iOSアップデートができない時の対処法

ようれいけん

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの不具合をまとめて解決します。少しでも皆さんにお役に立てれば嬉しいです。

iOSアップデートができない場合、どうしたらいいでしょうか。このガイドは、いくつかの対処法をご紹介します。

最終更新日:2018年08月09日

iOSバージョンをアップデートしたら、Appleの最新の機能や改善点を体験できます。しかし、アップデートができないことも時々発生します。その場合はどうしたらいいでしょうか。次の文章は、iOSアップデートができない時の一般的な対処方法をいくつかご説明します。

iOSアップデートができない時の対処法

iOSアップデートができない時の対処法

お見逃しなく:動作の遅いiOS 12端末を軽くする22の対処法

iOSアップデートができない時の対処方法

1.必要な空き容量を確保する。OTA(Over The Air)でアップデートする時、フォームウェアのサイズにより空き容量を準備しておく必要はあります。もし空き容量が足りなくてアップデートできないなら、iOSデバイスから一部分のデータやファイルなどを削除したらいいです。

2.時間をおいて後からアップデートする。iOSアップデートがリリースされたばかりの時、アップデートしたいユーザーが殺到してサーバーを混雑させることはよくあります。その場合、少し時間を経ったらアップデートしたほうがいいと思います。

3.OTAでアップデートできない時はiTunesでやってみる。もし容量不足やWi-Fi環境が悪い原因で、OTAでアップデートができないなら、iTunesでアップデートすることを試してみましょう。もし、iTunesでアップデートできないなら、こちらの記事を読んでください

4.ほかのネットワークで試してみる。OTAとiTunesでアップデートするときは、ネットワークが必要です。もしネットワークが遅いまたは不安定なら、アップデートは順調に勧めません。その時、他のスピードが早いネットワークに変更したり、ネットワークが安定になったら再びアップデートしたほうがいいです。

お見逃しなく:iOS 12にアップデートする前に準備しておくべきこと

以上はiOSアップデートができない時の基本的な対処方法です。もっと多くの解決方法を知りたいなら、このiOS 12アップデートによる不具合と対処法まとめをご参考ください。もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

ホーム AnyTrans ® for iOS iOSアップデートができない時の対処法
メールでのお問い合わせ
AnyTrans ® for iOS

手の痒いところまで届くiOSデータ転送、管理、バックアップツール

無料体験世界で1000万人以上が愛用する

AnyTransがVectorプロレジ大賞 パーソナル部門賞を受賞いたしました!