iCloudまたはiTunesでバックアップする、どちらを選択すべきか?

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

この記事では、iOSのバックアップ方法の選択について詳しくご紹介致します。

最終更新日:2020年09月10日

ご存知のように、AppleはiOSデバイスをバックアップするには二つの方法を提供しました。

一つは手動でiTunesでiOSデバイスをバックアップするのです、もう一つは自動的にiCloudでバックアップするということです。

その二つの方法ではiOSコンテンツをバックアップ&復元するのに役立ちます。

それでは、 iPhoneやiPadをバックアップする時、一体iCloudとiTunesのどちらを使いますか?

iCloudバックアップとiTunesバックアップのどちらが最良のソリューションが知りたい方は、以下の内容をご参照ください。

iCloudとiTunesでバックアップの違い

iCloudまたはiTunesでバックアップする、どちらを選択すべきか?

iCloudまたはiTunesでバックアップする、どちらを選択すべきか?

1、自動または手動で?

iTunesでバックアップすれば、お使いのデバイスをコンピュータに接続したら、手動でiOSデバイスのコンテンツをバックアップする必要があります。

iCloudにアップデートする項目を選択してバックアップ機能を有効すると、デバイスが電源に接続され、Wi-Fiに接続され、ロックされる時に自動的にバックアップを行います。または、手動的にバックアップすることもできます。

2、バックアップの保存場所

iTunesのバックアップはPCに保存されます。それは、USBケーブルでデバイスをコンピュータに接続するのみ、お使いのiOSデバイスを復元できるということです。

iCloudでバックアップするすべてのデータは、Appleのクラウドサーバーにアップロードされます。したがって、お使いのデバイスがWi-Fiに接続すると、いつでもお使いのデバイスを復元することができます。

3、使用可能スペース

iTunesバックアップ:お使いのコンピュータのストレージ容量に依存します。

iCloudバックアップ:iCloudの無料使用可能な容量は5GBです。もっと多くのiCloud容量がほしいなら、最大1TBまで購入することができます。

4、いつまでバックアップが保存できる?

iTunesのバックアップ:コンピュータが故障にならない、または手動で削除しない限り、永遠にコンピュータに保存します。

iCloudのバックアップ:お使いのiCloudアカウントは180日以上バックアップしていない場合は、Apple会社からバックアップを削除する可能性はあります。

5、お使いのiOSデバイスのすべてのコンテンツ、または一部をバックアップしますか?

iTunesとiCloudのバックアップは、どちらでもすべてのコンテンツをバックアップすることができません。

詳しいバックアップデータの情報は、iTunesでバックアップできるものiCloudでバックアップできるものをご参照ください。

iTunesバックアップのほうがいい場合

-コンピュータをよく使う

– お使いのデバイス上で大量のデータを持って、しかもiCloudストレージ容量を購入したくない

– デバイスのカメラロール内のビデオと写真は数多い

-自動的なバックアップより手動的にバックアップしたほうが好き

– すべての重要なコンテンツがバックアップされます

– お使いのデバイスのWi-Fi機能が異常、またはWi-Fiに接続できない

– iCloudのアカウントをお持ちでない

もし、上記のいずれかの状況を満たしていれば、iTunesでバックアップするのをおすすめします。

iCloudバックアップのほうがいい場合

– パソコンを持っていないか、またはコンピュータをあまり使用しない

– 複数のコンピュータを持っているが、すべてのコンピュータ上でiOSのコンテンツをバックアップではなく

– デバイスのコンテンツを手動でバックアップしたくない、自動的にバックアップしてほしい

– Wi-Fi経由でいつでもどこでもデバイスをバックアップ&復元できるようにしたい

– デバイスを復元したいが、コンピュータ上はバックアップが保存していない

– すべてのコンテンツをバックアップではなく、その一部をバックアップしたい

もし、上記のいずれかの状況を満たしていれば、iCloudのバックアップをおすすめします。

iPhoneのバックアップを作成するソフト-AnyTrans

iTunesやiCloudを利用してバックアップを作成できますが、バックアップの内容が確認出来なくて安心できませんね。

ですから、ここでは、:iPhoneのバックアップを作成するソフト-AnyTransを勧めします。

詳しい情報は以下のを参考にしてください。

このソフトを利用すれば、簡単にiPhoneのバックアップを作成/削除/管理できます。

更にiOSデバイスの間/iOSデバイスとiTunes/iOSデバイスとパソコン…多方向でデータを移行出来ます。

以下はAnyTrans を利用して、iPhoneのバックアップを作成する手順です。参考にしてください:

Step 1:AnyTransの無料体験版をダウンロード&インストール > 起動 > 画面の上で「バックアップ管理」項目をクリック > 「フルバックアップ」をクリックします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Step 2:しばらくすると、iPhoneのバックアップが作りました。この「開く」をクリックすると、バックアップの内容をプレビュー/選択できます。

バックアップ管理

バックアップ管理

お見逃しなく:AnyTransのバックアップ機能-iPhoneデータを自動または手動でバックアップ>

最後に

以上の説明で、iTunesとiCloudのバックアップのどちらを選択すべきかについてはわかりましたか?

不明なところがありましたら、どうぞ遠慮なく当社にご連絡ください。

そしてここで推薦していたツール-AnyTransは多様な機能がありますが、AnyTransの無料体験版をダウンロードして試しましょうか?

もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5