iPhoneから紛失したメモだけを復元する方法4つ!

誤ってiPhoneに保存しているメモ帳を消してしまったら、取り戻すことはできますか?この記事では、iPhone 12/12 Pro/11/11 Pro/11 Pro Max/SE2から消えたメモだけを復元する簡単かつ便利な方法についてご案内します。

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年04月15日

メモアプリを使って、仕事の注意点や個人的に役に立つ情報、読書や映画の感想などを記録する習慣はありますか?しかし、機種変更時の失敗した復元や、アイフォン上の誤って削除、デバイスの紛失など、大切なメモデータが紛失される可能性はあります。さらに事前でiTunes/iCloudバックアップを取っていなかった場合、どうすればいいですか?本記事では、iPhoneから消えたメモを復元する方法を3つ紹介します。

iPhone 13/iPhone 12(mini/Pro)/11/11 Pro(Max)どからメモ(メモだけ)を復元する時、2つの場合に分かれます:

1. 利用可能なiPhoneバックアップがあります。この場合、iTunes/iCloudバックアップを通じて、iPhoneのメモを復元できます。しかし、iTunesとiCloudでメモを復元すると、以下のような欠点を持っていて、ご注意を:

  • iTunesやiCloudでデータを復元すると、iPhoneに既存しているデータが上書きされます。
  • iTunesとiCloudのいずれもiPhoneのすべてのデータを復元し、個別に選択できません。

2. 事前にiPhoneのバックアップを取っていませんでした。その時になると、専門のデータ復元ツールが必要です。

どっちの場合でも、より便利かつ安全なサードパーティ製ソフトウエアのほうがいいと思います。ここでは、PhoneRescue for iOSをおすすめします。

Part 1:最近削除したメモを復元する

条件:「設定」 > 「Apple ID」 > 「iCloud」 > メモという順でiCloudでメモバックアップをオンにします。

Step 1:「メモ」アプリを開く > アイコンをタップします。

iPhone本体からメモ帳復元する(iCloudから)

iPhone本体からメモ帳復元する(iCloudから)

Step 2:「最近削除した項目」フォルダをタップします。

iPhone本体からメモ帳復元する(iCloudから)

iPhone本体からメモ帳復元する(iCloudから)

Step 3:復元したいメモを左スライド > アイコンをタップします。

iPhone本体からメモ帳復元する(iCloudから)

iPhone本体からメモ帳復元する(iCloudから)

Step 4:保存したいフォルダを選択します。それで削除したメモをiCloudからiPhoneに復元しました。

iPhone本体からメモ帳復元する(iCloudから)

iPhone本体からメモ帳復元する(iCloudから)

iPhoneの機種変更でメモが消えた場合、前のiPhoneでiCloudのメモバックアップをオンにしたことだったら、新しいiPhoneで同じApple IDで登録すればメモを見つけます。

Part 2:iPhoneの削除されたメモだけを復元する

PhoneRescue for iOSを使う理由

  • 間違って上書きしたメモを直接iPhone本体またはパソコンに復元できます。その他、連絡先/通話履歴/メッセージ/カレンダー/ボイスメール/リマインダー/Safari履歴/Safariブックマークも直接iPhoneに復元できます。
  • バックアップの有無にかかわらず、iPhoneのメモを復元できます。
  • 暗号化されても破損していても、iTunesバックアップからデータを抽出できる
  • 既存のデータを削除することなく、iPhoneから紛失したメモを復元します。
  • iPhoneのデータを一括&個別に選択でき、手間を大幅に減らします。
  • メモだけでなく、メッセージ/写真/ビデオ/アプリ/連絡先/音楽/ブックマーク/カレンダーなど22種類のファイル復元を提供しています。
  • iPhone初心者やパソコンが苦手な方も簡単に利用できます。

有料ソフトですが、無料お試し版も提供されており、無料版(復元不可)で復元したいデータのスキャン結果をプレビューする機能がついています。

使い方もシンプルで分かりやすく、まずは無料版でデータ復旧ができるかを確認してみると良いかと思います。

iPhoneのメモを間違って上書きした場合の復元方法

iPhone、パソコンとiPhone用USBケーブルが必要になりますので、事前にご用意ください。

次は、バックアップがない場合にiPhone 12(Pro)/11/11 Pro(Max)のメモを復元する方法を例として、ご紹介します。

Step 1、PhoneRescue for iOSをパソコンにダウンロードします。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

Apple認定開発者によって開発されたツール – PhoneRescue for iOSにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。

Step 2、PhoneRescue for iOSをインストール&起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。

Step 3、「iOSデバイスからリカバリー」を選択 > 「次へ」ボタンをクリックします。

iOSデバイスからリカバリーを選択する

iOSデバイスからリカバリーを選択する

iPhoneのバックアップがある場合は、「iTunesバックアップからリカバリー」または「iCloudからリカバリー」を選択してください。

Step 4、時間を節約するために、「メモ」だけを選択して「OK」をクリックしてください。PhoneRescue for iOSは削除したメモだけをスキャンします。

iPhoneのメモを復元する方法 - Step 4

iPhoneのメモを復元する方法 – Step 4

Step 5、真ん中の上部にあるカテゴリーを「削除された項目を表示」に変更できる > 復元したいメモをプレビュー・選択 > 右下の「パソコンへ復元」 アイコン、「デバイス本体へ復元」アイコンをクリックすると、メモがPCあるいはiPhoneに復元されます。

iPhoneのメモを復元する方法 - Step 5

iPhoneのメモを復元する方法 – Step 5

復元ボタンをクリックする前に、画面左下にある「設定」をクリックしてメモの出力フォーマットを設定することができます:

メモのフォーマットを設定

メモのフォーマットを設定

方法3、iTunesバックアップからiPhoneのメモを復元する

このモードは以下の場合でのご利用を推奨:

  • iPhone 本体はUSBケーブルでパソコンに接続できない
  • メモをiTunesまたはiCloudでバックアップを取ったことがある

Step 1、パソコンにPhoneRescue for iOSを起動します > 「バックアップからリカバリー」または「iCloudからリカバリー」モードを選択します >ボタンをクリックします。

iPhoneのバックアップに入る

iPhoneのバックアップに入る

Step 2、リストから紛失したメモデータのあるバックアップを選択します > ボタンをクリックします。「iCloudからリカバリー」モードを利用する場合、このStep の前にiCloud IDとパスワードを入力することが要求されます。

Step 2、バックアップファイルを選択する

Step 2、バックアップファイルを選択する

方法4ではiCloudバックアップからiPhone のメモを復元する方法をご紹介したいです。具大的な手順は方法3と大体同じです。

お見逃しなく:iPhoneから削除してしまったSMSを復元する簡単な方法 >

- メモをパソコンに保存する時の出力先とファイル形式は、操作画面のボタンをクリックすると設定できます。メモはtext/csv/htmlファイルとして転送できます。

- メモ以外に、PhoneRescue for iOSは連絡先、メッセージ、カレンダー、リマインダー、Safari履歴及びSafariブックマークをiPhone 本体に復元することも支持します。

最後に

iTunesとiCloudと比べて、このツールはiPhone 12/11/XS/XR/Xの削除しまったメモを個別に選択したり、プレビューしたりすることができます。そうだけでなく、ほかの重要なファイルでもiPhoneから復元できます。

興味を持たれた方は、PhoneRescue for iOSの試用版をダウンロードして、使い勝手を体験してみるのがいいかもしれませんね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン