3つの方法でMacから不要ファイルを削除する

要約

お使いのMac OSから不要ファイル、ジャングルファイル、及びダウンロードファイルを一気に削除して、空き容量を増やしたいですか?この記事は3つの削除方法をご紹介します。

ちょうせい

2017年06月15日

by

Follow @iMobie_Inc

MacClean – Macの不要ファイルを徹底的に削除するソフト

MacClean - Macから様々な不要ファイルを削除

Macから不要ファイルを削除したいなら、右のMac OS専用のクリーニングソフト- MacCleanを無料ダウンロードしてください。

手元のMacBook Air、MacBook Pro、iMac、またはMac miniは長い間使って、きっとゴミファイル、ダウンロードファイル、書類などの不要ファイルがいっぱいになっているんでしょう。そのようなファイルが多くになると、Macの空き容量が少なく、動作も遅くなりました。なので、このような問題を防止/解決するため、定期的にMac上の不要ファイルを検索して削除する必要があります。それで、今日はここで、Macから不要ファイルを削除する方法を3つご提供します。

1、「Optimized Storage」機能を使う(macOS Sierraだけ)

2、「メール」、「写真」、「ゴミ箱」などのアプリで手動で不要ファイルを削除する

上述の方法でMacから不要ファイルを削除できますが、とても面倒で、誤って重要なデータを削除する恐れがあるなどの制限があります。なので、安全かつ簡単にMacの不要ファイルを一気に削除するため、次の方法を参考してください。その前に、まずは必要なツール - MacCleanをご紹介します。

優れたMac用のクリーニングツール

MacCleanとは、Mac用の効果的なクリーニングソフトフェアで、Apple認定開発者から作られ、安全性を100%保証できます。また、このツールは以下のようなメリットが持っています:

1、1クリックでMac上の不要ファイルを検索して削除できる

2、シンプルUIで使いやすく、初心者にも簡単にできる

3、削除する前に、プレビュー&選択もでき、誤操作をさける

4、使用しているディスクのクリーニング、システムメンテナンスだけではなく、オンライン・オフラインのプライバシーやセキュリティ保護なども行ってくれる

さっそく、MacCleanをダウンロードして試してみましょう!

Macの不要ファイルを削除する方法

ステップ1: MacCleanをMacにインストール&起動 > クリーンアップから「システムジャンク」、「インターネットジャンク」、「悪質Cookie」、「プライバシー保護」、または「セキュリティ問題」を任意選択します。ここで、「システムジャンク」を例にしてます。

ステップ2: 「システムジャンク」を選択&クリック > 「スキャン」をクリックします。

Macから不要ファイルを削除する

Macから不要ファイルを削除する

ステップ3: スキャン結果画面で「詳細を確認」をクリック > 詳細確認画面で削除したくないファイルを外す > 「戻る」をクリックしてください。

Macから不要ファイルを削除する

Macから不要ファイルを削除する

ステップ4: 「削除」ボタンをクリック > 「OK」をクリックして、Mac上のジャングルファイルが削除されました。

Macから不要ファイルを削除する

Macから不要ファイルを削除する

- お使いのMac上のデータを紛失&損壊を避けるように、必ずステップ3の「詳細を確認」をクリックして、削除したくないファイルのチェックを外してください。

- データの完全性から考えると、MacCleanを使用する前、お使いのMacをバックアップすることを強くおすすめします。

最後に

これで、Mac上の不要ファイルを確認しながら削除されました。他のデータの安全性も保証できます。そして、突然空き容量の警告が出てたら、MacCleanを使って、お使いのMacをダイエットできます。さっそく、MacCleanをダウンロードしてください。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください