iPhoneのSafariが遅い時の改善法

要約

iPhoneの「Safari」が落ちたり、遅くなったりと感じたことはありませんか?快適に働くSafariを戻すために、iPhoneのSafariが遅い状況を改善する方法についての当記事を読んでください。

ちょうせい

2016年01月05日

by

Follow @iMobie_Inc

PhoneClean – iPhone/iPad/iPodの遅くなったSafariを加速するツール

PhoneClean – iPhoneの実行速度を向上

iPhoneのSafariが遅い時の改善法を読む前に、iOSクリーニングソフト-PhoneCleanをダウンロードしたら、iPhoneのSafariを快適に使うことができます。

iPhoneの標準ブラウザ-Safariをよく使う人が多いでしょう。しかし、iPhoneを長く使うと、Safariがどんどん遅くなった経験がありませんか?Safariにジャンクファイルがたくさん溜まっているかもしれません。この問題を解決するには、SafariのCookie、キャッシュ、履歴、データの削除を行うことをおすすめします。また、お使いのiPhoneに空き容量が少ないなら、iPhoneの空き領域を増やすことも必要です。

Safariの動作を改善する必要なツール

Safariに不要なデータを一つ一つ削除するのは、面倒くさいだけでなく、重要なデータを誤って削除することもあります。実は、そうする必要はありません。iPhone/iPad/iPod向けのiOSクリーニングソフトとして、PhoneCleanは数クリックで、Safariなどのインターネットジャンクファイルを徹底的に検出&クリアします。それで、場合によっては、お使いのiPhoneが最大数GBまでの領域を回復できます。PhoneCleanのダウンロードはこちら >

さらに、PhoneCleanの「サイレントクリーン」機能は、USBの接続せずにWi-Fi接続だけでiOSデバイスのジャンクファイルを自動的に削除することができます。

iPhoneのSafariが遅い時の改善法

iPhone Safariのパフォーマンスを向上前に、PhoneCleanをPCにダウンロード&インストールしてください。

ステップ1: iPhoneをUSBケーブルで接続 > PhoneCleanをパソコンで起動します。

ステップ2: 「インターネットクリーン」を選択 > 「Scan」ボタンをクリックします。

インターネットクリーンを選択

インターネットクリーンを選択

ステップ3: スキャンが終わったら、ジャンクファイルの状況が表示されます。「クリーンアップ」ボタンをクリックすると、iPhoneからSafariのジャンクを削除できます。

詳細をチェックしてからクリーンアップ

詳細をチェックしてからクリーンアップ

ご注意: 必要なデータが削除されないように、クリーニングする前に「詳細をチェック」をクリックして、スキャンされたファイルを確認しましょう。

Safariのジャンクファイルを確認

Safariのジャンクファイルを確認

ご注意:「インターネットクリーン」「プライバシークリーン」「システムクリーン」は、iPhoneをクリーンアップする前に、iPhoneのすべてのデータをバックアップします。ご安心ください。

これで、不要なデータを完全に消去することで、反応が遅いSafariを加速することができます。今からダウンロード&確認しましょう。iPhoneのSafariが遅い時の改善法について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。

ご質問を私達に送信して、24時間以内に答えを得ます 質問を聞き
Facebook上で何がホットだ

関連記事

ご意見・ご感想をお寄せください