iOS 11アップデート直後LINE画面が真っ黒になった際の対策

要約

iOS 11へのアップデート後、一部のLINEユーザーの間でLINEを開くと、真っ暗な画面になって起動されずホーム画面に戻ったという不具合が出てきました。その時には、本記事を読んで、5つの対策をマスターしましょう!

ちょうらんげつ

2017年09月20日

ちょうらんげつ

Follow @iMobie_Inc

PhoneRescue – LINEの連絡先/トーク履歴を復元出来るツール

PhoneRescue – 簡単にiOS デバイスのデータを復元する

予めiOSデバイス専用のデータ復元ツール – PhoneRescueをダウンロードしてください。すると、LINEの連絡先或いはトーク履歴を簡単に復元できます。

LINEアプリ

LINEアプリ

毎回、iOS にアップデートした後、LINEアプリには何かしらの不具合やトラブルが起きるそうです。今回のiOS 11にも例外ではありません。iOS 11へアップデートした後、いつものようにLINEを起動する時、緑の起動画面ではなく真っ暗になって起動されずホーム画面に戻ってしまいました。その後、LINEが開かれるんですが、なにか気持ち悪くて嫌ですね。その場合には、どうすればいいのでしょうか?ここで、この問題を解決するため5つの対処法をご紹介します。

LINEを開いても真っ暗な画面になり起動されずホーム画面に戻った時の対処法

方法 1、iOS 11へのアップデートをしばらく控える:iOS 11がリリースされましたが、LINEに不具合が発生する恐れがあるため、しばらくはアップデートせず、様子を見てください。

方法 2、お使いのiOSデバイスを再起動する:お使いのiOS デバイスの側面の電源スイッチを長押す > スライドで電源をオフにする > 再び電源スイッチを長押ししてお使いのiOS 11デバイスを再起動します。

方法 3、LINEを再インストールする:LINEアプリを削除する > 「Apple Store」に入る > もう一度LINEアプリをインストールします。

方法 4、「LINE」側のアップデート対応を待つ:方法2と方法3を試してから依然としてダメなら、「LINE」側のアップデート対応を待つしかありません。

方法 5、PC版のLINEを利用する:どうしてもLINEが使いたい場合はPC版のLINEを利用することをおすすめします。でも、よりよくPC版のLINEを利用するには、トーク履歴などのデータを一緒にPCに復元すればよいですね。ここでは、iOSデバイス専用のデータ復元ツール -「PhoneRescue-iOSデータ復元」をおすすめします。このツールを使えば、簡単にiOS 11端末上のLINEアプリのデータを復元できます。それだけではなく、メッセージ、連絡先、写真、メモ、動画、カレンなどの25種類のデータもサポートします。

LINEを開いても真っ暗な画面になり起動されずホーム画面に戻った時の対処法

LINEを開いても真っ暗な画面になり起動されずホーム画面に戻った時の対処法

以上です。もしiOS 11にアップデートしてから、LINEを開いても真っ暗な画面になり起動されずホーム画面に戻ったという不具合があったら、この記事を読んだら、きっと解決できると思います。そして、もしLINEを使う時、「お客様のLINEアカウントに異常にログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のためにウェプページで検証してお願いします。」と安全認識メールが来て、URLをクリックするかどうかを迷っているなら、こちらの記事を読んでください:【LINE】異常にログインされた詐欺メールが来た>

また、この記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。もしこのガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでくださいね。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください