Macの容量不足を簡単に解消する方法

要約

Macが容量不足になったら、どうすればいいですか?このガイドは、Macのストレージを解放して、容量不足問題を解消できるツールを一つご紹介します。

リュウラン

2017年05月22日

リュウラン

Follow @iMobie_Inc

MacClean - Macが容量不足の時の有効な解決策

MacClean - Macの専門的なクリーナー

Macから不要なジャンクファイルを削除したいですか?MacCleanをMacからキャッシュやクッキーなどを検出&削除して、Macの空き容量を明らかに増加することができます。

Macを使えば使うほど、キャッシュや一時ファイルなどのジャンクファイルが段々ためってきました。それらのデータはMacに直接に見ることはできませんが、Macの容量を確かに占めています。

もしMacが容量不足になったら、音楽やビデオ、アプリ、ドキュメントなどを削除して空き容量を確保する方法がありますが、実はMacからその「見えない」ジャンクファイルを削除して、容量不足を解消することができます。次のガイドは、MacBook Pro・Air/MacBook/Mac mini/iMacなどからジャンクファイルをクリーンアップして、容量不足を解決する方法をご紹介します。

必要なツール

Macの容量不足を解消するには、クリーンアップソフト - MacClean をおすすめします。 このソフトは以下の特性を持って、Macの容量不足問題を解決できます:

  • 100%クリーン&安全
  • システムジャンクやインタネットジャンク、重複ファイル、大容量ファイル、不要な言語ファイル、削除されたアプリの関連ファイルなど探し出しにくいデータを検出&削除できる
  • 悪質クッキーやプライバシー情報、ウイルスを検出し、Macの安全を守ることもできる
  • 不要なデータを一括クリーンアップするか、選択的にクリーンアップするか、自由に選択できる
  • 削除前にデータをプレビューでき、どんなジャンクファイルがあるかを把握できる

今すぐMacCleanをダウンロードして、Macの容量不足を解決しましょう。

Macが容量不足の時の対処方法

ステップ1、MacでMacCleanを起動します。

ステップ2、左サイドバーから「システムジャンク」に入って、システムジャンクを削除できます。

ステップ3、左サイドバーから「インターネットジャンク」に入って、ウェブブラウザ(Chrome/Firefox/Safari/Opera)のキャッシュ、クッキー、ダウンロード履歴をクリーンアップできます。

ステップ4、左サイドバーから「悪質なCookie」に入って、危険なCookieを検出&削除できます。

クリーンアップでMacの容量不足を解消する

クリーンアップでMacの容量不足を解消する

ステップ5、左サイドバーから「クリーンアップツール」に入って、大容量ファイルや重複ファイル、不要な言語ファイル、削除されたアプリの関連ファイルを削除できます。

ステップ6、左サイドバーから「最適化ツール」に入って、iPhotoやバイナリファイル、不要な拡張機能、古いiTunesバックアップなどを削除できます。

ユーティリティでMacの容量不足を解消する

ユーティリティでMacの容量不足を解消する

ご注意:

- MacCleanはmacOS Sierra, OS X 10.11, 10.10, 10.9, 10.8, 10.7で動作することができます。

- MacCleanは無料試用ができ、購入後も60日間返金保証が付いていますので、安心してご利用ください。

お見逃しなく:Macが重いと感じた時やるべき6つの対策>

最後に

以上はMacの容量不足を効果的に解消できるツールです。今すぐMacCleanをダウンロードして、Macから不要なジャンクファイルを削除して、Macの空き容量を増加しましょうか。もしこの記事が気に入っていただけたら、FacebookやTwitterでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください