macOS Sierra・X El Capitanのインストール方法

macOS Sierra・X El Capitanアップデートによる不具合と対処方法まとめ

[最終更新日:2016年9月22日]

Appleは9月21日に、Mac向けの最新オペレーティングシステム「macOS Sierra」を無償提供開始しました。音声アシスタントのSiriがMacでも使えるようになるほか、iPhoneなど他のデバイスとのクリップボード共有機能や、Apple Watchで自動的にロック画面を解除する機能など便利な機能が多数追加されています。

しかし、macOS SierraにアップデートしたMacユーザーは、不具合に遭遇する可能性があります。Mac OSをスムーズにアップグレードするために、今日は、ここで、macOS Sierra・X El Capitanアップデートによる不具合と対処方法をまとめてわかりやすく説明します。

1、「ダウンロードに失敗しました」メッセージが出る

多くのユーザーが新しいMac OS Xがリリースされたばかりの時同時にアップグレードするので、Appleサーバがその時多く消費されています。その場合、アップデートファイルがダウンロードできないことはよく発生します。しばらく時間を経ったら、再度ダウンロードすることをおすすめします。

そのほか、一般的に言えば、有線LANのほうがWi-Fiより信頼性が高くて安定ですから、 有線LANでインターネットに接続してアップデートファイルをダウンロードするのも一つ有効な解決策です。一部分のMacBookはイーサネットポートがないので、それらのMacBookにイーサネットを使うように、イーサネットケーブルで接続できるアダプターを利用する必要はあります。

2、macOS Sierra・X El CapitanのメールアプリでGmailのバグが発生する

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-メールアプリでGmailのバグ

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-メールアプリでGmailのバグ

macOS Sierra・X El Capitanにアップグレードした後、メールアプリで使っているGmailとExchangeアカウントが正しく動作できないことになる可能性はあります。このバクを修復するように、次の方法をご参考ください:

1.Macでメールアプリを起動して、「環境設定」に入ります。

2.「アカウント」に入って、問題のあるアカウントを選択します。次は「詳細」をクリックします。

3.「アカウント設定を自動的に検出して管理」がチェックされているなら、チェックを外します(チェックされていない場合、逆にチェックします)。最後にメールアプリを再起動します。

3、Macが起動できない

macOS Sierra・X El CapitanへアップグレードしたMacに電源を入れますが、起動できません。そのようなイライラすることはありますか?一部分のユーザーは、自分のMacをアップデートしたら起動することができなくなって、スクリーンが青や灰色になったり、カーネルパニックが発生したり、クエスチョンマークが点滅したりなどのことがあったと報告しました。もしMacが起動できなくなったら、次の方法はお役に立てるかもしれません:

① Macのが電源コードでコンセントとちゃんと接続するのかを確認してください。

② コンセントは正常に動いていますが電源が入れない場合、ほかの電源コードやアダプタを試してみてください。もしほかのものが使えるなら、電源コートまたはアダプタを交換する必要はあります。

③ パソコンに接続されているすべての付属品を外してください。

④ もし最新SDDや、ハードドライブなどをインストールしたことがあるなら、それらが正しくインストールされているのかとMacとは交換性があるのかを確認してください。

⑤ もし以上の方法を試したら問題が解決できないなら、Apple StoreからMacを診断・修理してもらいましょう。

お見逃しなく:iPhone/iPad/iPodからMacに音楽を転送する方法 >

4、「"xxx.app"は壊ているため開けません」メッセージが出る

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策

Mac OS Xのデフォルトセキュリティ設定の原因で、一部分の「xxx.app」ファイルをインストールすることができません。もし「“xxx.app”は壊ているため開けません」というメッセージが出たら、その原因はセキュリティ設定が正しくない可能は高いです。次はその問題の解決方法です:

1.左上のAppleアイコンをクリックして、「システム環境設定」に入ります。

2.「セキュリティとプライバシー」をクリックして、「一般」に入ります。

3.「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」のところに、「Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」または「すべてのアプリケーションを許可」を選択します。

5、VPNが使えない

一部分のユーザーによると、macOS Sierra・X El Capitanにアップデートした後、VPNが使えなくなったことはあります。もしお使いのMacにも同じ問題があったら、次の方法でMacのVPN接続を再度設定してみましょう:

1.「launchpad」から「システム環境設定」に入ります > 「ネットワーク」に入ります。

2.左下の「+」アイコンをクリックして、新しいネットワークを追加します:インターフェース(VPN)、VPNタイプ(お使いのVPNタイプによって決める)、サービス名(自分で決める)を選択して、「作成」をクリックします。

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策-VPNを追加して名前を入れる

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策-VPNを追加して名前を入れる

3.VPNに関する情報を入力します:構成のところに「デフォルト」を選択します > サーバアドレスとアカウント名を入れます > 暗号化のところに「自動」を選択します > 「認証設定」をクリックして、VPNのパスワードを入れて、「OK」をクリックします。

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策-VPNの情報を入れる

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策-VPNの情報を入れる

4.作成されたVPNを選択して、右下の「詳細」をクリックします。「すべてのラフィッシュをVPN接続経由で送信」という項目をチェックして、「OK」をクリックします。

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策-VPNのを設置する

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策-VPNのを設置する

5.ステップ3の画面に戻って、「適用」をクリックします > 同じ画面の「接続」をクリックします。

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策-VPNの接続を確認する

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策-VPNの接続を確認する

お見逃しなく:

Macのキャッシュを削除する簡単な方法 >

MacBookをワンクリックでクリーンアップする方法 >

6、Wi-Fiの不具合

macOS Sierra・X El Capitanにアップデートしたら、Wi-Fiの接続にも様々な不具合があると報告されています。特にMacをスリープモードから復帰した時Wi-Fiが繋がらない症状は深刻です。次はMacのWi-Fi 不具合を修復する方法をご紹介します。次の方法を試す前に、万が一データがなくなったら復元できるように、Time MachineでMacをバックアップすることをおすすめします。

①Bluetoothを削除する

1.「Finder」に入ります > ディスプレイ上の「ファイル」をクリックします > 「新規Finderウインドウ」をクリックします > Macのアイコンをクリックします。

2.Macintosh HDを開きます > 「ライブラリ」に入ります >  「Preferences」をクリックします > 「com.apple.Bluetooth.plist」というファイルを探し出します。

3.念の為にこのファイルをほかの安全な場所にコピーします > Preferencesフォルダからこのファイルをゴミ箱に入れて削除します。Finderに変更を許可するには、パスワードを入力する必要はあります。

②強制的にネットワーク構成ファイルを削除する

1.OS XのFinderから、Command+Shiftキー+Gキーを押して、次のものを入力します:/ライブラリ/ Preferences/SystemConfiguration/

2.このフォルダに次のファイルを選択します:

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-Wi-Fiの問題を解決する

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-Wi-Fiの問題を解決する

com.apple.airport.preferences.plist

com.apple.network.identification.plist

com.apple.wifi.message-tracer.plist

NetworkInterfaces.plist

Preferences.plist

3.念の為に選択されたファイルを安全な場所へコピーしてバックアップします。

4.バックアップしたら上記のファイルを削除します。

③ルータの設定を変更する/ルータをリセットする

1.ルータを工場出荷の状態にリセットする、またはルータを一度オフにしてから再度オンにします。

2.またはルータの管理画面にログインして、次のことを試してみてください:

  • ネットワーク周波数を2.4Ghzから[2.5Ghz or 5Ghz]、または5Ghzから[2.4Ghz or 2.5Ghz]に変更します。一般的に、Wi-Fiの周波数は今設定されているものではなく、それ以外のものに設定した方がいいです。
  • Wi-Fiモードをbgn兼用ではなく、b/g/n中の一つのみに設定します。
  • Wi-Fi SSID(名前)/Wi-Fiパスワード/Wi-Fiセキュリティ設定のいずれかまたは全部を変更します。

お見逃しなく:Macでブラウザの履歴を削除する方法 >

7、インターネット接続が遅い

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-インターネット接続が遅い

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-インターネット接続が遅い

インターネットの接続が遅いなら、次の方法を試してみてください:

① Wi-Fiの代わりにイーサネットケーブルを使う

無線LANを利用している時、パケットロス、信号が弱くなることなどが多発するので、理想的なインターネット速度に達することができないかもしれません。したがって、もっと安定なイーサネットケーブルを使ってインターネットに接続することをおすすめします。

② 無線LANルータを適切な場所に移動する

Wi-Fiを使いたいなら、無線LANルータを適切なところに移動します。可能であれば、無線LANルータを高くて壁から離す&お使いのデバイスと近い&周りにほかの家電製品が少ない場所に移動してください。

③ 最速のISPを利用する

プロバイダと回線業者のサービスによって、インターネット接続の速度が違いますから、もしもっと速いスピードが欲しいなら、現在契約しているプロバイダと回線業者のプランを変更することを検討しましょう。ただし、基本的には速度が速ければ速いほど料金も高くなります。

8、OS Xのパスワードを忘れた

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-OS Xのパスワードを忘れた

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-OS Xのパスワードを忘れた

もしMacのユーザーアカウントのパスワードを忘れてしまったら、次の方法でパスワードをリセットすることができます:

1.optionキーを押しながら電源ボタンを押し、Macを起動します > 復旧のディスクに入ります。

2.「ユーティリティ」 > 「ターミナル」をクリックします。

3. ターミナルを起動した状態で「resetpassword」と入力してenterキーを押します。

4.新しいパスワードを設定します。

9、メールの受信は出来るが送信が出来ない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-メールについて

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-メールについて

メールを送信できないなら、まずメールクライアントが正しく設定されているのかを確認してください。メールサーバの設定は、各メールサービスによって違いますから、お使いのメールサービスの公式サイトに確認してくだい。

次は以下のステップにしたがってメールを不具合を解決します:

1.メールアプリを開きます > メニューバーから「環境設定」に入ります。

2.「アカウント」ウィンドウに入ります。

3.送信できないメールアカウントを選択します。

4.「アカウント情報」をクリックします > 「送信用メールサーバー」欄を「なし」にしないように、送信メールサーバをポップアップメニューから選択/設定します。

もしメールのアップグレートができない、もしくはインディクスが破損されたら、受信トレイをデスクトップに移行してメールアプリにインポートするのは有効だかもしれません:

1.「Finder」に入ります > optionキーを押しながらメニューバーの「移動」をクリックします。そうすると「ライブラリ」の項目が出ます。

2.「ライブラリ」→「メール」→「 MailBoxes」に入ります > filename.mboxというファイルをデスクトップに移動します。

3.メールアプリを開いて、「ファイル」→「メールボックスを読み込む」をクリックします > 「Apple Mail」を選択して、さっき移動したファイルをインポートします。

お見逃しなく:

iPhoneから削除されたメッセージを復元する方法 >

10、メールアプリを開くと「ようこそMailへ」画面が毎度出る

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策

macOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策

もし毎度メールアプリを開くと「ようこそMail」画面を見るのをうんざりと感じているなら、次は一つ解決方法はあります:

1.メールアプリを開きます > 「ようこそMailへ」のダイアログボックスが出たら、「続ける」をクリックします。

2.メニューバーから「Mail」 > 「環境設定」 > 「アカウント」に入ります。

3.すべてのアカウントの「アカウント情報」から「このアカウントを使用」のチェックを外します。

4.メールアプリを再起動します。最後はステップ3の「このアカウントを使用」を再び全部チェックします。

11、Macから音が出ない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-Macから音が出ない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-Macから音が出ない

もしMacのオーディオが正しく動作しないなら、Macのサウンド設定を変更するまたはOS Xをアップグレードする必要があるかもしれません。次の二つの方法があります:

1.PRAM のクリア :Macを起動します > ジャーンと起動音が鳴った直後に「option + command + P + R」の4つのキーを同時に押します >しばらく経ったら、もう一度起動音が鳴れば成功です。

2.Audio MIDI 設定を変更:Macの「アプリケーション」から「ユーティリティ」に入ります > 「Audio MIDI 設定」に入って、「オーディオ装置」をクリックします > 「内蔵出力」項目にフォーマットを44100.0 Hzに変更して終了します。

12、CD/DVDがMacに詰まった

もしCD/DVDがMacに詰まってしまい、イジェクトボタンも使えないなら、次の方法を試してみてください:

① command+Eを押してCD/DVDを取り出します。

② お使いのMacを再起動します > ディスクが取り出されるまでマウスの左ボタンを押したままにします。

③ Macの「アプリケーション」→「ユーティリティ」に入って、ターミナルを起動します > 次のテキストを入力します: /usr/bin/drutil eject

13、Macでプリンタが認識されない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-プリンタが認識されない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-プリンタが認識されない

もしmacOS Sierra・X El Capitanからファイルをプリントしたいですが、プリンタのポップアップメニューにプリンタが表示しない、またはプリンタ用のソフトウェアがインストールされていないというメッセージが出たら、次の方法で修復できます。

1.プリンタが Mac の USB ポートに接続されている場合は、プリンタの接続を外してください。

2.有線ネットワークまたはWi-Fi ネットワークを一度オフにしてから再接続します。

3.プリントする対象を開いて、「ファイル」メニューから「プリント」を選択します > 「プリンタ」ポップアップメニューから、お使いのプリンタを選択します > お使いのプリンタが表示されない場合は、同じメニューから「プリンタを追加」を選択してプリンタを追加します。

もし以上の方法で不具合を解決できないなら、Macのプリンタをリセットしてみてください:

1.Apple メニューの「システム環境設定」を選択します。

2.「表示」メニューから「プリントとスキャン」を選択します。

3.optionキーを押しながら「-」(プリンタの削除) ボタンをクリックします。現在追加されているプリンタがない場合は、「+」(プリンタの追加) ボタンの上に表示されているボックス内をcontrolキーを押しながらクリックし、コンテクストメニューから「プリントシステムをリセット」を選択します。

14、PRAMをリセットする

macOS Sierra・X El Capitanの不具合と解決策-PRAMをリセットする

macOS Sierra・X El Capitanの不具合と解決策-PRAMをリセットする

PRAM はMacのハードウエアの情報を保存している特別なメモリです。ハードウエアの情報をPRAMに記録することにより、Mac OS Xがこれらの情報に素早くアクセスできるようになります。日付と時刻がおかしくなったり、Bluetoothが接続できなくなったり、スピーカーやマウスなどに異常がある場合、PRAMをリセットすると効果的です:

1.Macをシャットダウンします。

2.Macを再度起動して、すぐに「command」「option」「P」「R」の四つのキーを同時に押し続けます。グレイの画面が表示される前に、このキーの組み合わせを押す必要があります。

3.しばらくするとMacが再起動するので、二度目の起動音が鳴ったのを確認するまで、四つのキーを押し続けます。そうするとPRAMがリセットされました。

15、 macOS Sierra・X El CapitanにBluetoothが接続できなくなる

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-Bluetoothが接続できなくなる

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-Bluetoothが接続できなくなる

 macOS Sierra・X El CapitanにアップグレードしたらBluetoothが接続できなくなったり、不安定になったりことはあります。その場合、Apple Magic MouseとApple Wireless Keyboardが繋がらなくてMacを順調に使えなくなります。次の方法で、Bluetoothの不具合を修復しましょう:

① すべてのBluetooth設定を外します > Macをシャットダウンします > しばらくするとMacを再起動します。

② PRAMをリセットします

③ SMC(システム管理コントローラ)をリセットします:

バッテリーが取り外しできるノート型Macの場合(旧型の MacBook や MacBook Proに適用):MacBookをシャットダウンします > MacBookに MagSafe 電源アダプタが接続されている場合は外します > バッテリーを取り外します > 電源ボタンを 5 秒間長押しして放します > バッテリーと MagSafe 電源アダプタを再度取り付けます > 電源ボタンを押してMacBookを起動します。

バッテリーが取り外しできないノート型Macの場合(MacBook Pro[Early 2009]以降、MacBook Airの全モデル、MacBook[Late 2009]、およびMacBook[Retina, 12-inch, Early 2015]に適用):MacBookをシャットダウンします > MagSafe 電源アダプタまたは USB-C 電源アダプタをコンセントに接続し、MacBookに接続します > 内蔵キーボードで、「(左の) shift + control + option」キーを押しながら、電源ボタンを押します > 3 つのキー全部と電源ボタンを同時に放します > 電源ボタンを押してMacBookを起動します。

デスクトップ型Macの場合(Mac Pro/iMac/Mac mini/Xserveに適用):Macをシステム終了します > 電源コードを外します > 15 秒間待ちます > 電源コードを接続します > 5秒間待ってから、電源ボタンを押してMacを起動します。

16、 macOS Sierra・X El Capitanで通知センターが正しく動作できない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-通知センターが正しく動作できない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-通知センターが正しく動作できない

macOS Sierra・X El Capitanへアップデートしたら、一部分のユーザーは通知センターが正しく動作できなくなってしまいます。次は通知センター不具合の解決策をご紹介します:

1.Macのホームフォルダから「ライブラリ」に入ります > 「Application Support」に入ります > 「NotificationCenter 」というフォルダをデスクトップに移行します。

2.「ターミナル」アプリを起動します > 次のコマンドを順序で入れて実行します(各行の間に一行の空白行がある):

cd `getconf DARWIN_USER_DIR`

rm -rf com.apple.notificationcenter

killall usernoted; killall NotificationCenter

3.ターミナルを閉じます > Macを再起動します。

17、Spotlightのプライバシー問題

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-通知センターが正しく動作できない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-通知センターが正しく動作できない

macOS Sierra・X El CapitanではSpotlightがさらに進化して、天気、スポーツ、株価、インターネット上にあるビデオ、交通機関の検索結果を表示できるようになりました。しかし、デフォルトでSpotlightを利用すると、ローカルの検索語句と位置情報をアップルと提携する第三者に送るように設定されています。もし個人情報の漏洩が怖いなら、次の方法でMacがSpotlight検索データを送信しないように設定できます。

① 「システム環境設定」 > 「Spotlight」 > 「検索結果」 > 「Spotlightの検索候補」と「Bing Web 検索」を無効にします。

② Safariアプリを開きます > メニューバーから「Safari」をクリックします > 「環境設定」をクリックして、「検索」内の「Spotlightの検索候補を含める」の項目のチェックを外します。

18、macOS Sierra・X El Capitanが起動できない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-El Capitanが起動できない

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-El Capitanが起動できない

macOS Sierra・X El CapitanのMacを起動してMacのログが出たら、ずっと黒い画面で止まって前へ進まない状況はありませんか?その問題を解決するには、普通は以下の方法があります:

① もしMacBookを使っているなら、Macのふたを閉じて30秒経ったらMacBookを再起動します。

② PRAMリセットをしてみる:Macを終了します((必要な場合は電源ボタンを長押しで強制終了) > 電源を再度入れたら直ぐにcommand + option + P + R キーを同時に押し続けます > Macが再起動して、2度目の起動音が聞こえるまで押し続けます > 2回目の「起動音が鳴ったらキーを放します。

③ SMCリセットをしてみる(SMCリセットの方法はこちらをご参考ください)。

④ セーフモードで起動する:Macを終了します > 電源ボタンを押して起動音が聞こえたら、すぐにshiftキーを押してそのままにします > 画面に Apple ロゴが表示されたらshiftキーを放します。セーフモードは様々なチェックをしながらシステムを起動させるので、通常より長くかかる場合があります。そして、セーフモードを解除するには、起動中にどのキーも押さずに、コンピュータを再起動します。

19、macOS Sierra・X El Capitanの動作が遅い

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-El Capitanの動作が遅い

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-El Capitanの動作が遅い

無料ダウンロード

新しいOS Xは通常に多くの進化や新機能、バグ修復がありますが、一部分のMacに実行する時は動作が遅いです。それは様々な原因がありますが、Mac中にストレージ不足や、キャッシュが多すぎる、メモリ不足など場合によく発生します。したがって、macOS Sierra・X El Capitanへアップデートしたら、Macの動作をスピードアップするため、Macをクリーンアップすることをおすすめします。

Macのクリーンアップは、MacCleanのような専門的なソフトで簡単にできます。Macのインターネットジャンク、システムジャンク、ユーザージャンク、アプリジャンクなどを簡単に削除でき、Macから不要なものを削除して高速化することができます。

お見逃しなく:Macの動作が遅い時の7つの対処法 >

20、macOS Sierra・X El Capitanにバッテリーの減りが早い

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-バッテリーの減りが早い

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-バッテリーの減りが早い

OS Sierra・X El Capitanにアップデートしたら、バッテリーの減りが早いと感じるユーザーは多いでしょう。ここでは、バッテリーの使用時間を長持ちさせる小技をご紹介します:

① 自動更新を停止する:Macの「システム環境設定」に入ります > 「App Store」を選択します > 「アップデートを自動的に確認」のチェックを外します。 

② 不要な位置情報サービスを無効にする:Macの「システム環境設定」に入ります > 「セキュリティーとプライバシー」項目の「プライバシー」に入ります > 左下の鍵のロックを解除して、「位置情報サービスを有効にする」のチェックを外します。

③ 画面の輝度を下げる:ノート型コンピュータの場合はF1 キーを押します;デスクトップコンピュータの場合はF14 キーを押します。

④ OS Sierra・X El Capitanからジャンクファイルを削除する:無料ソフトMacCleanを使って、Mac上のインターネットジャンク、ユーザージャンク、システムジャンク、アプリケーションジャンクなどが手軽に削除できます。

もっと多くのMacバッテリーを長持ちさせる方法が欲しいなら、こちらのページをご参考ください:MacBook Pro/Airのバッテリーを長持ちさせる方法まとめ>

21、MacでSafari/Firefox/Chromeの実行が遅い

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-Safari/Firefox/Chromeの実行が遅い

macOS Sierra・X El Capitanの不具合-Safari/Firefox/Chromeの実行が遅い

Safari/Firefox/ChromeはMacでもっとも使われている三つのブラウザです。一部分のユーザーからOS XをアップデートしたらSafari/Firefox/Chromeの実行が遅いと報告されましたから、次はいくつかの解決策をご紹介します:

① Safari/Firefox/Chromeを最新のバージョンにアップデートします。

② サードパーティの拡張機能とプラグインを無効にします。

③ 手動でSafari/Firefox/Chromeのキャッシュ、クッキーなどを削除します。三つのブラウザからインターネットジャンクを一括で削除したいなら、無料&強力なクリーンアップツールMacCleanをおすすめします。

お見逃しなく:Macのブラウザ履歴を削除する方法 >

もしiPhone/iPad/iPod touchをiOS 10にアップデートする時何か問題がございましたら、こちらのページをご参考ください:iOS 10アップデートの不具合と解決方法まとめ >

以上はmacOS Sierra・X El Capitanのよくある不具合と解決策まとめです。macOS Sierra・X El Capitanを満喫したいなら、Macのディフォルトアプリ&設定では足りなく、ほかの有用なアプリを利用する必要はあります。今すぐ有用&面白いアプリをチェックしてダウンロードしましょう。もし以上の方法はお役に立てれば、FacebookやTwitterにお友達と共有しましょう。何か質問等ございましたら、下のコメント欄またはメールでご連絡ください。

ご意見・ご感想をお寄せください