新しいiPhone 6(Plus)を正しく設定する方法

簡単にMacを高速化する7つの方法

[最終更新日:2017年04月18日]

お使いのMacは、長い時間使えると動作が重くなったり、反応が遅くなったりするようになりやすいです。仕事や勉強中に遅いMacを使うと、イライラと感じるでしょう。Macをスムーズに利用できるように、適当な手段を使ってお使いのMacを最適な状態に回復しませんか。この文章は、MacBook Pro・Air/iMac/Mac miniなどから不要なファイルや設定などを削除することを通じて、Macを高速化する7つの方法をご紹介します。Macを高速化したいなら、続けてご覧下さい。

方法1、ゴミ箱を空にする

不要なファイルを削除する時、ゴミ箱に入れるだけではMacの空き容量は増加しません。すると、ゴミ箱に大量なファイルがある場合、Macのストレージを消費し、動作を遅くさせる可能性も高いです。従って、Macを高速化するために、ゴミ箱を空にしましょう。

やり方:Finder>「ゴミ箱を空にする」。

簡単にMacを高速化する方法1:ゴミ箱を空にする

簡単にMacを高速化する方法1:ゴミ箱を空にする

方法2、デスクトップを整理する

デスクトップに多くのファイルがあるとMacの動きを遅くさせますから、デスクトップのファイルを整理して、いらないものを削除したり、ファイルを他のフォルダに移行したりすることをおすすめします。

方法3、使わないウィジェットを無効にする

MacのウィジェットはMacの使用を便利にさせますが、不要なウィジェットが多くと結果的にMacの動作を重くし、余計に電池を消耗することになります。普段使わないウィジェットを無効にすると、Macを高速化することができます。

やり方:Launchpad>Dashboard>「-」をクリック>無効にしたいウィジェットの左上の「×」をクリック。

簡単にMacを高速化する方法3:使わないウィジェットを無効にする

簡単にMacを高速化する方法3:使わないウィジェットを無効にする

方法4、起動ログイン項目を減らす

起動ログイン項目を減らすと、Macの動作を高速化することができます。

やり方:システム環境設定>ユーザとグループ>ユーザを選択する>ログイン項目>「-」をクリック。 その手順でMacの起動ログイン項目は削除されます。

簡単にMacを高速化する方法4:起動ログイン項目を減らす2

簡単にMacを高速化する方法4:起動ログイン項目を減らす

方法5、不要なアプリを削除する

Macで長い間使わないアプリはありませんか?それらのアプリは使わなくてもMacのストレージ容量を占めて、システムの速度を遅くさせます。従って、不要なアプリ(特にサイズが大きなアプリ)を削除することをおすすめします。

やり方:Finder>アプリケーション>不要なアプリを右クリック>「ゴミ箱に入れる」をクリック。

簡単にMacを高速化する方法5:不要なアプリを削除する

簡単にMacを高速化する方法5:不要なアプリを削除する

おすすめ記事:Macのアプリを関連ファイルごと削除できる方法>

方法6、ブラウザに使っていないページを閉じる

SafariやFirefox、Chromeなどのブラウザを使っている時、もし多くのページを開くと、Macの動作が遅くなる可能性は高いです。今使わないページを閉じて、Macのパフォーマンスを高めることができます。

方法7、クリーニングツールでMacを高速化する

以上の方法でMacを高速化できない、またはもっと便利な方法がほしい場合、Mac専用のクリーニングツールを活用することをおすすめします。ここでは、多くのユーザーに愛用されているクリーンアップソフト - MacCleanをご紹介します。このソフトはMacを高速化する場合、以下のメリットがあります:

  • 100%クリーン&安全
  • 不要なファイルをワンクリックで探し出すことができ、時間と手間を節約する
  • システムジャンク・インタネットジャンク・悪質なクッキー・重複ファイル・大容量ファイルなど、Macを重くするデータと設定をほとんど検出・クリーンアップできる
  • クリーンアップの前にデータをプレビューでき、削除されるデータの内容を把握できる
  • データを一括クリーンアップするか、選択的にクリーンアップするか、削除するデータを自由に選択できる

次はMacCleanでMacを高速化する方法をご説明します:

ステップ1、MacCleanをダウンロードしてインストールします>MacCleanを起動します。

ステップ2、「クリーンアップ」下のシステムジャンクやインターネットジャンク、悪質なCookie、プライバシー保護、セキュリティ問題機能を利用して、Mac上のジャンクファイルをスキャンします。次は不要なファイルを選択して削除します。クリーンアップにより、Macを高速化させることができます。

ステップ2:クリーンアップでMacを高速化する

ステップ2:クリーンアップでMacを高速化する

ステップ3、次は「ユーティリティ」に入って、各項目に入って不要なジャンクを削除してMacを高速化します。各ツールの使用方法はMacCleanオンラインガイドをご参考ください。

ステップ3:ユーティリティでMacを高速化する

ステップ3:ユーティリティでMacを高速化する

おすすめ記事:

MacにmacOS Sierraをクリーンインストールする方法 >

Macのストレージから「その他」を減らす方法>

以上の七つの方法で、遅くなったMacを高速化させることができます。もしMacから不要なファイルを削除したいなら、上記に書いてあるMacCleanも不要なファイルを徹底削除することができます。この記事が少しでもお役にたったら、Twitter、Facebook、はてブでシェアを頂けると嬉しいです。

ご意見・ご感想をお寄せください