iPadの容量不足で動画が撮れない対策

要約

本記事はiPadの容量不足で動画が撮れない二つの対策をご説明します。もし、興味があったら、この記事を読んでください。

ちょうらんげつ

2016年10月13日

編集者:

Follow @iMobie_Inc

AnyTrans –  iPadで動画が撮れない問題を解決できる

AnyTrans – プロのiOSデータの転送ツール

よりよく体験するには、iOSデバイス専用の転送ソフト — AnyTransをダウンロードしてください。そうすれば、iPadの容量不足で動画が撮れない問題は簡単に解決できます。

iPadで動画を撮るのは好きで、いつも持ち歩いています。けれども、いつの間にか容量不足になってきて、動画が撮れません。その時にはどうすればいいのでしょうか?iTunesを使うんですか?恐らく無理です。iTunesは著作権の問題で、iPadの側からコンピュータなどへデータを移すことができません。そのゆえ、他の方法を探さなければなりません。では、今日は、ここで、iPadの容量不足で動画が撮れない問題を解決する二つの対策をご紹介させていただきます:

方法1: iPad上でいらない動画を削除する

ステップ1: iPadで「写真」をクリック > ホーム画面の右上の「選択」をクリック > 消したい項目を選択 > 削除します。 

ステップ2: 「アルバム」をクリック > 「最近削除した項目」を選択 > 削除します。

iPad上の写真を削除したら、復元するのは難しいので、もし大事な動画があれば、この方法をおすすめしません。

方法1は使いにくい場合もあります。では、この問題を解決するには、どうすればよいのでしょうか?今日はここで、その問題を解決するより有効な方法をご紹介します。

方法2:iPadの容量不足で動画が撮れない対策

その方法をご紹介する前に、まずは、必要なツール – AnyTransをご説明します。AnyTransは専門のiOSデータの転送&バックアップ&管理ソフトです。このソフトを使うと、一切簡単になります。まずはiPadの動画をパソコン&iPhone&他のiPadに転送します。それから、転送された動画を削除します。そうすると、iPadの容量不足で動画が撮れない問題を簡単に解決できます。また、このソフトは移された動画の画質とサイズは変わらない、事前に選択&プレビューできるなど、優れた特徴も持っています。以下はその方法の詳細な手順です。ここでは「写真とムービー」を例とします。

ステップ1: AnyTransをお使いのパソコンにダウンロード > iPadをUSBケーブルで接続 > AnyTransを起動 > ホーム画面の右にあるボタンをクリック > AnyTransのインターフェースが変わります。

ステップ2: 「ビデオ」をクリックして、下の項目を選択します。

「ビデオ」から「写真とムービー」をクリック

「ビデオ」から「写真とムービー」をクリック

ステップ3: 移したい項目を選択 > ホーム画面の右上にある「パソコンへ」をクリックします。

移したい項目を選択して、「パソコンへ」をクリック

移したい項目を選択して、「パソコンへ」をクリック

削除する時、「アルバム」中での「最近削除した項目」も削除したほうがいいです。

お勧め記事:iPadの音楽を一括削除する方法 >

最後に

AnyTransを使うと、iPadの容量不足で動画が撮れない問題を簡単に解決しました。また、AnyTransはいろいろな機能も持っています。例えば:

  • AnyTransを使うと、iPadの容量不足で動画が撮れない問題を簡単に解決しました。また、AnyTransはいろいろな機能も持っています。例えば:
  • 移行するだけでなく、データの削除、バックアップ、追加もできます。早速 AnyTransをダウンロードし試してみましょう

最後、もし本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。もしこの記事に共感を持ったら、FacebookやTwitterに共有してくれると嬉しいです。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください