iPadでiCloud Driveを設定する方法

ちょうすい

Follow @iMobie_Inc

iPhone愛好家として、質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

次のガイドはiPadでiCloud Driveを設定する方法をご紹介します。

最終更新日:2018年11月22日

iCloud Driveは、iOS 8以降のiOSデバイスでデータをアップデートして、違うデバイスでも編集・同期することができるツールです。

iCloud Driveを使うと、デバイスを持ち歩かなくても会社の未完成の仕事は家にできますし、実家のiOSデバイスで編集したテキストはアパートで続けて編集できます。

iPadはiPhone/iPod touchより大きなスクリーンがあって、ファイルの編集・閲覧はもっと便利ですから、iCloud Driveを使うのは便利です。ここでは、必要がある方にiPadでiCloud Driveの設定方法をご紹介します。

iPadでiCloud Driveを設定する

Step1、iPadで「設定」アプリに入って、「iCloud」 > 「iCloud Drive」に入ります。

iPadでiCloud Driveを設定する方法

iPadでiCloud Driveを設定する方法

 

Step2、「iCloud Driveにアップデート」をタップします > 確認画面で「続ける」をタップします。

iPadでiCloud Driveを設定する方法

iPadでiCloud Driveを設定する方法

Step3、「iCloud Drive」をオンにします > iCloud Driveに同期したいデータのあるアプリを選択します。

注:
-iCloud Driveを利用するには、お使いのiPadをiOS 8以降、MacをOS X Yosemite以降にアップデートする必要はあります。

最後に

以上のStepで、iPad上のiCloud Driveが設定されます。今すぐiPadでiCloud Driveの便利な機能を使ってみましょうか。

もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

ホーム AnyTrans ® for iOS iPadでiCloud Driveを設定する方法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

今すぐ無料おためし世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!