iPhotoが重い時の対処法

要約

最近、お使いのiPhotoが重くて、全く使えない状態になって困っていますか?ご心配なく、パソコンでiPhotoを使いやすくさせるために、ここでは、iPhotoの動作が遅い時の対処法を紹介しています。

ちょうせい

2016年03月21日

by

Follow @iMobie_Inc

MacClean – 重くなってきたiPhotoを効果的に改善するツール

MacClean – iPhotoの実行を軽くする

iPhotoの動きが重い時の解決法を読む前に、専門のMac用クリーニングソフト-MacCleanをダウンロードしたら、iPhotoの実行速度を向上することができます。

iPhoto

iPhoto

4月8日の「OS X Yosemite 10.10.3」のリリースとともに、iPhotoに代わるOS X向けの写真管理ソフトウェア「Photos for OS X」(以下はPhotos)が登場しました。新写真アプリ「Photos」がいろいろな特徴で注目されているが、iPhotoを使い慣れていたユーザーも多くいるでしょう。そして、写真の管理数が膨大になってくるにつれて、iPhotoはだんだん重くなってきます。一般的には、iPhotoのライブラリーを再構築し、またはiPhotoをアンインストールする方法があります。

しかし、以上の操作を行っても状況があまり改善できない場合は、どうしたらいいですか?そういう時、目に見えないところに保存しているフォトライブラリーを最適化すると、実行の重いiPhotoを大きく改善できます。

おすすめ記事:iPhoneの写真をMacBook Proに取り込む方法

必要なツール

MacCleanは、iPhotoの使用中で作り出した隠した不要なファイル(重複ファイル、キャッシュ、クッキーなど)を検出&削除することができます。しかも、iPhoto内の写真を紛失することはありません。空き容量を増やすことで、iPhotoの重い問題を解決します。今すぐMacCleanをダウンロード>

iPhotoが重い時の対処法

遅くなってきたiPhotoの動作速度を向上するには、まずMacCleanをダウンロード&インストールしてください。それから、次の操作手順のように実行しましょう。

ステップ1: MacCleanをMacで起動 > 左サイドバーから「最適化ツール」を選択 > 「iPhotoクリーンアップ」をクリックします。

「最適化ツール」から「iPhotoクリーン」を選択

「最適化ツール」から「iPhotoクリーン」を選択

ステップ2: スキャンが終わったら、必要に応じて項目を選択 > 右下の「クリア」ボタンをクリックします。

iPhotoのジャンクファイルをクリア

iPhotoのジャンクファイルをクリア

これで、iPhotoライブラリーを最適化することで、iPhotoの重い悩みを解決することができます。そうだけでなく、MacCleanはMacの空き容量を増やすこともできます。今から体験してみませんか?この方法はお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。また、このガイドについて、何かご質問や意見がございましたら、遠慮なくご連絡ください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください