macOS MojaveはiTunes 12.6.3/12.6.4/12.6.5をサポートしない?その対策は

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

macOS Mojaveにアップデートした後、iTunesが強制アップデートされました。しかし、macOS Mojaveにしたら、App Store機能がなくなっていました。iTunesをダウングレードして、iTunesのアプリ管理とApp Store機能をMojaveに導入することができますか?もっと知りたいなら、この記事を読んでください。

最終更新日:2018年09月28日

“App Storeを搭載したMac用の特別版iTunesが、macOS Mojaveにインストールできなかったり、動作しなかったりする問題が発生!

【macOS MojaveとiTunes】macOS High Sierraでは“App Store”と“着信音”の利用できる iTunes 12.6.5が利用できますがmacOS Mojaveにアップデートすると iTunesは強制的に最新のバージョンにアップデートされます。ご注意ください。”

Twitterから

ご周知のとおり、iTunes 12.7ではApp Store機能が削除されて、iOSアプリの同期ができなくなりました。そして、Appleが企業ユーザー向けとして密かに、App Store機能が利用できる「iTunes 12.6.3」を公開していました。それに、iTunes 12.6.3は表向きは企業ユーザー向けとなっていますが、実は誰でもウンロードすることができます。

しかし、TwitterやFaceBookなどのSNSから、「macOS Mojaveにアップデートした後、iTunesが強制アップデートされました。それで、App Store機能もなくなりました。」という事例がたくさんあります。

だから、iTunes 12.6.3、iTunes 12.6.4、12.6.5または以前のバージョンのiTunesにダウングレードして、MacOS MojaveでApp Store機能を利用できますか?

iTunes 12.6をインストールすることを試す

macOS Mojaveにアップデートしたら、iTunes 12.6をインストールする時、「iTunesの新しいバージョンがインストールされている」、「このソフトウェアはお使いのシステムでサポートされていません」というエラーメッセージが表示されます。

iTunes 12.6をインストールすることを試す

iTunes 12.6をインストールすることを試す

以上のように、iTunes 12.6.3/12.6.4/12.6.5がmacOS Mojaveでは動作できなくなったことを明らかにしました。その時、iPhoneのアプリを自由に管理できるサードパーティー製のソフトウェア – AnyTransをおすすめします。Mac(Mojave、High Sierra、Sierraなど)&WindowsでiPhone/iPad/iPod touchのAppを簡単に管理することができます。iTunesの代替ソフトとして、数回クリックするだけでiOSデバイスのアプリを削除、バックアップ、インストール、アップデートすることができます。

今すぐAnyTransをダウンロードして、無料体験しましょうか?

iTunesの代替ソフト - AnyTrans

iTunesの代替ソフト – AnyTrans

最後に

macOS Mojaveにアップデートしたら、iTunes 12.6が動作できなくなりました。その時、iTunesの代替ソフト – AnyTransを使ってみてくださいね。また、iPhone/iPadのアプリを管理するガイドを読む>>

ホーム AnyTrans macOS MojaveはiTunes 12.6.3/12.6.4/12.6.5をサポートしない?その対策は
メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5