iPadのファイルをパソコンに保存する簡単な方法

iPadからファイル(音楽、音楽、動画、連絡先、メッセージ、PDFなど)をパソコンに取り出したい場合、どうすればいいですか?このガイドは、iPadからファイルをPCに保存する方法をご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年09月25日

iPadにはいろいろなアプリがあり、各種類のファイルは対応のアプリで簡単に管理できます。アプリ内にファイルを追加・編集・削除でき、iPadをシンプルで使いやすくさせます。

しかし、iPadで利用するだけでなく、時々iPadのファイルをパソコンで利用したい場合はあるでしょう。例えばiPadの連絡先をプリントしたかったり、録音したデータを抽出したかったり、写真をパソコンでPhotoshopで編集したかったりする場合、iPadのファイルをPCに保存する必要はあります。

その時は、どうすればiPadのファイルをPCに保存しますか?ここでは、iPadからファイルをPCに保存できるツールをご紹介します。このツールを利用すれば、iPadから各種類のファイル(写真や動画、ボイスメモ、連絡先など)を簡単にパソコンに保存できます。

ツールの紹介

ここで紹介したいのは、iPad向けのファイル管理ソフトAnyTrans です。このソフトはiPadのファイルの転送・編集・追加・削除などの操作ができ、しかも以下のメリットがあります:

  • 写真、音楽、動画、ボイスメモ、連絡先、メッセージ、電子ブックなど、iPad上のほとんどの重要なファイルをPCに保存できる
  • ファイルをパソコンに一括保存するか、選択的に保存するか、必要なファイルだけをパソコンに入れる
  • 一つのソフトで各種類のデータを管理でき、データを探し出すのが簡単
  • 高速な転送速度(例えば音楽の場合は1分間で100曲をPCに保存できる)
  • 分かりやすいUIで、初心者もすぐ利用できる
  • 音楽や写真などのファイルを保存する場合、音質や画質などの劣化はしない
  • 7日間無料試用&60日間返金保証を提供する

また、AnyTransは長い間安全で動作も安定しているソフトで、ウイルス・広告・スパイウェア・マルウェアは一切含まれていません。もしAnyTransの安全性が気になるなら、こちらのページをご参考ください:AnyTransって安全なの?ウイルス入りではない?ご不安の方へ>

次はAnyTransでiPadからパソコンにファイルを保存する方法を見ましょう。

iPadからパソコンにファイルを保存する手順

Step 1.AnyTransをパソコンにダウンロード&インストールします。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

もしお使いのiPadがAnyTransで認識されない不具合が出たら、こちらの対策をご参考ください:AnyTransでお使いのiPadが認識されない時に何をすべきか?>

Step 2.AnyTransを起動 >  iPadをUSBケーブルでPCに接続 >  ボタンをクリックしてカテゴリの個別管理画面に入ります。

iPadのPDFファイルを転送する方法

iPadのPDFファイルを転送する方法

Step 3.「ブック」に入って、パソコンに保存したいPDFファイルを選択し、右上の「PCへ」ボタンをクリックします。

iPhoneのPDFをパソコンに転送

iPadのPDFをパソコンに転送

それでiPadのPDFファイルがパソコンに保存されました。他の種類のファイルも、以上の方法を参照してPCに保存できます。

– AnyTransは多機能なiOSデバイスファイル管理ソフトとして、iPadからパソコンへだけでなく、iPadからiPad/iPhone、またはその逆に、更にパソコンからiPadへファイルを追加することもできます。

おすすめ記事:2つの方法でiPhoneとiPadを同期する>

最後に

以上はiPadからファイルをPCに保存する方法です。いかがでしたか?AnyTransはiPadの管理ソフトとして、iPadとPCの間でファイルを自由に転送でき、iPadのデータを簡単に管理できるので、ぜひAnyTransをダウンロードして試してください。この記事が参考になりましたら、TwitterやFacebookでシェアもお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。