iPhoneの写真をWindows・Macパソコンに移して保存する方法

要約

空き容量不足、データの安全性など、iPhoneの写真をパソコンに移して保存したいです。その場合、当ページを参考して、iPhoneからPCに写真を移しましょう!

ちょうらんげつ

2017年11月02日

ちょうらんげつ

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – iPhoneの写真・動画・連絡先などを手軽にパソコンに保存

AnyTrans – 1分間で1200枚の写真を転送できる  

カメラロール、Live Photo、スクリーンショットなどの写真をパソコンに移して保存したいなら、右のiOSデバイス向けのデータ移行ツール – AnyTransをダウンロードしてください。

iPhone X/8/7/6sで撮影した写真、スクリーンショット、LINEなどで送られる画像、サイトからダウンロードした画像がいっぱいで、空き容量が不足になってきましたか?また、万が一の時を防ぐ、iPhone上の大切な写真をMac・Windowsに保存したいですか?当ページは、iPhoneの写真をパソコンに移し保存する方法を5つご紹介します。

Part 1: iPhoneの写真をWindows 7/8/10/Vistaパソコンに保存する方法

Windowsの場合、Macのような高い安全性を持っていないから、iPhone上の一部のデータをアプリで取り出せます。なので、ここで、iPhoneの写真をWindowsパソコンに保存する方法を画像付きで詳しくご紹介します。

方法 1:AnyTransでiPhoneの写真をWindowsパソコンに保存する

AnyTransとはiOSデバイス向けのデータ転送ソフトで、iTunesのようなメディアデータの管理機能以外、データをiデバイスとパソコンの間に転送するなどの機能もあります。それでは、AnyTransのメリットを見てみましょう:

1.双方向 ー 手軽にiPhoneパソコンに写真を移す

2.簡単 ー ただ「写真を選択」⇒「Mac・Windowsパソコンに保存」2ステップでデータを保存でき、すごく簡単で、初心者にも簡単にできる

3.安心 ー 写真のサイズも変化しなく、画質も劣化しない

4.高速な移行スピードを持つ ー 1分間約1200枚の写真をパソコンに保存できる

5.誤操作をさける ー 保存する前に、プレビュー&選択ができ、誤操作をさける

6.多種類なデータをサポート ー カメラロール、フォトストリーム、Live Photo、スクリーンショットなどの写真だけでなく、メッセージ、連絡先、カレンダー、音楽、ビデオなどの36種類のデータもパソコンに保存できる

7.保証 ー このツールを購入する前、7日間無料体験ができ、購入後、60日間返金保証の他、生涯無料アップグレード、サポートもでき、ご安心ください。

それでは、早速、AnyTransをダウンロードして、iPhoneの写真をWindowsに保存しましょう!また、AnyTransの安全性・評判が気になる方は、下記リンクが参考になると思います。

> AnyTransって安全なの?ウイルス入りではない?ご不安の方へ!

> 徹底解説!AnyTransの評判・口コミ・評価一覧

Step 1: AnyTransをパソコンにインストール&起動 > メインインターフェイスの右にあるボタンをクリックします。データの管理画面に入ります。

iPhoneの写真をWindowsパソコンに保存する方法 - Step 1

iPhoneの写真をWindowsパソコンに保存する方法

Step 2: カテゴリーから「写真」をクリックして、以下の項目を任意選択します。ここでカメラロールを例にします。

iPhoneの写真をWindowsパソコンに保存する方法 - Step 2

iPhoneの写真をWindowsパソコンに保存する方法

Step 3: カメラロール写真管理画面で、ボタンをクリックして、写真表示モードを変換 > Windowsパソコンに保存したい写真を選択して、右上にある「パソコンへ」ボタンをクリックすると、iPhoneの写真をパソコンに保存しました。

iPhoneの写真をWindowsパソコンに保存する方法 - Step 3

iPhoneの写真をWindowsパソコンに保存する方法

この方法はWindows 7/8/10/Vistaなど殆どの機種に適用します。

方法 2:自動再生でiPhoneの写真をWindows 7パソコンに保存する

iOS 11及びその以降のバージョンでWindowsの「写真とビデオの読み込み」機能を利用できなくなりました。ご注意ください。

カメラロール中の写真だけをWindows 7パソコンに保存したいなら、「自動再生」を利用してください。フォトライブラリ、フォトストリーム、アルバムをパソコンに保存したい、また写真をWindows 8/10に保存したい場合は、方法1を参考してください。

詳細な手順: USBケーブルでiPhoneをWindows 7パソコンに接続 > 「自動再生」ダイアログボックスが自動的に表示される > 「画像とビデオの読み込み」をクリックして、iPhoneの写真をWindows 7パソコンに保存しました。

iPhoneの写真をWindows 7パソコンに保存する方法

iPhoneの写真をWindows 7パソコンに保存する方法

方法 3:「フォト」アプリでiPhoneの写真をWindows 8パソコンに保存する

この方法はWindows 10パソコンだけ適用します。ご注意ください

Step 1:Windows 10パソコンとiPhone 8/7/6s/6/5s/5/SEをUSBケーブルで接続 > 「フォト」アプリを開きます。

Step 2:「Photo」アプリを右クリックして「インポート」を選択します。

Step 3:インポート元のデバイスを選択します。

Step 4:Windows 10パソコンに保存したい写真をチェック > 「インポート」をクリックしてiPhoneの写真をパソコンに保存しました。

Part 2: iPhoneの写真をMacパソコンに保存する方法

iPhoneの写真をMacに移して保存したい場合、次の2つの方法をお試しください。

方法 1:AnyTransでiPhoneの写真をMacパソコンに移して保存する

前述のように、AnyTransはiPhone向けのデータ管理ツールとして、Macに適用するのはもちろんです。なので、AnyTransでiPhoneの画像をMacパソコンに移すため、Part 1の方法1を参考してください。

方法 2:AirDropでiPhoneの写真をMacパソコンに移して保存する

Mac・iPhoneに搭載したAirDropは近くにあるデバイス間(約9m以内)で簡単に写真・画像を無線(Wi-Fi/Bluetooth)で転送することができます。次は、AirDropでiPhoneの写真をMacパソコンに保存する方法をご紹介します。

Step 1: iPhoneとMacでAirDropを有効する > Macで「このMacを検出可能な相手」でiPhoneを指定し、iPhoneで「すべての人」を指定します。

Step 2: iPhoneで「写真」アプリを開く > 保存したい写真を選択 > 左下の「アクション」アイコンをタップ > 共有欄で「Mac」を選択します。

Step 3: Macの「AirDrop」画面にiPhoneから送信された写真・画像の受信メッセージが表示されるので、「保存」または「保存して開く」をクリックします。

1、この方法で保存された写真の画質は劣化して、手順もちょっと面倒です。

2、iOS 7を搭載したiPhoneとOS X Yosemiteを搭載したMac(2012年以降のモデル)を利用している必要があります。

最後に

以上はiPhoneの写真をパソコンに保存する5つの方法です。もし、機種とキャリアを問わず、iPhoneの写真を一括&複数Windowsに保存したいなら、AnyTransを利用することをおすすめします。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。もしこの文章を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ

Facebook上で何がホットだ

ご意見・ご感想をお寄せください