iOS 10でiPhone/iPadの充電が遅い・できない時の対処法10選

iOS 10/10.1でiPhone/iPadの充電が遅い・できない時の対処法16選

[最終更新日:2016年10月27日]

iOS 10が正式リリースされた後、ツイート・Yahoo!知恵袋で「なんか、iOS 10になってから充電遅いし、充電の減りも早いし、端末熱くなりやすすぎだし普通に不便なんだけど。」、および「iOS 10にしたら充電がうまく出来なくなったんですけど」のような不具合が一覧確認できます。

9月14日に、アップルが「iOSの歴史の中で最大のリリース」とうたうiOS 10の配信が始まりました。しかし、iOS 10にアップデートしたら、急にiPhone/iPadの充電が遅い、さらに充電できない状態になることが多いようです。上記の不具合を解消するために、以下の手順に從って、iOS 10/10.1を搭載したiPhone/iPadの充電が遅い・できない悩みを解消してみましょう!

Part 1: iPhone/iPad/iPod touchが充電できない Part 2: iPhone/iPad/iPod touchの充電速度が遅い
iOS 10 - iPhone/iPadの充電が遅い・できない時の対処法

iOS 10/10.1 - iPhone/iPadの充電が遅い・できない時の対処法

Part 1: iOS 10/10.1にしたら、iPhone/iPad/iPod touchが充電できない時の対処法

iOS 10/10.1にアップデートした後、iPhone/iPadにケーブルを差し込んでも、iPhone/iPadが全く充電できない時がたまにあります。次はそんな時のための対処方法を10個まとめて紹介します。

1. iPhoneを再起動すると治る

充電がうまくできないことがよくあります。そういうときはまずiPhoneを再起動してやってみましょう!

2. Lightningケーブルは断線するかを確認する

充電ケーブルに、断線や端子が曲がっているなど、損傷の兆候が見られないか確認します。破損したアクセサリは使わないでください。

iPhone/iPadの充電が遅い・できない - Lightningケーブルは断線するかを確認する

iPhone/iPadの充電が遅い・できない - Lightningケーブルは断線するかを確認する

3. 電源コンセントの差込口を変更する

電源コンセントを使い、充電ケーブル、USB AC電源アダプタ、コンセントの間がしっかりと接続されているか確認するか、別のコンセントを試してみます。

4. iPhone/iPadを強制的に再起動する

スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続けてください。その後、デバイスの充電をさらに 30 分続けてください。

5. Mac/PCパソコンを再起動する

パソコンで充電している場合に、パソコンを再起動することで充電できることがあります。

6. 10~30分程度待つ

iPhoneのバッテリー残量が極端に少ない場合は、画面が点灯するまで少し時間が掛かります。10~30分ほど充電を続けると、正常に戻ります。

7. Apple純正ケーブルを使用する

純正、もしくはApple公認のケーブルでない場合、充電できない可能性があります。社外品を使っている人は、MFi認証(Apple公認)を受けている(Made for iPhoneのラベルが証)Lightningケーブルを購入してください。

iPhone/iPadの充電が遅い・できない - Apple純正ケーブルを使用

iPhone/iPadの充電が遅い・できない - Apple純正ケーブルを使用

8. USBアダプタを変更する

アダプタに、断線や端子が曲がっているなど、損傷の兆候が見られないか確認します。Lightningケーブルをパソコンに接続して充電が出来る場合、Apple Store等で正規のアダプタを購入してください。

9. iTunesでiOS 10端末を復元する

ここまでやっても上手くいかない場合は、最終手段ですがiPhone/iPadの復元を行ってみましょう。復元する前に、iTunesでiPhone/iPadのバックアップを取ることが必要です。もしもiPhone/iPadのデータを個別に、あるいはより完全にバックアップしたいなら、AnyTransというiOSコンテンツ転送&バックアップ&管理ツールを1度使ってみよう:

復元する前にAnyTransを使ってバックアップを行う

復元する前にAnyTransを使ってバックアップを行う

ダウンロード詳細を見る

10. Appleサポートに連絡する

上記の手順を行っても改善しない場合、iPhone自体の端子が故障している可能性があるので、本体の修理交換をする必要があるかもしれません。

Part 2: iOS 10/10.1にしたら、iPhone/iPad/iPod touchの充電速度が遅い時の対処法

iOS 10/10.1にアップグレードした後、iPhone/iPadを充電する時なんか普段より遅いですか?そこで、今回は充電時間を早めるための6つの方法をご紹介したいと思います。

1. 充電中に電源をオフにする

充電中、iPhoneを使い続けていると、バッテリー本体の熱が出ますので、バッテリーには負荷がかかり、充電速度は低下します。だから、充電中、電源をオフにしてください。

2. 充電中、「機内モード」をオンにする

電源を切った状態で充電を行うのが最も簡単で早くなる方法です。しかし、お使いのiPhone/iPad/iPod touchの電源を切りたくない、という方もいらっしゃいますよね。その時には、「機内モード」をオンにすればいいです。これを一度オンにすれば、お使いのiPhone上の一部の機能を止めるので電力消費が抑えられます。早めに充電できます。この方法は電源が切りたくなく、使いながら充電したい方におすすめします。

3. iPhoneを適温で保つ

周囲の温度も充電時間を遅くなる要因の一つです。アップル公式サイトによると、iPhoneの最適な周囲温度は16〜22℃で、35℃以上の高熱になると、iPhoneのバッテリー回復に大きな損傷を与える可能性があるとのことです。だから、充電する時、直射日光が当たる場所や夏場の自動車内などの高温場所に置かないでください。

4. コンセントから充電をする

USBから充電するよりACアダプターを使用してコンセントから充電した方が充電速度は速いです。自宅や職場などコンセントが使用できる場合は、出来るだけコンセントから充電してみてください。

5. USBでの充電を早める

USBから充電する場合も充電速度を上げる方法があります。USB充電のほとんどはPCからだと思います。もしPCがスリープ状態に入ってしまうと、iPhoneへの充電効率が低下するようになってしまうので、USBから充電する時、PCがスリープにならないように設定してください。

6. バッテリーの寿命が落ちないようにする

「最近iPhoneの充電が遅くなって、バッテリーが全然持ちません」と悩んでいる方もいますよね。その場合は、バッテリーがかなり劣化した可能性が高いです。iPhoneの充電を遅くならないため、バッテリーの寿命を延ばしてください。バッテリーの消費量が気になる方は、下記リンクを参考にしてください。

関連:iPhone・iPadのバッテリーを長持ちさせる方法15選 >

アップルでは、「リチウムベースのバッテリーを適切にメンテナンスするには、バッテリー内の電子を時々動かすことが重要です。毎月最低でも1回は充電/放電サイクルを完了する(完全に充電した後、バッテリーを使い切る)ようにしてください。」と言っています。

最後に

以上、iOS 10/10.1によるiPhone/iPadの充電ができない・遅い時の対処方法まとめです。iOS 10/10.1にしてから、お使いのiPhone/iPadのバッテリーの減りが早い場合は、こちらの記事をご覧ください。また、より多くのiOS 10/10.1不具合を確認したい方は、次の記事を参考にどうぞ:iOS 10アップデートによる不具合と対処法まとめ >

iPhone/iPadの紛失したデータは、PhoneRescueで簡単に復元できる!

  • バックアップを取っていない場合 - 「iOSデバイスからリカバリー」モードで復元可能
  • バックアップを取っていた場合 - 「iTunesバックアップからリカバリー」「iCloudからリカバリー」モードで復元可能
  • 「iOS修復ツール」 - iPhone/iPad/iPod touchの黒い画面、白い画面、クラッシュ画面、リンゴループや再起動を繰り返す症状を修復
  • iPhone・iPad内に直接復元 - PCだけでなく、データを直接iOSデバイスに戻すこともできる
  • 多種多様なデータ - メッセージ/連絡先/メモ/写真/カレンダー/Safariブックマーク/通話履歴などに対応
  • 個別復元 - 復元したいデータをピンポイントで選べる
  • プレビュー - 復元可能なデータやiTunes/iCloudバックアップデータが一覧で表示

ダウンロード詳細を見る

iOS 10特集 - 関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください