Move to iOSでデータ移行がうまくいかない時の対処法

[最終更新日:2017年05月03日]

Apple社がリリースした「Move to iOS」は、アンドロイドからiPhoneへ機種変更する際に専用のデータ移行アプリです。Move to iOSはメッセージ、写真、連絡先、ブックマーク、カレンダーなどのデータを移行でき、AndroidからiPhoneにデータを移行することに役に立ちます。

しかし、様々な原因で、Move to iOSで移行がうまくいかない時もあります。アンドロイドからiPhoneへのデータの移行は本当に大事ですが、「Move to iOS」で移行できない時、どうすればよいのでしょうか?このガイドは「Move to iOS」の代替ソフトを一つおすすめします。それについての使い方を詳しく紹介します。

Move to iOSでデータ移行がうまくいかない時の対処法

Move to iOSで移行がうまくできない時、次の第三者移行ソフトをおすすめします。このソフトはMove to iOSのようなデータ移行機能を持っている上に、以下の特性も持っています:

次はデータ移行ソフトをPC(Windows/Mac対応)にダウンロードして、アンドロイドからiPhoneへデータの引き継ぎを行います:

無料お試し
100%安全

ステップ1、このソフトをPCに起動して、USBケーブルでAndroidとiPhoneを同時にPCに接続します。

ステップ2、「携帯電話から携帯電話へのデータ転送」機能を選択します。

ステップ2 携帯電話から携帯電話へのデータ転送機能を選択する

ステップ2 携帯電話から携帯電話へのデータ転送機能を選択する

ステップ3、必要なデータの種類を選択して、「コピー開始」をクリックします。もしiPhoneに既存のデータを消去したいなら、「コピーする前にデータをクリアします」をチェックしてください。

ステップ3 専門的なデータ移行ソフトでAndroidからiPhoneへデータを移行する

ステップ3 専門的なデータ移行ソフトでAndroidからiPhoneへデータを移行する

以上のように、Move to iOSで移行がうまくできない時、このソフトはAndroidからiPhoneへデータを移行することができます。そして、このデータ移行ソフトは無料試用ができ、購入後も返金保証サービスが付いているので、今すぐ入手して使ってみませんか?

購入に進む

お見逃しなく:アンドロイドからiPhoneにLINEデータを移行する方法>

最後に

以上はMove to iOSでデータ移行がうまくいかない時の対処法です。いかがでしたか?この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

関連記事:

ご意見・ご感想をお寄せください