iPhoneの機能制限の設定法について

要約

iPhoneにある不適切なコンテンツを子供にアクセスさせない方法は何でしょうか?ここでは、iPhone/iPad/iPod touchの機能制限(ペアレンタルコントロール)を紹介します。

ちょうせい

2015年06月29日

by

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPhone/iPad/iPodのデータを自由に転送するツール

AnyTrans – 最高のiPhone/iPad/iPod管理ツール

専門的なiOSデバイス向けのデータ転送ツール-AnyTransをダウンロードしたら、iPhone/iPad/iPod、iTunesやパソコン間でデータを自由に移行できます。

電子製品の普及に伴い、現在人々はスマートフォンを持っています。その中に、iPhoneなどのスマートフォンを持つ子供も増えています。子供を保護するには、iPhoneにある不適切な情報を表示させないことは必要です。iPhone、iPad、およびiPod touchでは、機能制限(ペアレンタルコントロール)は、特定のAppや機能へのアクセスを禁止することができます。iPhoneを持っている子供にとっては、実に安全な対策の一つになります。

iPhoneで機能制限を設定する方法

iOSデバイスのペアレンタルコントロールを有効にするために、以下の手順に従ってください。

ステップ1: iPhoneの「設定」アプリ > 「一般」の順にタップします。

iPhoneの設定から一般をタップする

iPhoneの設定から一般をタップする

ステップ2: 下へスクロールして、「機能制限」をタップします。

機能制限をタップする

機能制限をタップする

ステップ3: 「機能制限を設定」をタップ > 「パスワード」を入力

機能制限を設定してパスワードを入力する

機能制限を設定してパスワードを入力する

以上のように、iPhoneのある機能を選択的に制限することができます。また、この方法はiPadやiPod touchの場合にも適用します。このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。また、何かご質問や意見がございましたら、遠慮なく下のコメント欄にお述べください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください