iPhoneをiOS 13アップデートができない時の対処法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

iPhoneをiOS 13へアップデートができない場合、どうしたらいいでしょうか。このガイドは、いくつかの対処法をご紹介します。

最終更新日:2019年10月08日

iOSバージョンをアップデートしたら、Appleの最新の機能や改善点を体験できます。しかし、iPhoneでソフトウェアアップデートできないことも時々発生します。その場合はどうしたらいいでしょうか。次の文章は、iPhone 11,iPhone 11 Pro,iPhone XS/XR/S/8/7/6S/6をiOS 13へアップデートできない時の一般的な対処方法をいくつかご説明します。

お見逃しなく:iPadをiOS 13にアップデートできない時の対策

iPhoneをiOS 13にアップデートができない時の対処法

1.必要な空き容量を確保する。OTA(Over The Air)でアップデートする時、フォームウェアのサイズにより空き容量を準備しておく必要はあります。もし空き容量が足りなくてアップデートできないなら、iPhone 11,iPhone 11 Pro,iPhone XS,iPhone XR,iPhone X,iPhone 8,iPhone 7,iPhone 6Sから一部分のデータやファイルなどを削除したらいいです。

2.時間をおいて後からアップデートする。iOS 13アップデートがリリースされたばかりの時、アップデートしたいユーザーが殺到してサーバーを混雑させることはよくあります。その場合、少し時間を経ったらアップデートしたほうがいいと思います。

3.OTAでアップデートできない時はiTunesでやってみる。もし容量不足やWi-Fi環境が悪い原因で、OTAでアップデートができないなら、iTunesでアップデートすることを試してみましょう。もし、iTunesでアップデートできないなら、こちらの記事を読んでください

4.ほかのネットワークで試してみる。OTAとiTunesでアップデートするときは、ネットワークが必要です。もしネットワークが遅いまたは不安定なら、アップデートは順調に勧めません。その時、他のスピードが早いネットワークに変更したり、ネットワークが安定になったら再びアップデートしたほうがいいです。

お見逃しなく:iOS 13にアップデートする前に準備しておくべきこと

以上はiPhone 11,iPhone 11 Pro,iPhone XS,iPhone XR,iPhone X,iPhone 8,iPhone 7,iPhone 6SをiOS 13にアップデートできない時の基本的な対処方法です。もっと多くの解決方法を知りたいなら、このiOS 13アップデートによる不具合と対処法まとめをご参考ください。もしこの文章はお役に立ちましたら、お友達と共有しましょう。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans for iOS
無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 13, 12, 11, 10, 9, 8, 7, 6, 5