っています。

本記事を読むと、不要なファイル、ジャンクを探す方法と10つの方法でMacを完全にクリーンアップする方法がわかります。

Macを最大限にクリーンアップできるソフト

手動で不要なファイルを探すのはかなり時間がかかるので、まずは専用ソフトを使って、Macを徹底的にクリーンアップする方法を紹介します。

各社からいろんなクリーンアップアプリが発売されていますが、機能性、操作難易度、価格など様々方面から比較して選択してください。

関連記事:人気Mac掃除ソフトの総合比較!(比較表付き)

ここで、筆者は使っているMacCleanというソフトを例として紹介します。

MacCleanはシステムジャンク、悪質cookie、インターネットジャンク、バイナリジャンク、iPhotoジャンク、重複ファイルなど10種類以上のファイルを完全削除できます。ウイルス対応やメンテナンス等の機能もあります。Macユーザーにとって非常に便利なツールです。

今すぐMacCleanをダウンロードして、Macをクリーンアップして、最適化にしましょう。

無料体験ウイルス検査済み

無料体験ウイルス検査済み

Macをクリーンアップ

Macをクリーンアップ

おすすめ記事:Macのストレージから「その他」を削除する方法

Macをクリーンアップする方法

Macを使っていると、知らない間に不要な”ごみ”ファイルが出てきます。これらのファイルはMacの容量を減らして、必要なファイルを保存できなくなってしまうだけでなく、Macの動作自体を遅くさせる原因にもなります。

不要なファイルの種類を理解して、効率的にMacをクリーンアップしましょう。

ごみ箱内のファイル

Macから削除されたファイルは「ゴミ箱」アプリに入ります。しかし、復元できるから、ファイルを完全に削除するとは言えません。「ごみ箱を空にする」をクリックしましょう。

一時ファイル

プロセスを実行しているとき、一時的に”作業用ファイル”が作成されます。普通は作業が完了したら自動で削除されますが、そのままに残ってMac保存するケースもよくあります。

一時ファイルにアクセスする方法は以下となります。

Option キーを押しながら移動メニューをクリックします。すると、ライブラリフォルダーが表示されます。「ライブラリ」をクリックしたら、Cacheフォルダを開きます。

ライブラリ

ライブラリ

キャッシュや一時的ファイルはこのフォルダに保存されています。必要がないファイルを選択して、ゴミ箱に入ります。そして、ゴミ箱を空にします。

ブラウザキャッシュ

閲覧したウェブページの内容、ブラウザ履歴、ログイン情報は一時的にMacに保存されます。そのデータを消去しても、Macの使用に影響しません。各ブラウザーのキャッシュを削除する方法はほぼ同じですが、Chromeを例として手順を紹介します。

ステップ1、chromeの右上隅にある縦3点[︙]アイコンをクリック > 「その他のツール」 > 「閲覧履歴を消去」の順にクリックします。

ステップ2、ポップアップしたページで「データを削除」ボタンをクリックすれば完了です。

「データを削除」ボタンをクリック

「データを削除」ボタンをクリック

不要なアプリをアンインストール

長期間使用されていないソフトウェアを削除します。これもMacをクリーンアップするための重要な方法です。

iTunes バックアップ

iPhone 、iPad、iPodをiTunesに接続したことがあれば、Macでそのデバイスのバックアップデータがある可能が高いです。不要なバックアップデータを削除するにはiTunesを起動し、メニューから「iTunes」をクリックして「環境設定…」を選択します。
ダイアログが出現するので、上部にある「デバイス」アイコンをクリックします。
バックアップが保存されているiPhone/iPad/iPodが表示されます。
不要なバックアップがあればそれを選択して「バックアップの削除」ボタンを押します。

macOSによって、手順は違いがありますが、詳しい操作はapple公式サイトを参考してください。

iPhotoのジャンク

iPhotoジャンクのはiPhotoによって保存されている、回転、切り取りなど、編集した後の写真の不要で隠れたコピーのことです。Macでこのタイプのファイルが見つかりませんが、ツールがあれば簡単に見つけて削除できます。削除したい方は方法一を参考してください。

言語ファイルの消去

Macのアプリは各国の人々が簡単に使用できるように、多くの言語ファイルが埋め込まれています。 使用しない言語ファイルはストレージ容量を消費しています。不要な言語ファイルを削除するには、「.lproj」で終わるフォルダを削除しましょう。削除する前に、ファイルを確認してください。

MacCleanがあれば、不要な言語ファイルを正しく検出し削除することができます。是非試してみましょう。

他の不要ファイル

上記のいくつかのファイルに加えて、重複ファイル、悪質cookie、システムジャンク、バイナリジャンクなど不要な「ゴミ」ファイルをクリーンアップできます。

ファイルの種類ごとに1つずつクリーンアップするにはかなり時間がかかるでしょう。方法一のMacCleanはこれらのファイルを正しく検出して、きれいに削除できます。MacCleanをダウンロードして体験してみましょう!

メールでのお問い合わせ
MacClean ®

Macのパフォーマンスを最適化し、プライバシーを保護する

今すぐ無料おためし世界で1200万人以上が愛用する