iPhoneとiPadの間でメモを同期する方法

iPhoneとiPadの間で必要なメモだけを自由にシェアしたいですが、その移す方法に困っていますか?本記事はiPhoneとiPadの間で簡単にメモを同期する方法についてご紹介します。

ばくてい 最終更新日: 2020年07月10日

iOSデバイスで内蔵の「メモ」アプリでいつも重要なデータを書くことができ、日常生活の中で重要なことをメモすることにお役に立ちます。iPhoneとiPadを同時に利用しているユーザーは、デバイスの間でメモをシェアしたい時はあるでしょう。

普通はiCloudでメモを同期できますが、異なるiCloud IDで複数のiPhoneとiPadを管理している方には不便なんでしょう。そして、iCloud同期はすべてのメモが同期されるので、一部のメモだけを同期したい場合は難しいですね。

もしiPhoneからiPadにメモを自由にシェアしたいなら、どうすればいいですか? ここでは、AnyTrans(最新のiOSバージョン対応)というツールをおすすめします。AnyTransを使えば、iPhoneとiPadの間で必要なメモを自由に同期できます。

Any Transについて

AnyTransは専門的な転送ツールとしては、数クリックでiPhoneとiPadの間でメモを簡単に同期することができます。以下はAnyTransの利点をご紹介します:

1. 操作が簡単。「メモを選択」⇒「転送」のようなシンプルの2ステップで同期できます。

2. 自由に選択できる。全てのメモを同期することではなく、自分が移したいメモだけを同期します。

3. 多方向。iPhoneとiPadの間で双方向同期ができ、iPhone/iPadからパソコンにメモを取り出せます。

4. 多機能。メモだけではなく、メッセージ、カレンダー、連絡先などの個人データを簡単にiPhoneとiPadで同期でき編集できます。

それでは、今すぐAnyTransをダウンロードしてiPhoneとiPadの間でメモを同期しましょう。

無料ダウンロード(Win版)  Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版)  Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

iPhoneとiPadの間でメモを同期する方法

AnyTransは「iPhoneからiPadへ」または「iPadからiPhoneへ」メモを同期することを支持し、操作方法は同じです。ここでは、iPhoneからiPadにメモを同期するのを例にします。

ステップ1:iPhoneとiPadをパソコンに繋がる >AnyTransをダウンロード&インストール > AnyTransを起動 > 設備選択画面にiPhoneを選択 > ホーム画面の右上で「その他」をクリップしてお使いのデバイスコンテンツの管理画面に入る。

「その他」を選択

「その他」を選択

ステップ2:メモを選択 > 転送したいメモを選択 > 右上にある「デバイスへ転送」ボタンをクリックする。

「デバイスへ転送」ボタンをクリック

「デバイスへ転送」ボタンをクリック

転送完了したら、iPadでメモを開いて、移されたメモが見えます。

iPhoneからiPadにメモが同期された

iPhoneからiPadにメモが同期された

1.AnyTransでiPhone/iPadのメモを添加、削除できます。

2.AnyTransはiCloudに同期しているメモだけでなく、iPhone/iPad本体に保存されているメモも同期できます。

3.「設定」ボタンをクリックして、メモの出力形式(html、text、csv)と。出力先を設定できます。

4.現時点では、Appleからの制限でAnyTransのメモ表示/閲覧機能はiOS 11及びその以降のバージョンに非対応になっています。iPhoneとiPadの間でメモを同期したい場合は、「デバイスへ」機能を利用して一括転送してください。今後はiOS 11デバイスにも対応するバージョンをリリースする予定で、乞うご期待ください!

お見逃しなく:iPhoneのメモをバックアップする方法 >

最後に

上記のように、AnyTransで数クリックで簡単にiPhoneとiPadの間でメモを同期することができます。今すぐAnyTransをダウンロードして試しませんか。本記事について、何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。また、このガイドがお役に立てれば、FacebookやTwitterにシェアをお願いします。

ばくてい

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。