徹底解説!iPhone/iPad/iPod touchをiOS 11にアップデートする完全ガイド

iOS 11へのバージョンアップが必要なのか?アップデートしたら不具合は出ないのか?その前に知るべき注意点は?ここでは、新OSのアップデートに関する様々な情報をまとめて紹介しています。

他言語版: EnglishDeutschFrançais

Appleが2017年秋の正式配信を予定している「iOS 11」のパブリックベータ版の配信を開始しました。iOS 11は、パワフルなマルチタスキング機能、ファイルアプリケーション、運転中の「おやすみモード」、Apple Pencil®の新しい使い方などが含まれています。iOS 10から数多く進化していて、多くのユーザーに期待されています。さらに、Apple社は「iOS 11の新しい機能と能力を使えば、より多くのことをよりすばやく簡単にこなせるようになる」と言いました。

しかし、毎年iOSアップデートで困った方も多いと思います。新OSをインストールすべきか?アップデート前の準備は?安全なバージョンアップ手順、アップデートによる不具合、アプデしたらiPhone・iPad・iPod touchが遅くなったと心配しています。さらに、前のバージョンに戻す人も多いかもしれません。皆さんがiOS 11をiPhone/iPad/iPod touchで安心かつ快適に使うために、ここでは、iOS 11のアップデート完全ガイドをまとめて紹介しています。今後も随時更新していきたいと思います。ご参考になりましたら幸いです。

iOS 11の新機能と変更点をいち早く知ろう!

世代を重ねるごとに、さまざまな機能が追加されてきたiOSだが、最新のiOS 11はどこが新しくなったのでしょうか。iOS 11のアップデート内容をよく確認したり、新OSを便利に使ったりするには、iOS 11の新機能・変更点をまとめてご紹介します。

iOS 11は、iPadにとってこれまでで最大のソフトウェアリリースで、パワフルなマルチタスキング機能、ファイルアプリケーション、Apple Pencil®の新しい使い方などが含まれています。さらに、Apple Pay®での友達間の送金が可能になるほか、運転中の「おやすみモード」、さらに賢くなって新しい声が追加されたSiri®、写真とカメラのプロ向けの新機能などが加わっています。

iOS 11の新機能に関して、詳しくはコチラの記事をご参考にして頂ければと思います。

iOS 11のアップデート内容・新機能まとめ>

iPhone/iPadをiOS 11にアップデートするべきか?

多くの新機能が盛り込まれたiOS 11は、昨年と同様に多くのユーザーに期待されています。しかし、デベロッパー向けサイトのApp Storeのサポートページで公開されたiOSのバージョン別の普及率情報によると、2017年7月5日時点までの「iOS 10」の普及率は86%となっています。では、今年のiOS 11はどうなるのでしょうか?

iOS 10は高い満足度を獲得している方は、iOS 10から最新のiOS 11にアップデートすべきかどうかと悩んでいる方もきっと多いでしょう。そうだけでなく、iOS 11によるバグが心配して迷っている方も多いと思います。そこで、そういう方のために以下のアドバイスを提供しています。ご参照ください:

iOS 11へのアップデートをオススメする場合:

  • コントロールセンターを自由に設定したい
  • 賢いSiri 、画面録画などを使いたい
  • iPad向けの新しいドック、ファイル、Apple Pencilなどの新機能が欲しい
  • ARアプリが楽しめたい(iPhone 6s以上の端末)
  • 容量が足りなくて、より多くの容量が欲しい
  • アップデートの更新通知が何度も出てきて、悩んでいる

iOS 11へのアップデートをオススメしない場合:

  • 新型のiPhoneを買うつもり
  • 不具合・バグを心配する
  • 現在使っているバージョンの性能に満足している
  • iOS 11の新機能や変更点に興味がない
  • 32ビットアプリケーションを使い続けたい

より詳しいことを知りたい場合は、こちらの記事を参照してください:

iPhone/iPad/iPod touchをiOS 11にアップデートするべきか?>

iOS 11へのアップデートをしっかりと行おう!

アプデ前の注意点・やっておくべきことを確認する

アップデートを実行する前に、「アップグレードが怖い」とアップデート作業に不安を感じている方も少なくないと思います。ご存じのように、万一の障害等で大切なデータを失わないように、iPhone、iPadとiPod touchのバックアップを取ることがあります。アップデートがスムーズに行えるよう、開始する前に知るべき注意点とすべき準備を詳しく確認するのが必要です。次は、iPhoneやiPad、iPod touchをiOS 11にバージョンアップする際に注意しておきたい項目とすべき準備をご説明します。

1.iOS 11の対応端末を確認する

2.アプリがアップデート後も利用できるかを確認する

3.格安SIMの対応状況をチェックする

4.iPhone/iPadのデータをバックアップする

5.十分な時間&電源を確保する

6.安定したインターネットが必要

7.iOSデバイスのストレージ容量を増やす

iOSデバイスをワイヤレス(Wi-Fi)でアップデートしていると、お使いの iPhone、iPad、または iPod touch の空き領域が不足しているというメッセージが表示される場合があります。このメッセージが表示された場合は、以下の方法を試してみましょう:

  • デバイスをコンピュータに接続して、iTunes を使ってアップデートします。
  • デバイスからコンテンツを手動で削除して、もう一度アップデートしてみます。詳しくは、「アップデート前後の容量不足を解消する方法」を参照してください。

8.iOS 11の不具合を事前に確認する

アプデ前の準備と注意点に関して、さらに詳しく知りたい場合は、下記の記事を参照してください。

iOS 11にアップデートする時の注意点>

iOS 11のアップデート前に絶対に準備すべきこと>

iPhone/iPad/iPod touchをiOS11にアップデートする手順

アップデート前の準備が完了すると、iOS 11へのバージョンアップを行いましょう!iOSのアップデート手順は2通りあります。一つは、iPhoneやiPad単体で直接アップデートする方法です。もう一つは、PC経由で「iTunes」からアップデートする方法です。簡単に言えば、Wi-Fi経由またはiTunes経由でアップデートを行います。この2つの方法はそれぞれのメリットがあります:

iTunesでアップデート

  • 1GBだけの空き容量が十分
  • 文鎮化などの不具合が少ない
  • Wi-Fiなしでもアップデートできる

iOS単体でアップデート

  • パソコンが必要ではなく、パソコンがない、または使いたくない人には最適である
  • Wi-Fi環境があれば、どこでもアップデートでき、制限が少ない

バージョンアップの詳細な手順に関して、さらに詳しく知りたい場合は、下記の記事を参照してください。

iPhoneとiPadをiOS 11にアップデートする方法まとめ>

iOS 11にアップデートしたら

iOS 11アップデートによる不具合・バグを解消する

新OSの配信以降、アップデートに失敗したり、バッテリー持ちが悪くなったり、エラーが発生したり、リンゴループになったり、フリーズが多発するといった不具合が相次いで報告されています。iOSアップデート後に調子が悪くなったらどうすればいいの?初期化しても治らない場合はどうなるの?といった疑問を持つ人も多いと思います。

昨年、iOS 10アップデートによる不具合・バグと対策を34個まとめてご紹介しました。不具合で困っている方に少しでも実際にお役に立てるようになったことをたいへんうれしく思います。そこで、皆様が安心かつ快適にiOS 11のアップデートを行うように、今年もiOS 11アップデート中/後に発生する不具合・バグ情報や対処法をまとめてご紹介します。

iOS 11の不具合と解消法に関して、さらに詳しく知りたい場合は、下記の記事を参照してください。今後も随時更新予定です。

おすすめ記事:iOS 11アップデートによる不具合や対処法まとめ>

紛失されたデータを取り戻す

バッテリーのことだけではなく、アップデートによるデータ損失も多いようです。iOS 11にアップデート中にトラブルがあって、更にアップデートが失敗してしまったら、iPhone/iPad上のデータを失ってしまう可能性が高いです。従って、大切なデータを守るために、アップデートの前にiPhone/iPad/iPod touchをバックアップするのが非常に重要ですよね。しかし、バックアップを取っていかった場合も安心してください。次の3つの方法でiOSアップデートで消えたデータを復元できます。

1.iTunesのバックアップからデータを復元する:最新バージョンのiTunesに更新して起動する > お使いのiPhone/iPadを接続 > デバイスアイコンをクリック > 「概要」 > 「バックアップを復元」 > バックアップを選択して復元します。

2.iCloudのバックアップからデータを復元する:iPhone/iPadで「設定」 > 「一般」 > 「リセット」 > 「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップする > 「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択して復元します。

3.バックアップなしでデータを復元する:この場合には、データ復元専門ソフトが必要となります。

より詳細な手順に関しては、下記の記事を参照してください。

iPhone/iPad/iPod touchの消えたデータを復元する方法>

動作が遅いiOS 11端末を軽くする

iOSをアップデートしたら、iPhoneの動きが全体的に遅かったり、重く感じたりするようになったという報告が多数出ていて、特に古いiPhoneとiPadではそうした現象が顕著なようです。そこで、動作の重さでイライラしている方、困っている方は多いほか、アップデートを躊躇している方もいると思います。旧型の端末が遅い件については、様々な原因があります。今重要なのは、iPhone/iPad/iPod touchの動作・対応を軽くすることです。次の対処法を使って、端末の遅い、重いというトラブルを解消してみましょう!

  • 常駐アプリを終了する
  • 不要なアプリバックグラウンド更新をオフにする
  • キーボートの設定を見直す
  • Safariのキャッシュ・履歴を削除する
  • メモリを解放する
  • 初期化する
  • バッテリーを交換する
  • 不要なアプリを削除する
  • 「視差効果を減らす」機能を有効化する
  • iCloudとの同期をオフにする
  • Spotlight検索をオフにする
  • 再起動&強制再起動する
  • 元のiOSにダウングレードする

詳しい手順については、下記の記事を参照してください。

13の方法で遅くなったiOS 11端末を軽くする>

バッテリーの減りが早い時の対処法

去年からリリースされたiOS 10にアップデートしてから、バッテリーの消費が激しくなったという不満の声がたくさん上がっています。その後のアップデートもバッテリー消費や電源落ち不具合がさらに悪化したとの報告が多数あります。特に、2017年7月5日時点までの「iOS 10」の普及率は86%となっていて、バッテリー消費で困っている方が意外に多いでしょう。

今でも改善がみられないバッテリー消費不具合は、iOS 11で発生する可能性も高いです。そのため、下記のバッテリー長持ち対策を一度試してみましょう!

  • 電池の使用率が高いアプリの利用を抑える
  • 電波が悪い時に機内モードに変更する
  • 低電力モードを利用する
  • Appのバックグラウンド更新をオフにする
  • iOSデバイスをリセットする
  • Apple Musicで音楽のストリーミングを停止する
  • iOSデバイスを再起動する
  • 画面の明るさの自動調節をオフにする
  • 位置情報サービスを無効にする
  • しばらく放置する

詳しい手順については、下記の記事を参照してください。

iOS 10/11のバッテリー消費が激しい時の対処法まとめ>

iPhone・iPadをiOS 11からiOS 10.3.3にアップグレードする

iPhone/iPadのユーザーのほとんどは、スムーズにiOS 11へバージョンアップしました。ですが、iOS 11による不具合が発生し、さらに不具合をうまく修正できない場合もよくあります。こういう時、iOS 10.3にダウングレードし、バグが修正されるまでこれ以上アップデートしないことがオススメです。詳しい手順については、下記の記事を参照してください。

iOS 11ベータ版からiOS 10.3.3にダウングレード方法>

以上、参考になれば幸いです!最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。また、本記事に対するご意見・ご要望がございましたら、こちら↓↓↓にコメント記入して下さい。

ご意見・ご感想をお寄せください