iPhoneのメモに地図情報を入れる方法

iMobie

Follow @iMobie_Inc

iPhoneとAndroidスマホの世界で皆様にお役に立れるソフトを作るような気持ちを引き締めて精一杯頑張ります。

次のガイドはiPhoneのメモに地図情報を入れる方法を詳しくご説明します。

最終更新日:2019年08月26日

iPhoneのメモアプリはチェックリストや写真貼り付け、手書きなどの機能が追加して、テキストだけでなく、様々なデータをメモに記録できるようになります。新しいバージョンアップしたメモアプリに、たぶん多くの方は知らないかもしれないと思いますが、地図情報を入れることもできます。友達の住所や行きたいところの位置などをメモしたい時、地図情報を入れば、場所が分かりやすくなります。

次のガイドは、iOS 9のメモアプリに地図情報を入れる方法をご説明します。

iPhoneのメモに地図情報を入れる方法手順

Step1、iPhoneにマップアプリを開いて、メモに追加したい位置を検索して、詳細画面から共有ボタンをタップします。

iPhoneのメモに地図情報を入れる方法

iPhoneのメモに地図情報を入れる方法

Step2、共有画面から「メモ」を選択します。新しいメモを作成したい場合は、メモにテキストを追加して「保存」をタップします。

iPhoneのメモに地図情報を入れる方法

iPhoneのメモに地図情報を入れる方法

もし既存のメモに入れたいなら、メモを選択をタップして、地図情報を入れたいメモを選択して保存します。

iPhoneのメモに地図情報を入れる方法

iPhoneのメモに地図情報を入れる方法

以上のStepで、iPhoneのメモに地図情報が追加されます。場所をタップすると、地図アプリにその場所の位置が表示されます。

iPhoneのメモに地図情報を入れる方法

iPhoneのメモに地図情報を入れる方法

ご注意:この機能はiOS 9およびその以上のバージョンのデバイスだけに使えます。

最後に

以上はiPhoneのメモに地図情報を入れる方法です。Googleマップの位置情報もメモに入れることができます。

しかし、小さなスクリーンでメモを編集するのが不便だと感じたことはありますか?もしパソコンでメモの文字を編集したいなら、このガイドをぜひお見逃しなく:iPhone/iPadのメモをパソコンで編集する方法

AnyTransはiOSデバイスのメモの編集だけでなく、メモの転送や削除などの簡単に実現できます。それだけでなく、写真、音楽、ビデオなども気楽に転送できます。必要があればぜひお試しください。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 13, 12, 11, 10, 9, 8, 7, 6, 5