macOS MojaveはiTunes 12.6.3/12.6.4/12.6.5をサポートしない?その対策は

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

macOS Mojaveにアップデートした後、iTunesが強制アップデートされました。しかし、macOS Mojaveにしたら、App Store機能がなくなっていました。iTunesをダウングレードして、iTunesのアプリ管理とApp Store機能をMojaveに導入することができますか?もっと知りたいなら、この記事を読んでください。

最終更新日:2018年09月28日

“App Storeを搭載したMac用の特別版iTunesが、macOS Mojaveにインストールできなかったり、動作しなかったりする問題が発生!

【macOS MojaveとiTunes】macOS High Sierraでは“App Store”と“着信音”の利用できる iTunes 12.6.5が利用できますがmacOS Mojaveにアップデートすると iTunesは強制的に最新のバージョンにアップデートされます。ご注意ください。”

Twitterから

ご周知のとおり、iTunes 12.7ではApp Store機能が削除されて、iOSアプリの同期ができなくなりました。そして、Appleが企業ユーザー向けとして密かに、App Store機能が利用できる「iTunes 12.6.3」を公開していました。それに、iTunes 12.6.3は表向きは企業ユーザー向けとなっていますが、実は誰でもウンロードすることができます。

しかし、TwitterやFaceBookなどのSNSから、「macOS Mojaveにアップデートした後、iTunesが強制アップデートされました。それで、App Store機能もなくなりました。」という事例がたくさんあります。

だから、iTunes 12.6.3、iTunes 12.6.4、12.6.5または以前のバージョンのiTunesにダウングレードして、MacOS MojaveでApp Store機能を利用できますか?

iTunes 12.6をインストールすることを試す

macOS Mojaveにアップデートしたら、iTunes 12.6をインストールする時、「iTunesの新しいバージョンがインストールされている」、「このソフトウェアはお使いのシステムでサポートされていません」というエラーメッセージが表示されます。

iTunes 12.6をインストールすることを試す

iTunes 12.6をインストールすることを試す

以上のように、iTunes 12.6.3/12.6.4/12.6.5がmacOS Mojaveでは動作できなくなったことを明らかにしました。その時、iPhoneのアプリを自由に管理できるサードパーティー製のソフトウェア – AnyTrans for iOSをおすすめします。Mac(Mojave、High Sierra、Sierraなど)&WindowsでiPhone/iPad/iPod touchのAppを簡単に管理することができます。iTunesの代替ソフトとして、数回クリックするだけでiOSデバイスのアプリを削除、バックアップ、インストール、アップデートすることができます。

今すぐAnyTrans for iOSをダウンロードして、無料体験しましょうか?

iTunesの代替ソフト - AnyTrans for iOS

iTunesの代替ソフト – AnyTrans for iOS

最後に

macOS Mojaveにアップデートしたら、iTunes 12.6が動作できなくなりました。その時、iTunesの代替ソフト – AnyTrans for iOSを使ってみてくださいね。また、iPhone/iPadのアプリを管理するガイドを読む>>

ホーム AnyTrans ® for iOS macOS MojaveはiTunes 12.6.3/12.6.4/12.6.5をサポートしない?その対策は
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!