MacとiPhone間で写真を同期する方法

ばくてい

Follow @iMobie_Inc

iOS&Androidデバイスの愛好者として、デバイスの使用をもっと便利にする裏技について色々書いています。

MacとiPhoneの間で、写真はどうすれば同期しますか?このガイドは、MacとiPhoneの間で写真を自由に移行する方法をご紹介します。

最終更新日:2019年12月23日

iPhoneで撮った写真をMacに入れて保存したかったり、Macでダウンロードした綺麗な画像をiPhoneに転送して壁紙にしたかったり、そのようにMacとiPhoneの間で、写真を同期したい場合は生活中に多くありますよね。

では、どうすればMacとiPhone間で写真を同期できますか?iTunesを利用して、写真をMacからiPhoneに同期できますが、逆にiPhoneからMacへ写真を同期することがサポートしません。その場合には、何か他の方法はありませんか?このガイドでは、写真をMacとiPhone間で簡単に同期できる2つの方法 - AirDrop、AnyTransを紹介していきます。

AnyTransでMacとiPhone間で写真を同期する

AnyTransはiPhone向けの転送専門ソフトです。このソフトを使ってMacとiPhoneの間で写真を同期する際、以下のメリットがあります:

それでは早速AnyTransをダウンロードして、MacとiPhoneの間で写真を同期してましょう。ここで、カメラロールの写真を例にして、iPhoneとMac間で写真の同期方法を説明します。

無料ダウンロード(Win版) Windows全般で動作可能 無料ダウンロード(Mac版) Mac全般で動作可能

無料体験ウイルス検査済み

ステップ1:AnyTransを起動して開きます。

AnyTransを起動してUSBケーブルでiPhoneをMacに接続してください。そして、ソフトのホーム画面でボタンをクリックしてデータ個別管理画面に入ります。

データ個別管理画面に入ります

データ個別管理画面に入ります

ステップ 2:カメラロールを選択します。

写真をクリックして、「カメラロール」を選択してください。

カメラロールを選択します。

カメラロールを選択します。

ステップ 3:カメラロール画像管理画面に入ります。

Macに同期したい画像データを選択して右上にある「PCへ転送」ボタンをクリックしたら、簡単にiPhoneの写真をMacに同期しました。

iPhoneの写真をMacに同期

iPhoneの写真をMacに同期

アップル側の制限でカメラロールはMacの写真をiPhoneに同期することはサポートしませんから、MacからiPhoneに写真を同期するには、他のカテゴリを選択したり、ホーム画面で「デバイスへ」ボタンをクリックしてよいです。

MacからiPhoneに写真を同期する

MacからiPhoneに写真を同期する

AirDrop(Wi-Fi)でMacとiPhone間で写真を同期する

USBがない、使いたくない場合、AirDropを利用したら、Wi-FiだけでMacとiPhone間で写真、音楽、メモなどのデータを同期できます。次では、この方法を画像付きで詳しく紹介していきます。

ステップ 1:MacとiPhoneでAirDropを開きます。

iPhone 8/iPhone 8 plus/iPhone 7/iPhone 7 plus/iPhone 6/iPhone 6sで画面を上にスワイプして、コントロールセンターを表示してください。そして、左上のグループコントロールを強く押しして「AirDrop」をタップします。

iPhoneでAirDropを開く

iPhoneでAirDropを開く

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone Xで右上から下にスワイプしてコントロールセンターを表示して、左上のグループコントロールを3Dタッチ(強く押す)して「AirDrop」をタップします。

iPhone XRでAirDropを開く

iPhoneでAirDropを開く

MacでAirDropを有にして、「このMacを検出可能な相手」でiPhoneを指定してください。

–3Dタッチに非対応の iPhone XR/iPhone SEなどの場合、タッチして押さえてAirDropを開いてください。

– AirDropを有効にすると、「Wi-Fi」および「Bluetooth」が自動的にオンになります。

 ステップ 2:「AirDrop」を有効にして、受け付け対象を選択します。

受信しない:エアドロップ のリクエストを受け付けません。

連絡先のみ:お使いのデバイスは、連絡先に登録されている人しか認識しません。

*  「連絡先のみ」を選択するには、お使いのデバイスでiCloudを有効(サインイン)にする必要があります。

すべての人:近くにいる「AirDrop」を有効にしているすべての端末を検索できます。

受け付け対象を選択します

受け付け対象を選択します

 ステップ 3:AirDropで写真を同期する

写真アプリを開きます。右上にある「選択」ボタンをタップして、ボタンをタップします。対象をMacに指定して、写真を同期します。

Mac側で「受け入れる」を認証して、写真を受け入れてください。すると、iPhoneからMacに写真を同期しました。MacからiPhoneに画像を移行する際も、対象を逆にして、この手順に従ってください。

お見逃しなく:iPhoneからiPhoneへ写真を同期する方法>

最後に

以上はMacとiPhoneの間で写真を同期できる便利な方法です。いかがでしたか?今すぐAnyTransをダウンロードして写真を効率的に管理してみませんか。MacでiPhoneに’写真を入れたり、iPhoneの写真をMacにバックアップしたりすることが簡単になります。この記事を気に入っていただけたら、TwitterやFacebookでシェアをお願いします。

メールでのお問い合わせ
AnyTrans 無料体験版

iPhoneなどのiOSデバイス写真や音楽を自由にパソコンに転送&バックアップ、逆も可能「日本語対応」

今すぐダウンロード 評価:4.8/5全世界で1000万人以上が愛用する

対応機種

Windows:Windows 10, 8, 7, Vista (32bit & 64bit)Mac:macOS Mojave, macOS High Sierra, macOS Sierra, MacOS Catalina,OS X 10.11, 10.10, 10.9iOS:iOS 14,13,12,11,10,9,8,7,6,5