iCloudの容量を増やす二つの方法

ちょうすい

Follow @iMobie_Inc

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

本記事はiCloudの容量を増やす二つの方法を紹介します。

最終更新日:2018年09月18日

iCloudに登録すると、自動的に5GBのiCloud無料容量が得られます。その5GBの容量は、iPhone/iPad/iPod中のデータをバックアップして、違うデバイス間の同期やデータのバックアップ場合に役に立ちます。

しかし、もしiPhone上のデータが多くて、5GBの無料容量は足りないなら、どうしたらiCloudの容量を増やしますか?次のガイドには、二つの方法をご紹介します。

方法1:iCloudに不要なデータを削除する

iCloudの空き容量を増やすには、一番簡単なのは不要なデータを削除する方法です。

iCloudに入って、「容量」>「ストレージを管理」をタップして、iCloudから不要なアイテムや書類とデータを削除します:

個人データを整理する

個人データを整理する

それに、iOS8.1バージョンからiCloudフォトライブラリ(Beta)機能をオンにすると、iPhone上の写真は自動的にiCloudストレージに保存して、iCloudの容量を使用します。従って、もしその機能を使っているなら、iPhone上の不要な写真とビデオを削除することをおすすめします。

方法2:iCloudのストレージを購入する

もしiCloud中のデータを削除したいなら、iCloudストレージを購入して、iCloudの容量を増加できます。

現在、iCloud容量を増やす価額は以下です:

iCloudのストレージを購入する

iCloudのストレージを購入する

一月130円だけを払うと、50GBのストレージが増加できます。もっと多くのお金を払うと、もっと多くのストレージを得られます。購入うする手順は以下です:

Step1:iPhoneで「設定」>「iCloud」>「容量」>「さらに容量を購入」をクリックします。

Step2:必要な容量プランを選択して、「購入する」をタップします。それから支払い情報を入力して、購入できます。

最後に

以上はiCloudの容量を増やす二つ基本的な方法です。

もしお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

ホーム AnyTrans ® for iOS iCloudの容量を増やす二つの方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!