2つの方法でiPhoneとiPadの間で写真を共有する

ちょうらんげつ

Follow @iMobie_Inc

スマホ好きで、いつもスマホに関する情報を集まって、不具合の解決に焦点を当て、iOSデバイス・Android端末をもっと便利に使えます。

最終更新日:2018年06月27日

iPhoneとiPadの写真を一致したい、iPhoneで撮った写真をiPadに見たかったり、壁紙にしたかったりすることがあったでしょう。ここで、iPhoneとiPadの間で写真を共有する方法を2つ紹介します。

旅行、祭りなどの時に、iPhoneで写真をたくさん撮ったでしょう。そのような写真をiPadに共有して、iPadにも見たいですか?両方とも同じApple IDなら、iCloudで簡単にできますが、Apple IDは別にした場合、どうすればいいのですか?ここで、iPhoneとiPadの間で写真を共有する方法を2つ紹介します。

Part 1: AnyTrans for iOSを使ってiPhoneとiPadの間で写真を共有する

AnyTrans for iOS – iOSデバイスのデータを簡単に転送

iPhone/iPadからパソコンへ、またはその逆、さらにiPhone/iPadから別のiPhone/iPadへと、自由自在に音楽や写真などのメディアや、連絡先やカレンダーなどの情報をコピーできます。

AnyTrans for iOSはiOSデバイスの管理を一体化するツールです。このツールを使うと、各モデルのiPhoneとiPadの間でデータを簡単に共有できます。その以外、このツールは以下のような特徴も持っています:

それでは、AnyTrans for iOSを使って、iPhoneとiPadの間で写真を共有しましょう!

AnyTrans for iOSは有料ソフトですが、7日間の無料トライアルも用意されているので、まずは試してみるとよいでしょう。また、購入した後満足できない場合は購入日から60日以内であれば返金保証もあります。これでネット通販でも安心!そして、生涯無償でアップデートでき、今後追加される機能も無料で利用できます。

Step 1: AnyTrans for iOSをパソコンにダウンロードしてインストールします。

無料体験100%クリーン&安全

無料体験100%クリーン&安全

ご注意:Apple認定開発者によって開発されたツール – AnyTrans for iOSにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。ダウンロードする際に、ブラウザやパソコンの仕様により以下のような警告が表示されることがあります。有害なものが入ってることではありません。どうかご安心してご利用ください:

ダウンロードを続ける

ダウンロードを続ける

Step 2: AnyTrans for iOSを立ち上げてから、iPhoneとiPadをUSBケーブルで同時にパソコンに接続 > ドロップダウンボックスから転送したい写真のあるiPhone或いはiPadを選択 > 「デバイスへ」をクリックします。

iPhoneとiPadの間で写真を共有する-方法1

iPhoneとiPadの間で写真を共有する-方法1

Step 3: 対象デバイスを選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

Step 4: 写真に関するカテゴリを選択 > 「次へ」をクリックすると、iPhoneとiPadの間で写真が共有されました。

iPhoneとiPadの間で写真を共有する-方法1

iPhoneとiPadの間で写真を共有する-方法1

Part 2: AirDropを使ってiPhoneとiPadの間で写真を共有する

AirDropはiOS 7から搭載された機能で、無線で写真と連絡先をiPhone・iPadの間で共有できます。それでは、AirDropでiPhoneとiPadの間で写真を共有する方法をご紹介します。

Step 1: iPad或いはiPhoneでコントロールセンター内からAirDropをタップして開く > 「連絡先のみ」、または「すべての人」を選択します。「連絡先」に登録していない端末(相手)なら、「すべての人」を選択してください。

Step 2: もう一つの端末で「写真」アプリに入る > 共有したい写真を選択 > 画面下部の「アクション」アイコンをタップ > 「AirDrop」をタップして対象デバイス「相手」の名前はすぐ表示されるます。

Step 3: その名前をタップすると、iPhoneとiPadの間で写真が共有し始めます。

Step 4: iPadまたはiPhoneで「受け入れる」をタップして相手(向こうのデバイス」から共有された写真を受け取ります。

Part 2の方法は以下の欠点があります。

1、iPhoneとiPad両方ともiOS 7以降のモデルです。しかも、iPhone 4sなどiPhone 5より前の機種ではiOS 7にアップデートしても使えない;

2、誤ってデータを知らない人に送る可能性がある。

もしパソコンを持っていないなら、AirDropで写真をiPhoneとiPadの間で転送するのがおすすめです。

おすすめ記事:4つの方法でパソコンからiPhoneに写真を移す>

最後に

以上はiPhoneとiPadの間で写真を共有する2つの方法です。もし簡単かつ安全に写真を共有したいなら、AnyTrans for iOSを利用することをおすすめします。もしこの文章を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

ホーム AnyTrans ® for iOS 2つの方法でiPhoneとiPadの間で写真を共有する
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!