【2022】Macのゴミ箱中身を完全消去!4+4方法と対策を紹介する

どのように、Macからゴミ箱の中身を復元できないように完全に削除できますか?ゴミ箱 空にできないときの対応は?この文章を読んで、Macをクリンアップしましょう!

作者の画像 ばくてい 最終更新日: 2022年05月10日

Macでファイルやアプリ、ドキュメントなどを削除する時、通常、それらのデータをゴミ箱に移動して済みますね。でも、ゴミ箱に入れたそれらのデータを削除しないと、Macの容量を消費します。多く溜めてきたらMacを重くさせる可能性もあります。なので、Macを軽くするため、また容量を解放するため、Macからゴミ箱の中身を徹底的に削除することをおすすめします。

本記事では、ゴミ箱中身を完全消去する4つの方法とゴミ箱を空にできない/削除できないときの対策をご紹介します。

Part 一、Macのゴミ箱の中身を削除できない/空にできない時の対処法

対処1:Finderを再起動する

アプリまたはプロセスの実行に失敗したは場合は、内部で一時的なエラーが発生した可能性があります。

「Appleマーク」→「強制終了」「Finder」「再度開く」の順にFinder を再起動します。

対処2:実行中のプロセスを閉じる

開いているアプリまたはプロセスはファイルを使用していると、ファイルを削除できません。起動中のすべてのアプリとプロセスを終了してから、ゴミ箱を空にしてみてください。

「Appleマーク」→「強制終了」の順にすべてのアプリを選択して強制終了をします。

対処3:Macをセーフモードで起動する

インストールしているアプリではなく、Mac内部の自動起動するプロセスはゴミ箱のファイルを使用しているケースもあります。Macをセーフモードで起動すれば問題を解決できます。

再起動するには以下の操作を行ってください。

1.Macをシステム終了します。

2.電源ボタンを起動オプション画面が表示されるまで押し続けます。

3.起動ディスクを選択し、「shift」キーを押しながら「セーフモードで続ける」をクリックします。

対処4:ファイルのロックを解除する

「ゴミ箱を空にする」を実行するときに、「一部の項目へのアクセス権がないため、操作を完了できません。」というメッセージが表示されたら、以下の手順にファイルをロック解除してください。

ゴミ箱を開きます。

削除できないファイルを右クリックし、「情報を見る」を選択します。

「一般情報」の中にある「ロック」にチェックを外します。

設定を変更してから再度「ゴミ箱を空にする」を試してください。

Part 二、Macのゴミ箱中身を完全消去する4つの方法

対処1:Mac専用のクリーニングツールでMacのゴミ箱中身を徹底的に削除する

色々方面から比較すると、MacCleanという専門的なクリーナーを勧めます。MacCleanは三つのモードでファイルを安全削除できます。その他、クリンアップ、ウイルス対応、メンテナンスなど10つ以上の機能を備えています。

今すぐMacCleanをダウンロードして、Macを最適化にしましょう!

無料体験ウイルス検査済み

無料体験ウイルス検査済み

Step1、MacでMacCleanを起動します。

Step2、「ユーティリティ」部分の「最適化ツール」 > 「ゴミ箱スイーバー」に入ります。MacCleanは自動的にゴミ箱内のファイルをスキャンします。

Step2:MacCleanでゴミ箱スイーパーに入る

Step2:MacCleanでゴミ箱スイーパーに入る

Step3、ゴミ箱中の徹底消去したいファイルを選択して、右下の安全基準を選択して削除します。

Step3:ゴミ箱の中身を選択して削除する

Step3:ゴミ箱の中身を選択して削除する

Step4、確認ダイアログが出たら、ダイアログ中の「削除」をクリックしてください。

Step4:MacCleanでゴミ箱の中身を徹底的に削除する

Step4:MacCleanでゴミ箱の中身を徹底的に削除する

対処2:「確実にゴミ箱を空にする」機能でMacのゴミ箱中身を徹底的に削除する

Finderから「ゴミ箱を空にする」と「確実にゴミ箱を空にする」の2つの方法でファイルを削除できます。

「ゴミ箱を空にする」で削除されたファイルは、専用なソフトを使用して復元できます。徹底的に削除されるとは言えません。

「確実にゴミ箱を空にする」は削除されたファイルの場所を繰り返し上書きして、ファイルが復元されないようにする方法です。

詳細な手順: メニューバーのFinderを開く→ 左上の「Finder」をクリックして、「確実にゴミ箱を空にする」を選択する

- 「ゴミ箱を空にする」と「確実にゴミ箱を空にする」の違いはこちらへ:

「ゴミ箱を空にする」は、削除の速度が速く、データがMacから削除されますが、特殊の復元ツールで削除したデータを復旧できます。「確実にゴミ箱を空にする」は、削除の速度が遅く、削除したデータが記録されていたディスクの場所を何度も上書きして、ファイルを復元できません。

- もしゴミ箱を空にしたりファイルをゴミ箱に移動したりできない、またほかの原因でゴミ箱を削除できない場合、方法1を利用することを強くおすすめします

対処3:Macの自動削除機能を使用する

もし何らかのエラーで、ゴミ箱を空にできない場合は、そのままファイルをゴミ箱において、30日後にファイルを自動的に削除されます。
MacのFinder で、「Finder」「環境設定」と選択してから、「詳細」をクリックします。

「30日後にゴミ箱から項目を削除」を選択したかを確認できます。

対処4:強制的にゴミ箱を空にする

通常、ゴミ箱から項目を削除するとき、警告メッセージが表示されます。この方法で、警告メッセージが表示されなく、ファイルを復元できないように削除できます。操作を行う前に、是非ファイルを確認してください。

強制的にゴミ箱を空にするには、Optionキーを押したまま、「ゴミ箱を空にする」を選択します。

最後に

以上の4つの方法でMacからゴミ箱の中身を簡単に削除できます。でも、何の不具合もなく、安全かつ迅速にMacのゴミ箱中身を削除するため、方法1を利用することをおすすめします。MacCleanをダウンロードして体験しましょう!この記事について何か質問等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。

作者の画像
ばくてい Twitter Share Facebook Share

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

Topへ戻るアイコン