iOS 12/11:iPhone/iPadでファイルアプリの使い方

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

iOS 12/11搭載のiPhone/iPadには「ファイル」アプリが追加されています。iCloud Driveのファイルや他社製クラウドのファイルなど表示・閲覧することも可能です。では、どうやって「ファイル」機能をよく活用しますか?この記事ではファイルアプリの使い方を詳しくご紹介します。

最終更新日:2018年08月29日

AnyTrans for iOS – iOSデバイスのデータを便利に管理できる

AnyTrans for iOSは簡単かつ効果的なiOSデータ転送ソフトウェアです。iPhone/iPad/iPod touchのデータを自由自在に転送・バックアップ・管理できます。さて、今すぐAnyTrans for iOSをダウンロードして無料体験しましょう。。

iOS 11では、新しい機能 – ファイルを追加しています。これで、iPhone/iPadに保存されているファイルを一か所で簡単にチェックしたり、検索したり、整理することができます。こんな便利なアプリの使い方がわからなくて、困ります。なので、今回はiOS 12/11のファイルアプリでファイルの移動・コピー・新規・削除する方法を詳しくご紹介します。

iPhone/iPadでファイルアプリの使い方

Part 1.他社製のクラウドサービスを追加する

Step 1、他社製のクラウド App をダウンロードし、設定します。

Step 2、ファイルAppを開きます > 「場所」から「編集」をタップします。

他社製のクラウドサービスを追加する 1

他社製のクラウドサービスを追加する 1

Step 3、使いたい他社製のクラウド Appをオンにします > 「完了」をタップします。

他社製のクラウドサービスを追加する 2

他社製のクラウドサービスを追加する 2

Part 2.新規フォルダを作成する

フォルダ作成のアイコンをタップします > 名前を入力して、「完了」をタップします。それで、フォルダが作成されました。

新規フォルダを作成する

新規フォルダを作成する

Part 3.ファイルを移動する

ファイルを軽く長押しすると、ドラッグ&ドロップして、ファイルを移動することができます。

ファイルを移動する

ファイルを移動する

Part 4.コピー、複製、名称変更、移動、削除、共有、タグ、情報など

ファイルを軽く長押しすると、ファイルをコピー・複製・移動・削除・共有などをできます。ここでタグを付けることを例にします。

フォルダまたはファイルを長押して、上にメニューが表示されます > 「タグ」をタップ&選択します > 「完了」をタップします。

タグを付ける

タグを付ける

iCloud Driveまたは デバイス内から削除されたファイルは、「最近削除した項目」フォルダに保存します。万が一のために、ファイルを間違えて削除してしまったら、30 日以内なら取り戻せます。30 日経つと、ファイルは「最近削除した項目」からも削除されます。

Part 5.ファイルアプリに保存する

ファイルのデータを開きます > アイコンをタップして、「ファイルに保存」をタップします > ファイルAppを選択して、「追加」をタップします。

ファイルアプリに保存する写真元:teach-me

ファイルアプリに保存する 写真元:teach-me

このボタンをクリックすると、ほかの人にAirDrop、メッセージ、メール、共有メモなどの手段でファイルを送信することができます。

最後に

以上はiOS 11ではファイルAppの使い方です。お使いのiPhone/iPad/iPod touchで試しましょうか?ファイルAppについてお気づきの点や、ご意見・ご感想 などございましたら、遠慮なくお聞かせください。

ホーム AnyTrans ® for iOS iOS 12/11:iPhone/iPadでファイルアプリの使い方
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!