原因&対策!iPhone 7が勝手に画面がつく

要約

iPhone 7が知らない間に画面がついていると、誤作動やiPhone 7のバッテリを消耗することがあります。やはり気になっていますよね。iPhone 7が勝手に画面がつく原因と対策を知りたいなら、次のガイドを読んでください。

ちょうらんげつ

2017年06月29日

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans - iOSデータを総合的に管理できるソフト

AnyTrans - iPhone 7データを自由に管理・転送

AnyTrans はiOSデバイス向けのデータ転送ソフトです。AnyTrans でiOSデバイスの間、iOSデバイスとPCの間でデータが双方向転送できます。

最近「何か勝手に画面がつく」や「知らない間に画面が光ってる」などのような質問がよく聞きます。画面が勝手につくと、ポケット内で誤操作&バッテリの消耗してしまいまして、困ります。どうすればいいですか?では、今回はiPhone 7が勝手に画面がつくについての原因と対策をまとめてご紹介します。

原因&対策

iOS 10では「手前に傾けてスリープ解除」という新たな機能が追加されています。その名のとおり、iPhone 7を持ち上げるだけでスリープ状態が解除され、画面がオンになるという機能です。もちろんこの機能をオフにすることができます。

iPhone 7が勝手に画面がつく時の対処法

「手前に傾けてスリープ解除」をオフにしたいなら、以下の手順をご参照して下さい。

ステップ1:iPhone 7で「設定」アプリを起動します > 「画面表示と明るさ」をタップします。

iPhone 7が勝手に画面がつく ステップ1

iPhone 7が勝手に画面がつく ステップ1

ステップ2:「手前に傾けてスリープ解除」をオフにします。

iPhone 7が勝手に画面がつく ステップ2

iPhone 7が勝手に画面がつく ステップ2

最後に

以上はiPhone 7が勝手に画面がつく原因と対策についての説明です。この問題がある方は、ぜひ試してください。またこの記事をお役に立てれば、TwitterやFacebookでシェアしてお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連トピックス

ご意見・ご感想をお寄せください