おすすめのiPhone 6/6 Plusのお手入れ方法

おすすめのiPhone 6/6s (Plus)の
お手入れ方法

不可欠なスマートフォンとして、大きくて薄くて値段の高いiPhone 6、6s、iPhone 6 PlusとiPhone 6s Plusは、おそらくあなたの日常生活の重要な一部になります。そして、iPhoneを使っているうちに、動作が重くなり、不具合が発生するようになってきたこともあるでしょう。これらの問題を改善し、お使いのiPhone 6/6s (Plus)を十分利用するために、ここでは、iPhone 6/6s (Plus)のメンテナンス方法についてご紹介します。

新型iPhone 7/7 Plusに興味を持っている方は、次のガイドを参照してください:iPhone 7/7 Plusは買うべきか?新型iPhoneのメリットとデメリットを知っておこう >

アップルファン待望の腕時計型スマートデバイス「Apple Watch」がついに発売されました。Apple Watchをはやく手に入れたら、まずやるべきことはなんでしょうか?どうすればApple Watchを十分利用することができますか?以上の問題を解決するように、iMobieガイドは、Apple Watchのペアリング/初期設定する方法、アップデート方法、おすすめのアプリ、および便利な小技を提供しています。

Part 1. iPhone 6/6 Plusをスピードアップさせる方法

難易度:

頻度:

時間消費:

新品のiPhone 6/6s (Plus)、あるいは中古のiPhone 4sを持っているユーザーにとって、長期間の使用でデバイスが重くなる可能性があります。そのため、お使いのデバイスの状態を改善するには、iPhoneをよくクリーンアップしてメンテナンスするのは必要です。iPhoneをスピードアップさせる方法を取得したら、真新しく入手したiPhone 6/6sにも役立ちます。まずは、iPhone 6/6sのストレージ状況を確認してください:「設定」 > 「一般」 > 「使用状況」 > 「ストレージを管理」をタップします。アプリは大容量の順にリストで表示されます。

1. よく使っていないアプリを削除する

iPhone 6/6 Plusをスピードアップさせる方法

iPhone 6/6 Plusをスピードアップさせる方法

普段使わないアプリのせいで、気が付くとiPhone 6/6sの空き容量がいっぱいになってきました。できれば、あまり使っていないアプリ、不要なアプリを選んで削除したほうがいいです。ホーム画面で、削除したいアプリを長押しして、アイコンがブルブル揺れ始めて、表示されるアプリのアイコンの×印をタップすると、アプリが簡単に削除されます。

2. 一部の音楽、写真&ビデオを削除する

iPhoneの使用状況を確認すると、大容量な音楽、写真、およびビデオが巨大なスペースを占有しています。それらを削除する前に、iPhoneのデータをiTunes/iCloudにバックアップすることをおすすめします。そのほか、AnyTransは、iPhoneのデータを選択的にバックアップすることができます。

3. 古いメッセージを削除する

メッセージは、あまりにも多くのスペースを取ります。古いメッセージだけでなく、送受信されるすべての画像、ビデオやオーディオメッセージもスペースを占めます。「メッセージ」アプリでメッセージを左スワイプすると、複数のメッセージを削除することができます。一度すべてのメッセージを削除したいなら、PhoneCleanというiOSコンテンツクリーナーをおすすめします。

4. バックグラウンドアプリを終了する

バックグラウンドで動作し続けるアプリを終了することで、お使いのiPhone 6/6sがよりスムーズに実行できます。ホームボタンを2回素早く押して、バックグラウンドで開いているアプリを表示させます。それから、アプリの画像を上にスワイプします。

5. キャッシュとその他のジャンクファイルを消去する

キャッシュとその他のジャンクファイルを消去する

キャッシュとその他のジャンクファイルを消去する

無料ダウンロード 無料ダウンロード

あまりにも多くのSafariのキャッシュデータは、iPhoneの速度を全体的に遅くすることができます。それを手動で削除したいなら、「設定」から「Safari」「履歴を消去/Cookieとデータを消去」の順にタップします。iOSデバイス専用のクリーニングツール-PhoneCleanは、数クリックでアプリのクラッシュログ、ダウンロード一時ファイル、写真キャッシュなどのジャンクファイルを安全かつ徹底的に削除することができます。これで、お使いのiPhone 6/6sの実行速度を向上することができます。

おすすめ記事:

iPhone 6/6s (Plus)からその他を削除するには >

iPhone 6/6sの空き容量を増やす4つの方法 >

iPhone 6のメモリを解放する方法 >

Part 2. iPhone 6/6 Plusのバッテリー寿命を節約する方法

難易度:

頻度:

時間消費:

iPhone 6/6sのバッテリー消耗にも興味がありますか?実は、iOS 8から追加された新たな新機能「バッテリーの使用状況」のおかげで、各アプリがバッテリーをどのぐらい消費しているのか確認できるようになった:「設定」 > 「一般」 > 「使用状況」 > 「バッテリーの使用状況」の順にタップします。

iPhone 6/6s (Plus)のバッテリー寿命を節約する

iPhone 6/6s (Plus)のバッテリー寿命を節約する

1. 過充電状態にならないように

過充電や過放電は電池の寿命短縮や爆発・発熱といった危険を伴うため、デバイスのバッテリーをフルに充電したり使い切ったりせず、50%~80%間の充電にした状態にします。

2. 位置情報サービス、Wi-Fi、BluetoothとAirDropを無効にする

位置情報サービス、Wi-Fi、Bluetooth、およびAirDropの機能を使っていない時、オフにしてきましょう。すると、貴重バッテリーを節約することができます。

3. 画面の明るさの自動調整をオフにして暗く

画面を明るくしすぎると、バッテリーの消費が激しくなります。したがって、画面の明るさを暗くするだけで、バッテリーを大きく節約できます。「設定」から「画面表示と明るさ」をタップして、「明るさの自動調整」をオフにすると節約できます。

4. 視差効果を減らす

iOS 7から使うことができるようになった視差効果をオフにすることで、バッテリーの節約になります。設定アプリの「一般」 > 「アクセシビリティー」 > 「視差効果を減らす」でオフにすれば完了です。

5. 機内モードをオンにする

機内モードを有効にすると、バッテリーの駆動時間を伸ばすことができます。機内モードにしたら、すべてのデータ通信を遮断し、消費を極限まで抑えます。

Part 3. iPhone 6/6s (Plus)のコンテンツを保護する方法

難易度:

頻度:

時間消費:

1. お使いのiPhone 6/6sを定期的にバックアップする

定期的にあなたのiPhone 6/6sをバックアップするのは必要です。そうすると、iPhone 6/6sから消去されたデータをいつでも取り戻せます。また、iPhone 6/6sの空き容量を増やすこともできます。

  • iTunesでiPhone 6/6sをバックアップします。お使いのiPhone 6/6sをコンピュータ接続 > iTunesを立ち上げる > デバイスボタンをクリック > バックアップ欄で「今すぐバックアップ」をクリックします。
  • iCloudでiPhone 6/6sをバックアップします。iPhone 6/6s本体の「設定」 > 「iCloud」 > 「バックアップ」 > 「今すぐバックアップを作成」の順にタップします。
  • AnyTransでiPhone 6/6sを選択的にバックアップします。一体化されたiOSコンテンツ管理ツール-AnyTransは、写真、音楽、ムービー、アプリ、メッセージや連絡先などほとんどのデータをコンピュータにバックアップすることができます。
AnyTransでiPhone 6/6s (Plus)をバックアップする

AnyTransでiPhone 6/6s (Plus)をバックアップする

無料ダウンロード 無料ダウンロード

おすすめ記事:

iPhone 6/6sからパソコンに写真を転送する方法 >

iPhone 6/6sからパソコンに音楽を転送するには >

iPhone 6/6sからパソコンにビデオを移す方法 >

iPhoneのボイスメモをパソコンに保存するやり方 >

ご注意: iCloudのストレージ容量は、通常5Gバイトまで無料なので、容量不足になりやすいです。iTunesは、フォトライブラリーと非購入した音楽、映画をバックアップすることはできません。

2. 機能制限パスコードを使用する

お使いのiPhoneデータがほかの人にアクセスされないように、特にiPhone 6/6sを失った場合に、パスコードを使ってiPhone 6/6sをロックしましょう:「設定」 > 「パスコード」 > 「パスコードをオンにする」 > パスコード(パスワード)を設定します。

3. 「iPhoneを探す」アプリを使用する

何らかの原因でお使いのiPhoneを紛失した場合に、「iPhone 6/6sを探す」機能でデバイスのコンテンツを保護することができます。「iPhone 6/6sを探す」は、紛失したデバイスを地図に表示し、悪用されないようにiPhone 6/6sのデータを削除することもできます。「iPhone 6/6sを探す」は、App Storeで無料ダウンロードできます。

4. AnyTransでiPhone 6/6s (Plus)をバックアップする

失われたiPhone 6/6s (Plus)のデータを取り戻す

失われたiPhone 6/6s (Plus)のデータを取り戻す

無料ダウンロード 無料ダウンロード

誤削除、iOSのアップデート、iPhone 6/6sの損傷や工場リセットなどの理由で、iPhone 6/6sにある大切なデータを失う可能性が高いです。そういう時、iTunesやiCloudでiPhone 6/6sのバックアップさえあれば、iPhoneのデータを簡単に復元することができます。全体ではなく、iPhone 6/6sから紛失したデータを選択的に復旧したいなら、PhoneRescueをおすすめします。iPhone/iPad/iPod向けのデータ復元ツール - PhoneRescueは、写真、ビデオやメッセージ、連絡先、ボイスメモなどのコンテンツを取り戻せます。しかも、iPhone 6/6sに既存のコンテンツを上書きすることはありません。

おすすめ記事:

iPhone 6/6sから削除された写真を復元するには >

iPhone 6/6sのメッセージを復元する方法 >

iPhone 6/6sの削除された連絡先を復旧する方法 >

お使いのiPhone 6/6sを新しいiPhoneにアップグレードする前に、古いデバイスをあらかじめバックアップすることを強くおすすめします。

古いiPhone 6/6sから新しいiPhone 6/6s (Plus)にデータをスムーズに移行するために、機種変更でiPhone 6/6s (Plus)にデータを移行する方法という記事を読んでください。

ご意見・ご感想をお寄せください

iPhone 6/6sへの機種変更