iPhone 6sのクイックアクションについて 

要約

クイックアクションは、3D Touchを利用して使える機能の1つです。こちらでは、iPhone 6sのクイックアクションについて紹介します。

ちょうせい

2015年12月24日

by

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPhone/iPad/iPodのデータを自由に転送するツール

AnyTrans – 最高のiPhone/iPad/iPod管理ツール

専門的なiOSデバイス向けのデータ転送ツール-AnyTransをダウンロードしたら、iPhone/iPad/iPod、iTunesやパソコン間でデータを自由に移行できます。

2015年9月25日発売となったiPhone 6s/6s Plusには、画面タッチの圧力を感知する「3D Touch」が搭載されました。その中、クイックアクション機能が便利だとよく言われます。クイックアクションは、3D Touchを利用して使える機能の1つです。クイックアクションでは、ホーム画面のアプリアイコンをプレスすることで、アプリごとのショートカットメニューを表示できます。

iPhone 6sのクイックアクションについて

クイックアクションの多くはホーム画面から直接行えます。必要な操作は、たった1回のプレスだけ。例えば、電話アイコンをプレスするだけで、よくやり取りする相手の一人にすばやく電話をかけることができます。

カメラ: ホーム画面でカメラアイコンをプレスすると、すぐにセルフィーやビデオを撮れます。スローモーションなどのカメラモードに直接飛ぶこともできます。

カメラとクイックアクション

カメラとクイックアクション

メッセージ: ホーム画面でメッセージアイコンをプレスするだけで、新しいメッセージを始めたり、よくやり取りする相手の一人にすばやく連絡を取ることができます。

メッセージとクイックアクション

メッセージとクイックアクション

マップ: マップアイコンをプレスするだけで、帰りの道順を瞬時に調べたり、現在地にピンをドロップしたり、それを友だちに送ることができます。

マップとクイックアクション

マップとクイックアクション

ご注意: iPhoneにプリインストールされているすべてのアプリがクリックアクションに対応しているわけではありません。また、サードパーティ製のアプリでも、数多くのアプリがクイックアクションに対応しています。

このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。また、何かご質問やご意見がございましたら、遠慮なくご連絡ください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください