iPadでiCloud Driveを設定するには

要約

iPadではどのようにiCloud Driveを設定できますか?次のガイドは詳しい方法をご紹介します。

リュウラン

2015年07月02日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iCloudからバックアップデータを見る

AnyTrans - iCloudからデータをダンロード

今すぐAnyTransをダウンロードして、お使いのiPhone/iPad/iPod touchのiCloudデータをプレビュー&ダンロードしましょう。

iCloud Driveは、iOS 8以降のiOSデバイスでデータをアップデートして、違うデバイスでも編集・同期することができるツールです。iCloud Driveを使うと、デバイスを持ち歩かなくても会社の未完成の仕事は家にできますし、実家のiOSデバイスで編集したテキストはアパートで続けて編集できます。iPadはiPhone/iPod touchより大きなスクリーンがあって、ファイルの編集・閲覧はもっと便利ですから、iCloud Driveを使うのは便利です。ここでは、必要がある方にiPadでiCloud Driveの設定方法をご紹介します。

お見逃しなく:iPhoneでiCloud Driveにアップグレードするには >

AnyTransとは

AnyTransはiPhone/iPad/iPodの専門的な転送ソフトです。写真、音楽、ビデオ、連絡先、メモ、アプリなど、iOSデバイス上のほとんどの重要なデータはAnyTransで転送することができます。しかも、AnyTransはiOSデバイスの間/iOSデバイスとパソコンの間/iOSデバイスとiTunesライブラリの間で、両方で転送することを支持しています。直接にドラッグ&ドロップで転送できますから、iTunesのような複雑な同期はいりません。もしパソコンからiPodに音楽を入れたいなら、ぜひAnyTransでやってみましょう。今すぐAnyTransを無料体験する >

iPadでiCloud Driveを設定する

ステップ1、iPadで「設定」アプリに入って、「iCloud」 > 「iCloud Drive」に入ります。

iPadでiCloud Driveを設定する ステップ1

iPadでiCloud Driveを設定する ステップ1

ステップ2、「iCloud Driveにアップデート」をタップします > 確認画面で「続ける」をタップします。

iPadでiCloud Driveを設定する方法 ステップ2

iPadでiCloud Driveを設定する方法 ステップ2

ステップ3、「iCloud Drive」をオンにします > iCloud Driveに同期したいデータのあるアプリを選択します。

注:

-iCloud Driveを利用するには、お使いのiPadをiOS 8以降、MacをOS X Yosemite以降にアップデートする必要はあります。

お見逃しなく:iPadをiCloudでバックアップする方法 >

以上のステップで、iPad上のiCloud Driveが設定されます。今すぐiPadでiCloud Driveの便利な機能を使ってみましょうか。もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください