二つの方法でiPhoneの動画をUSBに保存する

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

この記事はiPhoneの動画をUSBに保存する二つの方法をご紹介します。興味があったら、次の文章を読んでください。

最終更新日:2020年10月22日

なぜAnyTransを使うのか

iPhoneで撮影した動画がいっぱいになって、iPhoneの動作が遅くなります。また、動画を保存して、写真屋に持ち運んで、動画集に作りたいです。その時には、USBに保存するのは一番よい選択です。

iPhoneの動画をUSBに保存する

出処:www.photo-ac.com

一般的には、iPhoneなどのiOSデバイスデータの操作ときたら、まず、思い出すのはiCloudとiTunesでしょう。けれども、iCloudとiTunesは保存先を選べません。そして、iTunes はiPhoneからのすべてのデータをバックアップしか出来ません。さらに、バックアップしてから、探すのは大変難しいです。そのゆえ、iCloudとiTunes を使って、iPhoneの動画を直接にUSBに保存することができません。では、iPhoneの動画をUSBに保存するには、どうすればよいのでしょうか?今日は、ここで、iPhoneの動画をUSBに保存する簡単な方法をご紹介します。その前に、まずは必要なツール-AnyTransをご説明いたします。

専用のツール

AnyTransはプロのiOSデバイスデータの転送ソフトです。このソフトを使うと、iPhoneの動画をUSBに転送して、保存するのは簡単になります。また、このソフトは以下のメリットも持っています:

二つの方法でiPhoneの動画をUSBに保存する

以下の手順を行う前に、まずはAnyTransをお使いのパソコンにダウンロード&インストールしてください。ここではホームビデオを例とします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

方法1

ステップ1: AnyTransを起動 > iPhoneとUSBをパソコンに接続 > ホーム画面で、「PCへ」をクリックします。

「PCへ」を選択

「PCへ」を選択

ステップ3: USBに保存したい動画を選択 > 出力先を変更 > 「次へ」ボタンをクリックして、iPhoneの動画をUSBに転送し保存しました。

iPhoneの動画をUSBに転送し保存する

iPhoneの動画をUSBに転送し保存する

転送された動画を簡単に探してくる為に、事前にUSBの中で、専用のフォルダを作ったほうがいいです。

方法2

ステップ1: AnyTransを起動 > iPhoneとUSBをパソコンに接続します。

ボタンをクリックして、環境設定をクリックします。そこで出力先を自分のUSBに設定します。

出力先を設定する

出力先を設定する

ステップ2: 「ビデオ」をクリックします。

「ビデオ」をクリック

「ビデオ」をクリック

ステップ3: 保存したい項目を選択 > 「PCへ」をクリックすると、iPhoneの動画はUSBに転送されます。

ビデオを移す

ビデオを移す

お勧め記事:iPhoneの写真をUSBに保存する方法 >

終わりに

AnyTransは多用性のあるソフトです。このソフトはあなたに多くの便利さを与えます。例えば:iPhoneからUSBに動画を保存するだけでなく、USBからiPhoneにデータを転送する機能もあります。動画だけでなく、音楽、ポットキャスト、メモなどのデータもサポートします。早くダウンロードして試してみましょう。

本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。もしこの記事に共感を持ったら、FacebookやTwitterに共有してくれると嬉しいです。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5