iOS 11対応!4つの方法でiPhoneのアップデート時間を短縮

要約

手元のiPhoneをソフトウエアアップデートする時、かなり時間がかかったら、どうしましょうか?ここで、iOS 11へのアップデート時間を短縮する4つの対処法をご紹介します。

ちょうらんげつ

2017年09月20日

ちょうらんげつ

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans – 事前にプレビュー/選択できるバックアップツール

AnyTrans – iOSコンテンツのバックアップ/転送ツール

この記事を読む前に、まずはiOSデバイス専用のバックアップ/転送ツール – AnyTransをダウンロードしてください。すると、iPhoneのデータを複数&一括バックアップすることができます。

iOS 11がようやく正式にリリースしました。新機能を試すには、さっそくソフトウエアアップデートします。しかし、お使いのiPhoneをiOS 11にアップデートする時、かなり時間がかかる場合もありますね。その場合は、どのようにそのソフトウエアアップデート時間を短縮できますか?そこで今回は、iPhoneをiOS 11にアップデートするための所要時間を短縮する方法を4つご紹介します。

iPhoneのアップデート時間を短縮する方法

iPhoneをiOS 11にアップデートする時、所用時間を短縮するため、以下の四つの方法を参照してください。すると、短時間にiPhoneをアップデートできます。iOS 11をゆっくり楽しめます。

方法1: 高速且つ安定なWi-Fi環境を用意する

iPhoneをiOS 11にアップデートする時、なるべく高速且つ安定なWi-Fiに接続したほうがいいです。こうすれば、ダウンロードにかかる時間を短縮することが可能です。また、Wi-Fiの不安定などの原因で起こされた不具合も避けます。

方法2: バックアップのデータを少なくしよう

アップデートにかかる時間を短縮するために、事前にiPhone上の大容量アプリ/音楽や動画、写真などのデータをパソコンに移したほうがいいです。このステップを怠ると、万が一アップデートに不具合があった時など、データを紛失する可能性が高いです。

方法3: 公開後すぐは避けよう

iPhoneは便利で、多くの人から評判されました。iOSもアプリも公開されたらすぐダウンロードしたい人が多いので、アップデートのスピードが遅くなるかもしれません。また、公開したばかりなので、重大な不具合が見つかる可能性もあります。そのゆえ、しばらく様子を見て、落ち着いてからアップデートすることをおすすめします。こうすれば、時間を節約するだけでなく、不具合も避けます。

方法4: なるべく真夜中でアップデートする

アップデートする時、iPhoneはオフラインになって、何もできないので、誰とも連絡を取らない真夜中で行った方がいいです。

終わりに

以上はiPhoneでiOS 11へのソフトウェアアップデート時間を短縮する方法です。いかがでしょうか?そして、お使いのiPhoneをアップデートできない場合、iOSアップデートできない時の対処法を参考してください。この記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、お友達と共有しててください。

メールでのお問い合わせは、24時間以内に返信いたします。 メールでのお問い合わせ
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください