AnyTransとiTunesの違い!どっちを使うべき?

最終更新日:2017年08月28日

iTunes、多くの人が使っていますね。iPhone、iPadやiPodを使っているなら、iOSのアプリ管理やファイル転送、バックアップなどのためにiTunesは必須です。しかし、何らかの原因でiTunesを使用したくない人も多いようです。そこで、本記事はiTunesと注目されている類似ソフト「AnyTrans」を比較してみました。どうぞ参考にしてください。

Part 1:iTunesの基本情報 Part 2:iTunesより使いやすい!iOS管理ソフトAnyTrans Part 3:AnyTransとiTunesを徹底比較 Part 4:どっちがいいのか?

Part 1:iTunesの基本情報

1. iTunesの概要

iPhoneの音楽やムービー等のデータを管理したり、パソコンで音楽を聞いたり、取り込んだり、オンラインで音楽を購入したり……iTunesを使用されている方は多いと思います。では、iTunesにはどんな機能があるのでしょうか?iTunes(アイチューンズ)は、アップルが開発及び配布しているメディアプレーヤーですが、iPhoneに転送する音楽や動画、アプリなどをパソコンから効率よく管理することもできます。

2. iTunesを使う時の注意点

Part 2:iTunesより使いやすい!iOS管理ソフト - AnyTrans

iTunesが嫌なら、iTunes以外のiPhoneを便利に使えるソフト - 「AnyTrans」を使ってみましょう。iTunesでは手が届かない痒いところへもアプローチしている点が、このツールの特徴です。また、AnyTransはiTunesよりもシンプルな構成でアイコン1つで何ができるか分かるようになっており、誰でも難なく簡単に使うことができます。詳しくは、以下の内容を参照してください。

1. AnyTransって何?

簡単に言うとiPhone/iPad/iPodの転送・管理・バックアップを手軽にできる、iTunesの代替のソフトです。そうだけでなく、AnyTransはiTunesの代替ソフトとして使えますが、同時に他の機能も兼ね備えています。Mac/WindowsパソコンとiOS端末との間でデータ転送、デバイスから別のデバイスへ直接データの転送、各種ファイルのインポートやエクスポート、iTunes/iCloudでバックアップしたデータの閲覧・抽出といった機能も用意されています。

有料版と無料版がありますが、無料試用版ではマージやクローン機能(iPhone同士の機種変更時のデータ移行)を除くすべての機能がご利用いただけます。試用期限は7日間です。その他、製品を注文した場合も60日間の返金保証があるので万が一でも安心できます。

2. iTunesとどう違うの?

AnyTransとiTunesの違いは、大きく分けて5つあります:

AnyTransとiTunesの違いに関して、詳しくは次のPart 3↓↓↓を参照してください。

Part 3:AnyTransとiTunesを徹底比較

項目 iTunes 12 AnyTrans 5
iPhone、iPad&iPod全機種に対応
バックアップデータを閲覧&抽出 ×
iOSデバイスから曲などを取り出す ×
動作環境 MacとWindow両方で使える MacとWindow両方で使える
使い勝手

◆直感的に操作ができない

◆起動・同期が遅い

◆とても簡単な操作で使えるので、誰でも迷いなくAnyTransを使いこなすことができる(誤操作防止)

◆機能が多いので、起動や読み込みが少し遅い

◆同期が軽快に動作

同期方向

◆iTunes/パソコンからiOSデバイスへ

◆iOSデバイスからiTunes/パソコンへ

◆iTunes/パソコンからiOSデバイスへ

◆iOSデバイスから別のiOSデバイスへ

◆AndroidデバイスからiOSデバイスへ

同期速度

長時間かかっても同期が終わらないことが多い

iTunesより早い、以下はテストの結果

◆100枚の写真を約5秒で転送完了

◆100曲を55秒以内で転送完了

同期できるコンテンツの種類

【iTunesからデバイスへ】

アルバム、曲、プレイリスト、映画、ブック、Podcast、オーディオブック、着信音、写真とビデオ、連絡先とカレンダー

オーディオファイル、ビデオファイルなどはもちろん、写真やiBook用のPDF、アプリやPodcast、ボイスメモ、メモ、メッセージ、連絡先、カレンダー、Safariのブックマークや履歴など多種多様
同期項目の選択 特定の項目だけが選択できる 複数選択&一括選択できる
機種変更について

◆「バックアップから復元」機能で全体復元し、時間がかかる

◆「バックアップから復元」機能は、購入した曲以外の音楽を復元できない

◆復元に失敗したことがある

iPhone同士でファイルを直接やり取りするので、面倒な復元作業などは必要なし。ファイルのプレビューや選択もでき、安心で時間と手間を省く
無料/有料 無料 動画ダウンロード、iCoudの管理やMove to iOS機能は無料で、他の機能は有料(7日間無料で試用できる)
その他 同期した後、iPhone、iPad、iPod touch上のコンテンツは、 iTunesライブラリのコンテンツとまったく同じになる。そのため、デバイスのデータがiTunesのデータに上書きされてしまうので、ご注意を! 場合によっては、クラッシュ(異常終了)が発生する可能性がある。だが、クラッシュしても、データの紛失や損失はない

Part 4:AnyTransとiTunesどっちを使う?

結論ですが、どちらもそれぞれの利点がありますので、適材適所使い分けが大事だと思います。iTunesとAnyTransでiPhone/iPad/iPodのデータを管理する場合の相違点について確認した上で、どちらの方法が適切かを判断してください。

iTunesの利用をおすすめする場合:

AnyTransの利用をおすすめする場合:

AnyTransの安全性が気になる方は、「AnyTransって安全なの?ウイルス入りではない?ご不安の方へ!」という記事を参照してください。以上、参考になれば幸いです!最後まで読んでくれてありがとうございます。ご質問ご意見がございましたら、遠慮なくご連絡ください

ご意見・ご感想をお寄せください