iPhoneで撮影した写真のジオタグを削除する攻略

要約

iPhoneで撮影した写真にジオタグ情報が個人位置などが記録されることはご存知ですか?個人情報を守るために、ジオタグを削除する方法を勉強しておきましょう。

青山ゆきみ

2016年01月05日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

PhoneClean – 最高のiPhoneプライバシー保護ツール

PhoneClean – 最高のiPhoneプライバシー保護ツール

あらかじめPhoneCleanをダウンロードしましょう。必要な時PhoneCleanでiPhoneのジャンクファイルとプライバシー情報を削除しましょう。

iPhoneで撮った写真には所在地などの情報が含まれています。プライバシー情報を守るために、たぶん多くのユーザーはそれらのジオタグ情報を削除したいでしょう。この文章は、iPhoneのジオタグを削除する方法を詳しくご説明します。

ジオタグとは

ジオタグとは、撮影する時にカメラ内蔵のGPS装置によりその場所(緯度・経度)を示す数値データのことです。iPhoneで撮影した写真には、通常GPSやWi-Fiなどのジオタグが付いています。それに、TwitterやFacebook、Google+などのSNSに投稿するとき、ジオタグを表示する機能もあります。

お見逃しなく:iPhoneのSafari履歴を削除する方法 >

どのようにiPhoneで撮影した写真のジオタグ情報を削除しますか?

写真を共有する前に、そのジオタグを消去したいのでしょうか?もっとも簡単なのは、iPhoneで写真のジオタグを削除する方法です。次は2つiPhoneからジオタグを削除する有効な方法です:

方法1:iPhoneで設定 > 一般 > リセット > 位置情報&プライバシーをリセット。その後カメラを起動するとき、「カメラは現在の位置情報を利用します。よろしいですか?」のようなメッセージが表示されたら、「許可しない」をタップします。

方法2:iPhoneで設定 > プライバシー > 位置情報サービス > カメラ > オフ。そうしたらiPhoneのカメラは写真の位置情報を記録しません。

以上の方法でiPhoneの写真のジオタグが削除されます。もっと多くのプライバシー情報をiPhoneから削除したいなら、PhoneCleanという究極のiOSクリーンアップツールはお使いのiPhone、iPadのプライバシー情報を徹底的に削除することができます。

PhoneCleanでiPhoneのデータをクリーンアップ

PhoneCleanでiPhoneのデータをクリーンアップ

本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有することを忘れないでください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください