Macが重い時にやるべき対策

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

どのように重くなったMacの状況を改善できますか?MacCleanを使うと、その状況を効果的によくなれます。

最終更新日:2020年09月29日

Macパソコンを長い時間使うと、動作が遅くなったり、動きが重くなったりすることがよくあります。実は、MacBook Pro・Air/MacBook/Mac mini/iMacが重いと感じているなら、以下の小ワザで、重い状況を改善することができます。

Macの重い状態を改善する対策

1、セーフモードを利用してキャッシュを削除する: 「shift」キーを押しながら起動して、ログインウインドウが表示されたら「shift」キーを放しくてださい。その操作を通じて、Mac上のキャッシュなどをクリアすることができます。

2、使っていないアプリを閉じる: 起動中のアプリがメモリを消耗しますので、使っていないアプリを終了してください。

3、不要なファイルを削除してゴミ箱から消去する。

4、バックアップ作業を手動で実行する: Time Machineで自動でMacをバックアップするように設定する場合、Time Machineの動作によってマックが重くなる可能性があります。従ってTime Machineの自動バックアップをオフにして、必要な時手動でバックアップすることをおすすめします。

5、Macを再起動する。

6、Macの重い状態を改善できるツールを利用する

様々な設定や操作が複雑で面倒くさいと思うなら、Macのメンテンスツールを使って数クリックだけでMacの重い状態を改善することもできます。ここでは簡単に重いマックパソコンを快適にさせるソフト – MacCleanをご紹介します。このソフトは以下の特性があります:

そして、MacCleanは操作方法は非常に簡単で、複雑な設定や操作はありません。今すぐMacCleanをダウンロードして試しませんか:

ステップ1、MacでMacCleanを起動します。

ステップ2、左サイドバーから「システムジャンク」に入って、システムジャンクをクリーンアップできます。

ステップ3、左サイドバーから「インターネットジャンク」に入って、Chrome/Firefox/Safari/Operaのジャンクをクリアすることができます。

ステップ4、左サイドバーから「悪質なCookie」に入って、危険なCookieを検出&削除することができます。

ステップ5、左サイドバーから「クリーンアップツール」に入って、大容量ファイルや重複ファイル、不要な言語ファイル、要らないアプリおよび関連ファイルを削除することができます。

ステップ6、左サイドバーから「最適化ツール」に入って、iPhotoやバイナリファイル、不要な拡張機能、iTunesバックアップなどを削除することができます。

Macの重い状態を改善できるツール - MacCleanを利用する

Macの重い状態を改善できるツール – MacCleanを利用する

ご注意:MacCleanはmacOS Sierra, OS X 10.11, 10.10, 10.9, 10.8, 10.7で動作することができます。

お見逃しなく:簡単にMacを高速化する7つの方法>

最後に

以上の方法で、Macの重い動作を改善することができます。そして、上記で紹介したMacCleanは無料試用でき、しかも60日間全額返金保証が付いていますので、安心してご利用ください。今すぐMacCleanをダウンロードして無料使用しませんか。もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせ
MacClean ®

Macのパフォーマンスを最適化し、プライバシーを保護する

今すぐ無料おためし世界で1200万人以上が愛用する